超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

これだけ放送禁止の「ピー」音が入るような作品に関わるなんて – 『Back Street Girls』杉原チカ役の赤尾ひかるが語る作品とアルバム「ゴクドルズミュージック」の魅力【インタビュー】

2018/8/29


 2018年7月3日よりBS11、TOKYO MX、MBSで放送がスタートしたアニメ『Back Street Girls -ゴクドルズ-』。本作は元々は極道だったものの、あることがきっかけで可愛い見た目の女性となってしまった山本健太郎、立花リョウ、杉原和彦がアイドルグループ「ゴクドルズ」として活動することになる、というとんでもないストーリーで展開する仁義なきアイドル渡世コメディである。今回は杉原チカ役の赤尾ひかるにインタビュー。作品のことに加えて、8月29日(水)に発売となるアルバム「ゴクドルミュージック」についてうかがった。

赤尾ひかる杉原チカ役の赤尾ひかる

ラブラブピョンピョン以上でも以下でもない

――赤尾さんが演じられるキャラクターについて紹介をお願いします。

私が演じるチカは本名が杉原和彦、パンチパーマの元気な鉄砲玉として犬金組に貢献していたヤクザです。ただ、ある失敗がきっかけで、全身整形することとなり、可愛い見た目の女性となり兄貴分だった山本健太郎(アイリ)、立花リョウ(マリ)とともにアイドルグループ「ゴクドルズ」として活動することとなります。チカとしてのキャラクター設定資料をいただいたとき、実は「ラブラブピョンピョン」としか書かれていなくて(笑)。だからチカはそれ以上でもそれ以下でもありません。

――アイドルとして活動する前も弟分として可愛がられる立場でしたが、そこはアイドルになってからも変わりない気がしました。

そうですね。あと対応力が実はすごい。作中でも何も考えずにアイドルとしての気持ちを呟いて、極道としての矜持を大切にする兄貴たちに叱られていました。

――確かに、チカはアイドルになったことを喜んでいる節を感じるときがあります。

そうですよね! アイドルとしての活動を楽しんでいそう(笑)。

杉原チカ

――アフレコ現場の様子はいかがですか?

和気あいあいとしていて楽しいです! 皆さんのお芝居が面白いのでアフレコ中は笑わないように気を付けていますが耐えられずに笑っちゃうときがあります。

――杉原和彦が整形する前の男の声を興津さん、整形後のチカとしての声を赤尾さんが演じられています。これは他の作品ではあまりないことだと思いますが、同じ人物を演じるうえでどのようにキャラクターを組み立てていきましたか?続きを読む



PAGETOP