超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】プラスであれマイナスであれ、聞いてくださる方々を奮い立たせるような歌を- オリジナルアニメ『LOST SONG』リン役の鈴木このみが“歌”へ馳せる想いを語る

2018/3/30


 2018年4月7日(土)よりTOKYO MX1・サンテレビほかにてTV放送開始、3月31日(土)よりNetflixにて毎週土曜先行配信がスタートするオリジナルアニメ『LOST SONG』。“歌”がテーマとなる本作は、実力派声優・田村ゆかりと本作で本格的な声優デビューを果たすこととなる鈴木このみがW主演を務めることでも話題を呼んでいる。

 今回は、主演を務めることに加えて、オープニング主題歌も担当する鈴木このみにインタビューを敢行。キャラクターのことやアフレコを経て感じたことのほか、オープニング主題歌「歌えばそこに君がいるから」についてもお話をうかがった。

リン役を演じる鈴木このみ

声優は声ですべてを表現しなければ

――今回、鈴木さんが演じられる「リン」というのがどういうキャラクターなのか教えてください。

リンちゃんは歌うことが大好きな女の子です。元気いっぱいで思わず応援したくなるキャラクターだと思うので、皆さんもリンちゃんを応援しながら一緒に『LOST SONG』の世界を冒険してもらえると嬉しいです。また、リンちゃんは多くのキャラクターと関わっていくことになるので、それぞれの関係性にも注目していただけたらなと思います。

――そんなリンと似ていると感じる部分は?

歌が大好きなところはもちろん、のびのびと大きく歌うというアクションも似ていると感じています。あとは食べ物への食いつきっぷりですかね(笑)。リンちゃんはすぐにお肉と言い出すような可愛らしい子なんですよ。

――確かに、鈴木さんも文化放送のラジオ番組「鈴木このみのお昼どうする〜?」でご自身のお昼ご飯のことをコメントされていらっしゃいますね。

そうなんですよ! 聞いていただいており、ありがとうございます(笑)。

――そんな似ている部分もあるリンを演じることになった鈴木さんは、本格的な声優を務めるのが今回、初めてのことになると思います。ミュージカルなどに出演していた経験もあるとうかがっていますが、元々演じることに興味はあったのでしょうか?

歌うことも含めて表現すること自体が好きなので、演技にも挑戦してみたいという気持ちはありました。

――アーティストとして活動していく中で声優をやりたいという気持ちも芽生えた?

これまで、アニメのイベントでキャストの皆さんが生アフレコをされているのを袖で見る機会が多くありました。その時にいつも「声優という職業はすごい」と感じていたので、憧れはありました。また、声優とアーティスト活動を並行されている方も多いので、声優をすることで何か得られるものがあるのかなとも思っていたんです。

ただ、その扉を開ける勇気がなかなか出なくて……。そんなとき、2016年、20歳のバースデーライブの際に、声優として主演を務めるアニメーション作品が制作されることが私にもサプライズで発表されたんです。発表されたときは、凄く驚いたのと、願っても届かない機会をいただけて「ありがたい」という気持ちでいっぱいでした。

――発表からはアーティスト活動と並行して声優としてのレッスンも?

1年間レッスンをしました。レッスンが開始したばかりの頃はついていくだけで精一杯で……。これで本当に自分はちゃんとできるのかと不安になりつつも、指導していただいたおかげで、リンという役を全うできたと思っています。

――数あるレッスンのなかで何が一番印象に残っていますか?

自分自身の感情を解放するというレッスンが印象に残っています。自分の嬉しかった思い出と、怒った思い出をまずは考えて、それをメモに書きだしてから実演するというレッスンだったのですが、当時のことを思い出しながらすぐに怒るというのが最初は上手にできなくて。ただ何度かやっていくうちにちょっとずつ自分の思うままに心を開けるようになりました。今回演じるリンちゃんは感情に素直なキャラクターなので、このレッスンは特に重点的にやりました。この感情を解放することを始め、今回の演技レッスンがアーティスト活動にも活きていると感じています。

――どのようなときに活きていると感じますか?

歌に関しても、届ける言葉に関しても素直な気持ちで伝えられるようになりました。

――前は躊躇することもあった。

以前はお客さんの期待する“鈴木このみ”でいないといけないなど、色々なことを考えていました。鎧を纏った状態だった気がします。それがいい風に作用することもありましたが、今は「これが素直な気持ちだから、それを届けなければ」という気持ちに変わりました。

――そんな歌手活動にもいい影響が出たレッスンを経てアフレコに臨むこととなります。既に収録の大半が終わっているとのことですが、アフレコはいかがでしたか?

