超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

8年ぶりに両さんたちが帰ってくる! スペシャルアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(仮)が9月に放送決定!! ジャンプアニメの豪華声優陣がゲスト出演も

2016/8/8


inside2016080801-01

 秋本治原作の国民的ギャグ漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のスペシャルアニメが2016年9月18日に放送されることが決定した。

 本作は1976年6月22日発売の集英社「週刊少年ジャンプ」29号に「月例ヤングジャンプ賞入選作品」の読み切りとして掲載、同年9月21日発売の「週刊少年ジャンプ」42号から連載が開始された作品。

 2006年には連載30周年を迎え、2013年には連載通算1,800回を突破、そして2016年、なんと連載40周年を迎えた。今回アニメが放送されるのはこれを記念したもので、2008年に放送されたスペシャル番組『こちら葛飾区亀有公園前派出所 目指せ!亀有スーパースター!! 両津式アイドルへの道』以来、8年ぶりとなる。

 8年ぶりの新作となる今作は、アルバイトで寿司を出前中の両津勘吉が、誘拐犯に襲われる少女を救出したところから始まる。その少女は、来日中のアッタカイーノ王国の王女・サブリナだった。日本文化に興味があり、下町を見たいという彼女のために、両津は東京の下町を案内してまわる。下町見物を堪能していたサブリナだったが、誘拐犯たちは王女誘拐をあきらめていなかった。誘拐未遂事件は、やがて下町全体を巻き込み、追いつ追われつの国際的大騒動へとエスカレート。大原大次郎、中川圭一、秋本麗子ら、派出所の面々はもちろん、両津の祖父・勘兵衛や擬宝珠(ぎぼし)一家、さらに爆竜大佐や、警視庁・特殊刑事課の刑事たちまでもが事件に関わることとなり、スペシャルアニメならではの『こち亀』オールスターが集結する。

 ドタバタなコメディーストーリーと東京の下町を元気に走り回る両津の活躍ぶりに注目してほしい。

 また、「週刊少年ジャンプ」連載40周年記念アニメということもあり、ジャンプアニメではおなじみの声優陣がゲスト出演する。サブリナ王女役には『NARUTO-ナルト-』でうずまきナルトを演じている竹内順子、誘拐犯リーダー役には『キン肉マン』のキン肉マンなどを演じた神谷明、誘拐犯部下役には『SLAM DUNK』の桜木花道を演じた草尾毅、『トリコ』のトリコを演じた置鮎龍太郎、『BLEACH』の黒崎一護を演じた森田成一がそれぞれ参加する。

 ゲスト声優陣がレギュラー声優陣とどのような掛けあいを見せるのか、期待したい。

<しぎのあきら監督からコメントも>
Q:8年ぶりに、新作アニメを手がけることについて
「“やりたいモード”は、常にありましたので、お話をいただいた際に“やります!”と即答しました。8年間待っていて、生きてて良かったと思います(笑)」

Q:今回の新作を、どんな作品にしようと思っていますか
「ドタバタとペーソス。それが『こち亀』の両輪だと思います。笑って泣いて、スッキリと!」

Q:今作の見どころは
「両さんが、どれだけ元気よく動き回るかが、一番の見どころだと思っています。そして、8年ぶりに戻ってきたレギュラーたちの活躍にも注目してほしいです。

Q:今作は、下町が舞台となりますが
「両さんに、ニューヨークの摩天楼は似合いません。両さんが、下町が一番似合います。両さんには、推理ものは似合いません。走り回り、動き回る両さんが最高です」

Q:今回のスペシャルアニメを楽しみにしている方々へメッセージを
「期待を裏切ることのないよう、スタッフ一同、リオ五輪の声援に負けないように頑張っています。『こち亀』は、漫画界の金メダリストです!!」

アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(仮)
放送:2016年9月18日(日) 午前9時~10時

<キャスト>
両津 勘吉:ラサール石井、大原 大次郎:佐山陽規、秋本 麗子:森尾由美、中川 圭一:宮本充、本田 速人:家中宏、擬宝珠檸檬:齋藤彩夏、擬宝珠 夏春都:小宮孝泰、擬宝 珠纏:土居裕子、両津勘兵衛:外波山文明、日暮 熟睡男:今井敦、海パン刑事:荒川 敦、ドルフィン刑事:赤星昇一郞 ほか

<ゲスト声優>
サブリナ:竹内順子、誘拐犯リーダー:神谷明、誘拐犯部下:草尾毅、置鮎龍太郎、森田成一



この記事のキーワード

PAGETOP