超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「誰にだってあります。辛い時期のない職業なんてありません」アニメ『SHIROBAKO』第16話あらすじ&場面カットを紹介

2019/10/17


 2020年春に劇場版が公開されることが発表されたオリジナルアニメーション『SHIROBAKO』。2019年7月4日よりTOKYO MXにてTVシリーズの再放送もスタートした。超!アニメディアでは、第16話「ちゃぶだい返し」のあらすじと場面カットをご紹介。

〈第16話「ちゃぶだい返し」あらすじ〉
キャラクターデザインに対する原作者からのダメ出しに、少なからずショックを受ける井口。検討会を開くが、原作者の注文は抽象的で分かりづらい。修正作業に入るも、制作作業が止まることへの影響は計り知れず、四苦八苦するあおい。稿を重ねる井口のキャラクターデザインだが、やはり原作者の意見は芳しくなかった。次第に追い詰められていく井口。袋小路に陥ってしまった彼女を見かね、ついに小笠原が動き出す。

脚本:吉田玲子 コンテ:倉川英揚 演出:太田知章 作画監督:関口可奈味 作画監督:佐藤陽子、川村夏生、朱絃沰、今泉賢一、大東百合恵、川面恒介
 
 
画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。
 

 

 TVアニメ『SHIROBAKO』は5人の夢追う女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品。TOKYO MXにて毎週木曜日22時より放送中。

アニメ『SHIROBAKO』公式サイト
http://shirobako-anime.com/

アニメ『SHIROBAKO』公式Twitter
@shirobako_anime

(C)「SHIROBAKO」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP