超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ「ミュークルドリーミー」桜井弘明監督にインタビュー!コンセプトは「親子で楽しめる」、だからこそ作っている大人たちもおもしろがっている

2020/8/2


 テレビ東京系列にて毎週日曜午前10時30分から放送されているTVアニメ「ミュークルドリーミー」。本作で監督を務める桜井弘明にお話を聞いたインタビューがアニメディア8月号に掲載中だ。超!アニメディアでは、本誌に掲載できなかった部分も含めた長文版を展開する。

―—『ミュークルドリーミー』という作品の魅力について、最初どのように感じましたか?
 サンリオ原作アニメなので「明るい・楽しい・かわいい」ですね。主人公が中学生で、ティーンエイジャーのもっとも楽しい時期の始まりなので、“ぬいぐるみも含めた友達との楽しさ”という世界観を描けるのがいいなと思いました。

―—桜井監督は『ジュエルペット』シリーズ(※)でサンリオ原作アニメを手掛けられていますね。
 それらを踏まえて「明るい・楽しい・かわいい」作品を期待されているようなので、「これは楽しそうだな」と思って参加しました。

(※)『映画ジュエルペット スウィーツダンスプリンセス』(2012年)とTVシリーズ第5作『ジュエルペット ハッピネス』(2013年)

―—何か「こう作ってほしい」というオーダーはあったのですか?
 具体的なものはありませんでした。僕が呼ばれたとき、ぬいぐるみやメインの人間キャラクター、それに全体的な世界観はサンリオやシリーズ構成の金杉弘子さんたちが作ってくれていました。僕の仕事は、キャラクターの性格の掘り下げ。脚本に書かれた話の隙間をぬって、脚本では描ききれなかったキャラクターたちの関係性をさらに深めるようなネタをちょっと差し込むとか、そんな感じですね。
 思いつきでネタを追加する場合でも、観る人が不快に感じるものは避けようという倫理観は自分のなかにあります。あくまでも「かわいい」というサンリオのイメージを守りつつある程度自由にやらせてもらえるのが楽しい。作り手側が楽しんでいると、画面にも楽しさが伝わるんじゃないかなと思うんですよ。その点では「お任せください」という思いがありました。

―—制限やオーダーがあるのではなく、自由にやってという感じなのですね? 
 そうですね。さすがに止められないように僕なりには考えていますが、けっこう自由に楽しくやらせていただいています。でも、厳しいところは厳しいですよ。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP