超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】瀬戸麻沙美が語る『B: The Beginning』の魅力 -「こんな序盤にもうヒントがあったんだ」

2018/3/2


 Netflixにて、2018年3月2日(金)より配信がスタートするNetflixオリジナルアニメ『B: The Beginning』。映画『キル・ビル』でアニメパート監督を務めた中澤一登氏が原作、監督、キャラクターデザイン、総作画監督を担当した本作は「ダークヒーロー×クライムサスペンス」をテーマとしたNetflixオリジナルアニメ作品だ。そんな本作でヒロインの星名リリィ役を演じるのは声優の瀬戸麻沙美さんである。超! アニメディアでは本作の魅力などについておうかがいするべく、瀬戸さんにインタビューを実施。作品や演じるリリィへの印象のほか、瀬戸さんのNetflix事情についてもお話いただいた。

星名リリィ役の瀬戸麻沙美さん

――今回瀬戸さんが演じる星名リリィがどういう人物なのか、改めて教えてください。

リリィは王立警察特殊犯罪捜査課、通称「RIS」に所属する新米の捜査官です。底抜けに明るい子ではありますが、正義感も非常に強くて、捜査官になったのもきっとその正義感ゆえだと思います。また、何に関してもすぐに行動に移せる、思い切りのいい子だなとも思いました。

――序盤は明るさが目立ちますが、ストーリーが進んでいくと徐々に彼女のひらめきや行動力が際立ってきます。

そうですね。彼女の直観力が優れているという点が、本作のキーポイントのひとつにもなると思います。「RIS」のチーム内だと「ちび介」や「バカ」と思われがちですが、彼女の一言が事件解決の糸口になることもあるんですよね。

――オーディションでは最初からリリィを受けようと思っていらっしゃったのですか?

本作のオーディションで最初にお声がけいただいたのがリリィでした。それからご縁があって演じさせていただいております。

――なるほど。では、オーディションでリリィを演じてみたときにはどのような印象を持たれましたか?

正義感の強いキャラクターと冒頭では言いましたが、オーディション時には「うっかりな人だな」という印象も強かったんですよ、実は。というのも、オーディション時に読むセリフとして抜粋されていたものに、警察手帳を忘れて一度家に戻ってドタバタするというシーンが含まれていたので……。

――1話でリリィが登場するシーンですね。その後、リリィと同じく「RIS」に所属している老捜査官のボリス・マイアーに事件現場であんぱんを渡すシーンもあって、最初は確かにちょっと抜けている子なのかなという印象も受けました。

1話の冒頭はのどかな空気すぎて「これから楽しい刑事物語が始まっていくのかな」という気がしていました(笑)。

――確かに、最初はキースとの凸凹コンビが難事件を解決していく物語なのかと思っていました。

軸のひとつとしてはキースや「RIS」のメンバーと一緒に事件を解決していくというものがあると思います。ただ、本作はそれだけじゃないんですよね。「RIS」で解決しようとしている事件の裏側で別の軸の話が進んでいたり、別の組織が実は関わっていたりと、複雑に絡み合います。伏線も随所にあって、何度も見たくなるストーリー構成になっているのが本作の魅力ではないでしょうか。

ーー先行上映会で上映された3話まででも既に複雑に絡み合いそうな片鱗が見え隠れしていました。

Netflixなら一気見することができるので、ぜひ見てください(笑)。

――本作は配信日に全話が公開されるので一気見することができますもんね。Netflixなどの動画配信サービスならではの楽しみ方だと思います。

そうですね。一気見されるのか、それとも少しずつ見ていくのか……。私、Netflixさんで配信されるオリジナルアニメーションに関わるのが初めてなので、視聴者の方々がどういう風に楽しんでくださるのか、正直気になります。

――しかも、本作は謎が謎を呼ぶ展開でどんどん先が気になりますからね。

そうなんですよ! 皆さんどうやって楽しんでくださるのかな。

 

――ちなみに瀬戸さんは普段からNetflixをご利用になられていますか?

いつもお世話になっております(笑)。

――お世話に(笑)。どういう作品を見ることが多いですか?

