超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

三春町PRアニメーション『愛姫MEGOHIME』第2話が2月29日より公開

2020/2/24


 伊達政宗の正室で三春出身の「愛姫」をテーマにしたPRアニメーション『愛姫 MEGOHIME』の第2話「追憶の梅花」が、三春町Youtube公式チャンネルにて、2020年2月29日(土)正午から公開される。

 愛姫アニメーションの舞台は、少し未来の三春町。歴史上の戦国武将などの人物を電脳世界「IXA(イクサ)」のなかで生きるAIとして描いている。電脳世界で生きるAIとしての「MEGOHIME」は、自分の元となったオリジナルである戦国時代を生き抜いた「愛姫」に想いを募らせ、「愛姫」が、かつて愛した三春の地を知ることで、AIとして生きる意味を捜索。本編アニメーションの物語の主人公「愛」も毎日繰り返される同じような日常から、なぜ、自分は生きているのか、自分が、今なすべきことは何なのか、苦悩しながら生きる意味を探している。

 

『愛姫MEGOHIME』第2話概要
【スタッフ】
監督:福田己津央
監修:貞本義行
キャラクターデザイン:アラキマリ
作画監督:横田守
美術監督:栫ヒロツグ
音楽:ATOLS
アニメーションプロデューサー:高橋祐一
アソシエイトプロデューサー:古里尚丈
プロデューサー:浅尾芳宣
アニメーション制作:ガイナ
キャスト】
愛姫MEGOHIME/田村愛:CV 東山奈央
政宗MASAMUNE/伊達トウジロウ:CV 下野 紘
木下ネネ:CV 福圓美里
聖アサヒ:CV 本泉莉奈
イエヤスIEYASU:CV 汐月しゅう
聖アサヒの父:CV 速水 奨

第2話あらすじ
舞台は20XX年、福島県田村郡三春町。現実と仮想が交差するゲーム「IXA」では、戦国武将を模した学習型プログラムAIによる国取り合戦が行われていた。戦国武将を模したAIたちは、Cyber Physical Social System-AI(サイバー フィジカル ソーシャル システム AI)通称CPSS-AIと呼ばれ、閉じられた仮想空間の戦国の世を生き続けていた…。
ある日、「IXA」開発者の娘である「聖 アサヒ」と「イエヤス IEYASU」が転校してくる。
(第1話で)戦いに勝利した「田村 愛(たむら あい)」と「政宗 MASAMUNE」だったが、「政宗」を失うことが怖くなった「愛」は国取り合戦から逃げ続けていた。しかし、復讐を誓う「ネネ」は「秀吉 HIDEYOSHI」を失ったまま、再び「愛」に合戦に挑もうとする。
そんな「ネネ」に「アサヒ」は手を貸してあげると言う。「アサヒ」はCPSS-AIの「愛姫 MEGOHIME」を手に入れる為に放たれた刺客だった。
そして、「IXA」はただのゲームではないと「アサヒ」は言う。彼女は一体何者なのか?
「愛」は大切な物を守り切れるのか…!?
今再び、三春の地に戦乱の嵐が巻き起こる!

【公開日時】2020年2月29日(土)正午~
【配信場所】三春町公式チャンネル(YouTube) ※愛姫特設サイトからもご覧になることができます。

愛姫特設サイト
https;//miharu-megohime.com/

 (C)三春町/ガイナ・福島ガイナ



この記事のキーワード

PAGETOP