超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『ダンベル何キロ持てる?』ファイルーズあい&雨宮天&石上静香座談会!“ダンベルキックバック”に挑戦で悲鳴が響き渡る!?【インタビュー】

2019/7/30


 『ケンガンアシュラ』のサンドロビッチ・ヤバ子と新進気鋭の作家MAAMのコンビが、コミックアプリ「マンガワン」(小学館)にて連載中のJK肉体改造コメディ『ダンベル何キロ持てる?』が、待望のTVアニメ化決定。本作のメインキャスト、紗倉ひびき役・ファイルーズあい、奏流院朱美役・雨宮天、上原彩也香役・石上静香の鼎談が、「アニメディア8月号」に掲載中。超!アニメディアでは、本誌に入りきれなかった部分を含めたロング版をご紹介する。

――みなさんが演じている役について、演じる際に意識していることを教えてください。

ファイルーズ オーディションを受けたときから思っていたんですけど、ひびきは本当に私そのものなんです。先日、自分が高校生のころに書いた日記が出てきたので読んでいたんですけど、「今日は暴飲暴食を繰り返した。明日から本気出す」みたいなことが書いてあったんですよ。ひびきとのシンクロ率は高いと思っているので、自然に演じています。

石上 それはひびきだね(笑)。

ファイルーズ 山﨑(みつえ)監督からは「渋谷のJK感をつねに意識して」とディレクションいただいたので、そこは気を付けています。動画サイトで現役高校生の子の動画をチェックするなどして、ギャルっぽい言葉遣いを研究しています。

雨宮 私の演じる朱美は、ふだんはおしとやかなんですけど、筋肉の話題になったときにめちゃめちゃテンションが上がるんです。好きなものに対して熱くなるという気持ちは私もすごく共感できるので、ふだんの朱美とのギャップを意識して演じています。もちろん女の子らしさを忘れてはいけないので、興奮しているなかでもかわいさを出すようにしています。

石上 「吐息のエロさ」は意識してないの?

雨宮 アフレコに入る前は、ちょっとエロくしなきゃいけないのかなって思っていたんですけど、山﨑監督が「あまり意識しないでいい」って言ってたので、ほどほどです(笑)。

石上 彩也香は、この作品で貴重なツッコミ役なので、「私がちゃんとシーンを締めなくちゃ」って、いつも思いながら演じています。あんまりハスキーにしすぎちゃうと男の子に見えてしまうので、自分のなかでは気持ち、かわいめに演じているんです。

ファイルーズ 彩也香がいると、シーンが引き締まりますよね。でも、ひびきと好きな映画の話で盛り上がっているときはちょっとテンションが高くなって、そういうところがかわいいです。ちなみに私と(石上)静香先輩も、よく好きなホラー映画の話で盛り上がるんです。そういうところも、役とシンクロしているかもしれません。

雨宮 私はホラーが苦手なので、その話題になったら逃げてるんですけどね(笑)。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP