超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

声優・田中あいみがサウンドから言葉まで音楽的趣味を前面に出して作り上げたデビューミニアルバム『コバルト』【インタビュー】

2019/5/23


 声優・田中あいみが、5月8日にミニアルバム『コバルト』でアーティストデビュー。そのタイトル通り“青”を連想させる爽やかなロックサウンドを中心とした、コンセプチュアルな作品に仕上がっている。そこで今回は、デビューにあたって田中へのインタビューを敢行。普段からロック色の強いアーティストの楽曲を聴くことが多いという彼女が、本作に込めた想いやねらいについて聞いた。


リード曲「サウダージブルー」には、一目惚れでした

――田中さんには元々、歌の活動をしたいというお気持ちはあったんでしょうか?

 声優という活動のなかでは、特に意識したことはありませんでした。中学生から高校生の頃にはバンド活動をしていて、プロダクションにオーディションを受けに行ったりもしていたんですけど、「声優になりたい!」と思ってからはずっとお芝居のほうに目標が向いていたので、音楽をお仕事としてやっていくことは全然考えていませんでしたね。

――となると、今回のデビューのきっかけは?

 レーベルのプロデューサーの方から事務所にお話をいただいたのが最初で、私はそれをマネージャーづてに聞いたんです。それが2016年の頭で、そのあと何度かプロデューサーさんとお話をする場を設けていただいて、「こういう曲だったら、私は歌ってみたいです」とか、「こういうことはちょっと苦手です」みたいにいろんなお話をしていきました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP