超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

桂の様子を気にする高杉は龍馬に相談を持ちかけるがーーTVアニメ『BAKUMATSUクライシス』第6話のあらすじ&先行カットが公開

2019/5/9


 TVアニメ『BAKUMATSUクライシス』の第6話の場面カットとあらすじが到着したので、紹介する。

〈第6話「時辰儀暴走! 京都のセイシする日」あらすじ〉
「この所、桂の様子がおかしいんだよ」時辰儀が気配を消してしばらく、桂はひとりで時辰儀について調査を進め始めたらしい。その動きを気にする高杉は、龍馬に相談を持ちかける。亡き吉田松陰先生の教えに従い、桂と時辰儀を取り戻して“正しき刻の流れに戻す”と言い張る高杉。しかし、それは本当に“正しい”ことなのか――。問いかける龍馬に言葉を詰まらせた時、ふたりはふと異変を感じ、外へ出る。すると……周囲の時間が止まっていた!!この機に乗じて巨城スサノオに乗り込むことを提案する高杉。その目的とは――。


画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

【TVアニメ『BAKUMATSUクライシス』放送情報】
TBS:毎週木曜深夜25:58~
BS-TBS:毎週土曜深夜26:30~
※放送時間は予告なく変更となる場合がございます。

STORY
ある日、黒船が天(そら)から降ってきた――。
One day, a black ship fell from the sky…
“刻(とき)を渡る力”のある伝説の秘宝“時辰儀(じしんぎ)”をめぐって京の都で繰り広げられた“スサノオ事変”は、仮面の将軍・“無限斎(むげんさい)”こと吉田松陰の死をもって終結した。
「俺達にはまだやるべき事がある」故郷の萩にて、かつての師・吉田松陰の墓参りを終えた高杉晋作と相棒の桂小五郎は、再び京の都に戻ってきた。
師の教えを守らんとひた走る高杉の隣に、いつになく遠い目をする桂の姿……。
その時、地響きとともに空が割れ、“時空の裂け目”から、破壊したはずの時辰儀が出現。
“意思”を持ち始めた時辰儀が、制御不能の暴走を開始する!!
さらに因縁の好敵手として立ちはだかるのは、先の戦で副長・土方歳三を失った新撰組!!
局長・近藤勇が口にしたのはなんと、新たな“無限斎”の存在だった――。
戻すのか、変えるのか。
「必ず、正しき刻の流れに戻してみせる」高杉の決意と、「ずっと、おまえに言えなかったことがある」揺れる桂の胸の内。
やり直しの利かない運命(アンリセッタブル・クライシス)に翻弄され、志士たちの新たな物語が動き出す!!

STAFF
原案:「恋愛幕末カレシ~時の彼方で花咲く恋~」(フリュー)
監督:サトウ光敏
シリーズ構成:横谷昌宏
アニメキャラクター原案:夏生
アニメキャラクターデザイン:島村秀一
美術監督:佐藤豪志
色彩設計:桂木今里
撮影監督:下崎 昭
編集:小池祐樹
音響監督:藤野貞義
音楽:川﨑 龍・坂部 剛
アニメーション制作:スタジオディーン

TVアニメ「BAKUMATSUクライシス」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/BAKUMATSU

TVアニメ「BAKUMATSUクライシス」公式Twitter
https://twitter.com/BAKUMATSU_info

TVアニメ「BAKUMATSUクライシス」公式ブログ
http://bakumatsu.officialblog.jp/

TVアニメ「BAKUMATSUクライシス」公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40bgn4699v

TVアニメ「BAKUMATSUクライシス」公式Tik Tok
アカウントID:31512463073

(C) FURYU/BAKUMATSU製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP