超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』の音響監督・岩浪美和が生み出す現実と虚構の狭間がスゴい!「あえて大助の持つガジェットの音は“ありえそうなもの”になっています」【インタビュー】

2020/7/30


 大富豪である神戸家の御曹司・神戸大助と、熱血人情派の刑事・加藤 春がコンビを組んで事件解決に挑む『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』(原作:筒井康隆/新潮文庫刊)。発売中のアニメディア7月号では、本作の音響監督を務める岩浪美和のインタビューを掲載。「超!アニメディア」では、アニメディア本誌では掲載しきれなかった内容も含めた長文版で紹介する。1975年に発表された原作から舞台を現代にアレンジしている本作だが、刑事ドラマと近未来的要素をどのように音作りに盛り込んでいるのか、その工夫やアフレコの様子を語ってもらった。


視聴者がワクワクするような王道な音に

――ハードなアクションシーンの音響を制作するうえで工夫されているところはありますか?

 アクションシーンに関しては、王道の派手さが出るようにという意識で、オーバーにしてはいますが、でもやり過ぎないというところを目指しました。刑事ものでありつつ、スパイものでもあるような感覚ですね。派手なアクションにあえて王道の音を付けることで、観る方にワクワクするような気持ちを持ってもらえたらと思っています。

――AI執事・ヒュスクの声は機械っぽくないんですね?

 今の時代は、スマートフォンなどにも声に反応するAIが入っていて、実際に使ったことがある方も多いと思うんです。それくらい身近にあるものであれば、声の処理をしすぎるとリアルさがなくなってしまう。なので、あえてほとんど処理をしませんでした。科学が進めば、再生装置は極めて生に近く、音質もよくなる。それをヒュスクは表現しています。

神戸大助

――大助が使うガジェットの音についての工夫はありますか?

 大助は、金遣いが荒く荒唐無稽にも見えるキャラクターですが、現代劇ですからある種のリアリティーは持たせたい。それでいて、エンターテインメントとして着地させなければいけないので、SFロボットアニメみたいな音にするのは避けました。そうすると、どうしても嘘っぽくなってしまうので。なので、あえて彼の持つガジェットの音は“ありえそうなもの”になっています。

――岩浪さんが考える「音で光る名シーン」はどこでしょうか?

 アクションシーンの派手さはもちろんですが、タイトルをそのまま歌うメインテーマのかかるシーンもポイントです。TVシリーズって、メインテーマを1話から印象づけることが難しいんです。何回か主人公が活躍しているところでかかって、やっと視聴者が認識してくれる。でも、せっかく菅野祐悟さんが楽しく作ってくださったようなので、とにかく最初から印象づけたくて。ビッグバンドのゴージャスな音楽を、金持ちの刑事に付ける面白さを感じていただけたらと思います。

続きを読む



PAGETOP