超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『アズールレーン』の艦船美少女を演じる大地葉、長縄まりあ、山根希美が、アニメの“推し”を大いに語る!【インタビュー】

2019/11/16


 1話で衝撃的な出会いをした綾波、ラフィー、ジャベリンの駆逐艦3人娘。彼女たちは原作ゲームにおいてプレイヤーが最初に選ぶことができる初期艦であり、アニメにおいても重要な役割を担っているようだ。そんな3人を演じるキャストの方々に、アニメで再発見したキャラクターの魅力や今後の見どころを語ってもらったインタビューが、「アニメディア11月号」に掲載されている。「超!アニメディア」では誌面に掲載しきれなかった未公開カット、未公開部分を含めたインタビュー長文版をご紹介する。

――本作はゲーム原作作品ですが、アニメで再び演じて気づいたキャラクターの魅力はどんなところでしょうか?

大地葉(以下、大地) 綾波は口数が少なくミステリアスな女の子なんですが、アニメでほかの艦船少女たちと触れ合うことで、内面にいろんな感情を秘めているのだなと感じました。そんな彼女の気持ち、とくに綾波のことを「かわいい」と感じていただける心情は、11月6日に発売のキャラクターソングシングルVol.4に収録されている歌唱曲の歌詞にしっかり綴られています。彼女の内面を知りたいと思った方は、ぜひキャラソンもチェックしてもらえたらうれしいです。

山根希美(以下、山根) ジャベリンは綾波と反対で感情が表に出やすい子なんですけど、アニメでは一段とはっきり喜怒哀楽が表れていて愛おしいなと感じました。天真爛漫でありつつ、綾波やラフィーと触れ合うことでいっぱい考えて悩んで気持ちを表そうとするジャベリンの姿に、シンパシーを感じてもらえたらと思います。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP