超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』フェリシア役・末柄里恵×ルーネ役・伊達朱里紗が語る見どころ「温泉回ではフェリシアの胸が猛威を振るう予定です(笑)」

2018/7/20



 現代の知識を武器に、異世界で氏族のトップ「宗主」に上り詰めた主人公・勇斗の戦いを描く本作。彼を支える文官のフェリシア役・末柄里恵と、武官のジークルーネ(以下ルーネ)役・伊達朱里紗のインタビューが、「アニメディア8月号」に掲載中。「超!アニメディア」では、誌面では紹介しきれなかったロング版をお届けする。

――『百錬の覇王と聖約の戦乙女』に触れた印象について教えてください。

末柄 最近はすごい力を持った主人公が異世界で大活躍する、という作品が増えています。そのなかでも、本作の主人公である勇斗くんは、他作品の主人公たちとは一線を画していると感じました。勇斗くんが持つ特殊な力は、場所限定で現代と通信できるスマホです。そこから得た現代の知識を武器に、さまざまな偉業を成し遂げていくんです。勇斗くんはスマホで知識を得ることを「チートだ」と言うんですが、ただ知識を持っているのと、その知識を有効に活用するのとでは、まったく違います。持てる知識を有効に活用して、宗主という位についた勇斗くんは、もともと非常に有能な子なんだと思います。ただ、そんな彼も物語が始まる前の段階で、ひとつ手痛い失敗を犯しているんです。その苦い経験を繰り返さないために、いろいろな場面で自分を律しながら、宗主として人々を導こうと努力しているんです。そんなところを見て、勇斗くんは人々を導く器を持つ、とても魅力的な主人公だと感じました。

伊達 私は現代の知識を活かせば、ファンタジー世界でどんなことができるのか。そうした知的好奇心をそそられる作品だと感じました。敵の大軍勢に対して昔使われた戦術を駆使して勝ったり、政策に義務教育を盛り込もうとしたり。歴史の転換点で用いられてきた知識を活用することで、勇斗くんのまわりの情勢が大きく変化するさまは、いうなれば「歴史の縮図」が物語の中にある感じなんですよ。

続きを読む



PAGETOP