超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

「これからもマー君を推していきたい!」TVアニメ『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』母・真々子役の茅野愛衣&息子・真人役の石谷春貴の“親子”対談!【インタビュー】

2019/8/3


 お母さんがヒロインという前代未聞の原作小説をアニメ化した『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』。本誌「アニメディア8月号」でも好評の真々子&メディの夏真っ盛りなイラストを、超!アニメディアでもご紹介。合わせて、母・真々子役の茅野愛衣と息子・真人役の石谷春貴の対談も掲載中だが、超!アニメディアでは本誌に入りきらなかった部分を含めたロング版をご紹介。

ーーまずは初めて作品に触れた際の印象についてお願いします。

石谷 主人公が異世界に転移する作品はたくさんありますけど、この作品を初めて読んだときは「お母さんもついて来ちゃうの!?」と驚きました。真々子が一緒にいることで先の展開が読めなくなって、いい意味でワクワクしました。作者の井中だちま先生のお母さんという存在への情熱を感じる作品でしたね。

茅野 「母は強し」という言葉がありますが、異世界に行ってもお母さんは強かったですね。お母さんがメインヒロイン……ヒロインっていう言い方でいいんですかね?(笑) そういう作品ってあまりないと思うので、新しい試みでおもしろいなというのが第一印象でした。以前、原作小説の宣伝企画で「キミの名前をお母さんが呼んでくれる!? お母さんの甘えさせてくれるメッセージキャンペーン」というのをやらせていただいたことがありました。幼少期に呼ばれがちなニックネーム50種類を真々子が呼んでメッセージ配信するという企画なんですけど、一般の視聴者の方だけでなく業界の方からも「自分の名前があってうれしかったです!」とか、「自分の名前がなくて残念でした!」っていう意見をいただいて、いろんな方から注目されているんだな、という手応えを放送前から感じていました。

ーー親子役を演じるにあたり意識されたことは?

茅野 石谷くんはプロ・フィット声優養成所の後輩で、デビュー前から知っているんです。以前から仕事についての相談に乗ることが多かったので、真々子のように教え導くという立場は演じやすかったです。だから特別に意識したことって、じつはないんですよね。

石谷 今回は自分のことを新人のときから知っていて、成長を見守ってくださっていた茅野さんとの共演だったので、安心しました。自分のやりやすいように掛け合いができるんだろうな、というビジョンは、演じる前からありました。

茅野 うれしいことを言ってくれますね!

石谷 実際にアフレコ現場に入ったとき、茅野さんに「好きなように演じていいよ」と言っていただけて、自分が思う通りの演技ができました。演じるときに意識したのは“マイルドな反抗期”です。反発心というよりは「またかよ……」と食傷気味な感じ。不満はあるけど決して嫌いではないという、ある種の柔らかさを出すようにしました。

続きを読む



PAGETOP