超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

東映まんがまつりが29年ぶりに復活!『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』で爆笑問題・太田光がアニメ声優に初挑戦

2019/3/19


 1967年(昭和42年)より、東映が子ども向け映画をまとめて上映した伝統あるシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活、4月26日(金)に全国公開することが明らかとなった。

 日本全国の子供たちに夢と希望を与えた同シリーズ。テレビCMで流れる「東映まんがまつり!」の元気な子どもたちの掛け声を覚えている方も多いのではないだろうか。今回上映されるのは4作品。ひとつ目は、幼児から小学校低学年の男女を中心に人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」だ。劇場版タイトルが『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』に決定した本作では、新しいお店のカレーに欠かせないスパイスが無くなる事件が発生。映画館でもおしりたんていと助手のブラウンが華麗に難事件を解決する。

 ふたつ目は『爆釣(ばくつり)バーハンター』から、釣りへの情熱と才能だけは誰にも負けない少年トッタが、謎の海域に潜む伝説の超大物バーソウル「“神(しん)”海魚ポセイドン」に挑む、『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』。さらに、フー、スー、チーのおかしくてキュートな3姉妹が巻き起こすおっぺけぺーな日常を描いた『えいが うちの3姉妹』、最後は、ダンボールから作られた冒険家コンビ、ネコのヤマオリ、イヌのタニオリが伝説のお宝をさがしにダンボール惑星を大冒険する『りさいくるずー』となる。

 この度、『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』のゲスト声優に爆笑問題・太田光が決定。太田は『アイス・エイジ』シリーズで声優を務めているが、セルアニメーションでの声優は初挑戦となる。なお、太田は、ちょっとぶっきらぼうな「アルパチ」というキャラクターを演じるという。


【太田光
コメント】
このオファーをずっと待っていました。僕も東映まんがまつりで育ったので運命の仕事だと思っています。映画館の大きなスクリーンでまんがを観るっていうのは楽しくて、一生の思い出になるから、ぜひとも後楽園ゆうえんちで僕と握手!

【東映アニメーション 浅間陽介プロデューサー コメント】(太田光さんについて)
アルパチのキャラクターを見ながら、どんな人が声優に向いているんだろう・・・と悩んでいたときに、ふと見上げたテレビに写る太田さんを目にして「この雰囲気かもしれない!」という直感があり、すぐにオファーさせていただきました。太田さんが初めて息を吹き込むアルパチが、映画館のスクリーンで躍動する姿を見るのが今から楽しみです。

【東映まんがまつりとは】
1967年から始まった、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向けオムニバス興行タイトル。アニメ作品だけでなく、実写映画「フィンガー5の大冒険」や「がんばれ!!ロボコン」などさまざまなジャンルの作品が上映された。「まんがまつり」という呼称は1990年の春まで使われており、29年ぶりの復活となる。

【「おしりたんてい」とは】
トロル作・絵の児童書で2012年よりポプラ社から刊行され、2019年2月現在、絵本7作、読み物7作があり、4月20日(土)には人気の読み物最新作となる第8弾が全国一斉発売となる。シリーズ累計500万部を超えるシリーズで、2018年12月にはNHK Eテレでテレビアニメ放送がレギュラー化。「フーム、においますね。」が口グセで、助手のブラウンとともに難事件に挑み、インパクトのある見た目と紳士なふるまい、そして犯人をおいつめる「必殺技」で子どもを中心に人気を博している。

映画原作本:『おしりたんてい カレーなる じけん』
全国のセブン‐イレブンおよびセブンネットショッピング限定で2019年3月31日(日)まで先行発売。4月20日(土)に全国書店で発売予定。
配給:東映
宣伝:ガイエ 

公式サイト
toei-mangamatsuri.jp

©2019東映まんがまつり製作委員会
©Troll/POPLAR ©鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京 
©松本ぷりっつ/主婦の友社 
©coyote



PAGETOP