超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

WEBショートアニメシリーズ『みるタイツ』ブロックチェーン活用BlockPunk.net にて8月30日より特典付配信開始

2019/8/31


 こだわりのタイツ表現と優れたデザインセンスによるイラストで人気を誇る、イラストレーター“よむ”のイラストを原作としたアニメ『みるタイツ』が、トークン型アニメとしてブロックチェーンを活用したプラットフォーム「BlockPunk.net」で8月30日(金)午前10時より配信を開始した。


 本作品は、2019年5月から7月までニコニコチャンネル、dアニメストア他にて配信された、原作・ストーリー原案:“よむ”、監督:小川優樹(『大家さんは思春期!』)、シリーズ構成・脚本:丸戸史明(『冴えない彼女の育てかた』『WHITE ALBUM2』)による全12話のショートアニメシリーズ。少女たちのかけがえのない青春の一瞬を、瑞々しい感性で描いている。BlockPunkは、blockpunk.net上で動画の全話視聴権が紐づいたブロックチェーントークンの販売を行っている。500トークン限定販売で、価格は1トークン35USD($)(約3,750円)、もしくは同価格のイーサでも購入可能。ビデオトークンの所有者は動画をストリーミング視聴できるだけでなく、英語/中国語(簡体字)/中国語(繁体字)の字幕版映像や、映像特典である第13話「コスプレ撮影タイツ」や、オリジナルサウンドトラック、よむ先生による解説リーフレット、よむ先生描き下ろし漫画収録ブックレットといったスペシャルコンテンツが特典として付いてくる。英語翻訳版のリーフレットとブックレットはビデオトークン限定特典となっている。また、トークン所有者全員に、よむ先生描き下ろしのここでしか手に入らない独占イラストをプレゼント。

 トークンが売り切れた後、ブロックパンク上でトークンの再販が可能。販売額の一部はクリエイターへ還元される。動画はハリウッド標準のDRMで保護されており、違法流通を防止する。また、クリエイターの著作権情報をブロックチェーンに記録することでクリエイターの権利も守られる。詳細は公式サイトを確認しよう。

【作品情報】
ショートアニメシリーズ『みるタイツ』
[イントロダクション]
4月。雨の朝。散り始めた桜が雨に打たれ、水たまりに浮かんでいる。生徒たちが色とりどりの傘が高校の校門をくぐり抜けていく。
「おはよ、レン」。下駄箱の前で、濡れたタイツのレンにユアが話しかける。憂鬱そうに振り向くレンに、そこにいっそうびしょ濡れのホミが、跳ねるようにやってきて話に花を咲かせる。他愛無い3人の女子生徒の会話が、新学期の訪れを教室に告げる。
少女たちのかけがえのない時間が駆け抜けて、季節が移り変わっていく……
[スタッフ]
原作・ストーリー原案:よむ / 監督:小川優樹 / シリーズ構成・脚本:丸戸史明 / キャラクターデザイン:日比野ゆかり / 色彩設計:中尾総子 / 美術監督:栫ヒロツグ / 撮影監督:佐藤光洋 / 編集:吉武将人 / 音響監督:明田川仁 / 音楽:Shade / 制作:横浜アニメーションラボ / 製作:TRUSS
[キャスト]
藍川レン:戸松遥 / 中紅ユア:日笠陽子 / 萌黄ホミ:洲崎綾 / 奥墨ユイコ:茅野愛衣

『みるタイツ』公式サイト
mirutights.jp

『みるタイツ』公式Twitter
@mirutights 

BlockPunk内『みるタイツ』ページ
https://blockpunk.net/jp/collection/miru-tights

©よむ/TRUSS



この記事のキーワード

PAGETOP