入会したきっかけが、自分が吹き替えを担当させていただいている海外ドラマを見るためだったので最初はその作品しか見ていませんでした。ただ、利用していくなかでアニメの項目も気になり見てみると、昔懐かしい作品が一気に配信されていたのが目に留まったんです! 中でも『ママレード・ボーイ』は寝る間も惜しんで見てしまいました。あとは邦画も多いですよね。かなり幅広く利用しております。

――Netflixは多くのアニメ・邦画・洋画が見放題ですもんね。

本作はそのNetflixさんだけでしか配信されないオリジナルアニメなので、話題になって欲しいですね。

――瀬戸さんのNetflix事情もお話いただきありがとうございました。最後に本作の魅力について改めて一言お願いします。

まず私自身がアフレコで感じたのは「一回見ただけでは分からない」ということです。それだけ複雑に様々な事件・人物が絡み合いますし、伏線もたくさんあります。その伏線を知ったうえでもう一度最初から見返してみると、「こんな序盤にもうヒントがあったんだ」という発見があるはずです。ありきたりな言葉になってしまい恐縮ですが、何度見ても発見がある、面白いと思ってもらえる作品ですので、多くの人にぜひ見ていただきたいですね。

また、本作はNetflixさんで配信されるので視聴間隔も見方も自由にできます。地上波の放送と同じように1週間待ってもいいですし、1日1話を楽しみにしてもいいし、一気に見てもいいと思います。恐らく先が気になって配信日に一気見しちゃう視聴者さんが多いと思いますが(笑)。皆さんがどのように本作を楽しんで、どんな感想を抱いてくださるのか、今から非常に楽しみです。

 『B: The Beginning』は2018年3月2日(金)よりNetflixにて全世界配信。配信日当日から全12話を見ることができる。

◆プロフィール
瀬戸麻沙美【せと・あさみ】4月2日生まれ。埼玉県出身。シグマ・セブン所属。主な出演はTVアニメ『ちはやふる』綾瀬千早役、『輪廻のラグランジェ』ラン役、『刀使ノ巫女』折神紫役、『LOST SONG』アリュー・ルックス ほか。

■B: The Beginning作品情報
タイトル
Netflixオリジナルアニメ「B: The Beginning」
配信
2018年3月2日(金)、Netflixにて全世界同時配信 エピソード:約23分 / 全12話
ストーリー
王立警察特殊犯罪捜査課へと戻って来た天才捜査官キース・フリックは、ある事件の犯人を追っていた。凶悪犯罪者ばかりを狙う連続殺人鬼、通称『Killer B』。犯行現場に必ず刻み込まれた『B』の文字は人々の注目を集め憶測を呼んだ。『B』それは彼女のためのメッセージ。『ぼくはここにいる……』その身を異形に変え、黒羽は届かぬ思いを刻み続ける。キースと黒羽、互いに見知らぬ二人の運命は、やがて一つの陰謀へと飲み込まれていく――
スタッフ
原作:中澤一登×Production I.G
監督:中澤一登・山川吉樹
プロデューサー:黒木 類
シリーズ構成・脚本:石田勝也
キャラクターデザイン・総作画監督:中澤一登
美術デザイン:伊井 蔵
メカニックデザイン:常木志伸
プロップデザイン:津坂美織・冨田収子
色彩設計:境 成美
美術監督:田中孝典
3DCGディレクター:磯部兼士
撮影監督:荒井栄児
音響監督:長崎行男
音楽:池 頼広
編集:植松淳一
主題歌 「The Perfect World」
アーティスト マーティ・フリードマン feat. Jean-Ken Johnny, KenKen
プロデューサー:藤本コウジ, マーティ・フリードマン
制作:Production I.G
製作:Production I.G

●瀬戸麻沙美さんのサイン入りチェキをプレゼント●
今回のインタビューを記念して、瀬戸麻沙美さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント致します。


<応募要項>
■応募期間:2018年3月2日(金)から2018年3月23日(金)まで
■内容:瀬戸麻沙美サイン入りチェキ
■当選人数:1名様
■応募方法
1.アニメディア公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート
当選者には応募締め切り後、アニメディア公式Twitterからダイレクトメッセージにて、弊社のプレゼント担当の電話番号をお伝えします。お電話にて送付先の住所や名前などをお伺いできればと思います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。
■当選条件
日本国内にお住まいの方 <個人情報取り扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。 (1)個人情報取り扱いについて:読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。 (2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社学研プラス 「超! アニメディア」編集部 〒141-8510 東京都品川区西五反田2-11-8 学研ビル17F cho-animedia@gakken.co.jp

Netflix
https://www.netflix.com/jp/

公式Twitter
https://twitter.com/NetflixJP

(c)Kazuto Nakazawa / Production I.G



この記事のキーワード

PAGETOP