超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニソン専門チャンネル「アニソンHOLIC」内のリクエスト番組「アニコロ」。8月3日まで投票受付中のテーマは「アニコロックフェス2018!REDステージ VS BLUEステージ」

2018/7/24



 2017年11月より新放送サービスi-dio(V-Lowマルチメディア放送)で“新たな放送チャンネル”として開局された、アニメソングに選曲を限定したアニソン専門チャンネル「アニソンHOLIC」(略称アニホリ)。本チャンネルでは、アニソンが流れるほかに、メイン企画となるリスナー参加型番組『アニコロ!』(毎週月曜日~金曜日 12時00分、17時00分、22時00分  ON AIR!)を放送中。リスナーからの「かけろ!」投票で特集内容を決定し、週末にはその投票結果に基づいた特集が終日編成で放送される。番組のメインMCは、お笑いタレントの天津・向清太朗と、声優・歌手のMachicoが務めている。

 これまでの投票テーマは「機動戦士ガンダムシリーズ VS 超時空要塞マクロスシリーズ」(特集内容はマクロスに決定)、「アイドルマスターVS ラブライブ!」(特集内容はアイドルマスターに決定)、「ロボットアニメVS魔法少女アニメ」(特集内容は魔法少女に決定)、「紅組VS白組」(特集内容は紅組に決定)「シャフトVS京都アニメーション」(特集内容は京都アニメーションに決定)、「舞台化VS実写化」(特集内容は舞台化に決定)、「女性限定! 声優ソロアーティストVS声優ユニット」(特集は女性声優ソロアーティストに決定)、「祝!週刊少年ジャンプ50周年!前期作品VS後期作品」(特集は後期作品に決定)、『ゆるゆり』VS『ご注文はうさぎですか』(特集は「ご注文はうさぎですか」)、「うたの☆プリンスさまっ♪」VS「アイドルマスターSideM 」VS「B-PROJECT」 VS 「あんさんぶるスターズ!」(特集は「アイドルマスター SideM」)、「けいおん! VS BanG Dream!(バンドリ!)」(特集は「けいおん!」)、「さくら大戦」VS「カードキャプターさくら」(特集は「さくら大戦」)、「とある魔術の禁書目録」VS「ソードアート・オンライン」VS「とらドラ!」VS「魔法科高校の劣等生」(特集は「ソードアート・オンライン」)、「アイカツ!」vs「プリパラ」(特集は「プリパラ」)、「ドラえもん」VS「クレヨンしんちゃん」(特集は「クレヨンしんちゃん」)、「プレイリスト対決」(特集は「Machicoプレイリスト」)、「Keyアニメ対決 前期 VS後期」(特集は「前期」)、「全国アニメ聖地対決 西日本 VS東日本」(特集は「東日本」)も白熱するリクエスト合戦となった。

 そして、7月23日の放送にて、次回投票テーマが発表された。第19回目となる今回の投票テーマは「アニコロックフェス2018!REDステージ VS(バーサス) BLUEステージ」に決定。どちらの作品のアニソンを聞きたいかを決める。

 今回の「アニコロックフェス」では、ロックなアニソンを女性ボーカル曲をRED、男性をBLUEに分けて対決。MachicoがオススメするREDステージは、涼宮ハルヒ(CV平野綾)の「God Knows…」、プラズマジカの「青春はNon-Stop!」、Baby’s breathの「羽ばたきのバースデイ」、Afterglowの「READY STEADY GO」の4曲。Afterglowについて「女性ボーカルの高音のシャウトになると、また違って素敵。原曲の強さも感じる」とプッシュ。

 一方、天津・向が紹介するBLUEステージは、FLOWの「GO!!!」、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」、DOESの「バクチ・ダンサー」、ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」の4曲。いずれもアニソンファンではなくても知っている、クールでアッパーなビッグアーティストぞろいで、向も「全員がトリ」と断言。 DOSEについて「骨太なかっこよさがアピールされている」とアピール。

 さらに、Machicoと向がクイズ対決をし、勝った方が1曲プラスしてリクエストできる「アニコロ!リQエスト!」のコーナーでは、勝利したMachicoが奥井雅美の「シャッフル」 をリクエスト。

 結果は8月5日(日)の放送で発表! 投票は8月3日(金)まで受付中。i-dioアプリの「アニコロ」ページにて簡単に投票できるので、どしどし応募してみよう!

写真は「アニソンHOLIC」マスコットAIのアニホリちゃん

<チャンネル概要> 
チャンネル名 「アニソンHOLIC」 
提供元(コンテンツプロバイダ) 東京マルチメディア放送株式会社 
放送エリア i-dio全放送ブロック(関東・甲信越、東海・北陸、近畿、九州・沖縄) 
放送時間 7時~28時(翌4時) ※毎日4時~7時は放送休止 
視聴方法 スマートフォン「i-dio」アプリ(インターネット受信モード)、i-dio専用受信機で無料視聴可能 
詳細は http://ch.i-dio.jp/

 


PAGETOP