正直、全部が難しかったですね。特に声だけで感情を表現しないといけないのが、とても困難なことでした。アーティストデビュー前に出演したことがあるミュージカルでは、「・・・」や「!」「?」などのリアクションを表情や動きで表現することができたんです。ただ、声優の場合は声だけで表現しなければいけないので難しかったですね。また、絵コンテを見てどこに声を入れるのかも最初は分からなかったのですが、そこは他の出演キャストの皆さんに色々と教えていただきました。

――教えてもらったことはたくさんあった?

ありました。私は大阪出身なので、時々たこ焼きイズムのイントネーションになってしまうことがあって(笑)。そんな時、例えばこうやって台本に書いておくと分かりやすいよ」ということを田村ゆかりさんが教えてくださいました。茅野愛衣さんからは、その場にあった麩菓子を使って「こういう風な口の動かし方をして食べたら、食べている音っぽくなるよ」ということなど、たくさんのことを教えていただきました。また、第一話の収録が終わってから事務所の先輩にお茶に付き合っていただいて、台本の書き方などを教えていただきました。

――自分でも能動的に分からないことを聞いて解決したんですね。

分からないことだらけだったので……。例えば、アフレコ時のセリフの尺が決まっていることについて、どうやってその秒数を測ればいいのか分からなかったので、色々な方にやり方を聞いて回りました。それを一つ一つ試していって、自分にはこういうやり方が合っているというのを見つけていきました。

――そういう前向きな姿勢が見られたから、キャストの皆さんも色々と教えてくれたのだと思います。

キャストの皆さんがまだまだ未熟な私を支えてくださいました。本当にありがたいことです。分からないことだらけで最初はとても緊張していたのですが、気が付けばアフレコを楽しみにしている自分がいました。チームプレイと言いますか、みんなで作品を作っている感じがしてとても濃厚な時間が過ごせたと思っています。

――アフレコ現場のよい空気感が伝わってきます。

現場はとても和やかな雰囲気で、たかはし智秋さんを筆頭として、常に『LOST SONG』の先の展開について話していた記憶があります。また『LOST SONG』には「えっ」と感じる衝撃的なシーンがいくつか出てくるのですが、そのシーンについて収録前に監督が説明してくださったのでとても助かりました。

「歌いたいから」ではなく「歌わなくちゃいけない」

―ここまでキャラクターやアフレコのお話などを中心にお話いただきましたが、今度は音楽面のことについておうかがいします。鈴木さんは本作でオープニング主題歌も担当されていますね。作詞は畑亜貴さんとの共同制作とのことですが、どういう思いを込めて詞を作りましたか?

『LOST SONG』は“歌”がキーワードであること、そしてリンちゃんと自分の共通点についてまずは頭に思い浮かべました。そこから、リンちゃんと自分自身が「なぜ歌いたいのか」というところを探していき、「リンちゃんも自分も大切な誰かがいるから」「その大切な誰かに幸せになって欲しくて歌っている」という共通点があることを見つけました。もっとシンプルに言うと「大切な誰かに会いたくて歌う、そのために行動する」ということになると思います。それをテーマとして詞を書いていきました。

また、私だと歌手になる、リンちゃんだと王都に行って歌いたいという夢・憧れだったことが叶ったことで、ある種それを追い越して責任感も生まれたことなど、繊細な気持ちも届けられたらと思いながら畑さんのお力を借りて書かせていただきました。

――なるほど。ちなみに曲と詞ではどちらが先に出来上がりましたか?

曲ですね。曲を決める際にはいくつかの楽曲候補をいただき、方向性などを話し合ってから、白戸佑輔さんにお願いし、曲が出来上がったところで歌詞を作っていきました。歌詞のTVサイズのものは確かアニサマ(2017年8月開催の「Animelo Summer Live 2017」)の翌日にフィルムスタジオに籠って作ったと思います。

――かなりハードですね!

最初は3日間時間が欲しいと言っていたのですが、なるべく集中して書こうと思っていたので、1日で仕上げました。当日はフィルムスタジオで監督にストーリーのことを聞いたり、意味合いが合っているのか確認したりしながら作詞することができました。また、畑さんもオシャレな差し入れと共に応援に駆け付けてくださり、本当に心強かったです。作詞するなかで印象に残っていることは、冒頭に出てくる「ねえ」というワードを出すのにとても苦労したことです。このパート、実はしばらく言葉が思いつかなかったんですよ。

――そうだったんですね。

はい。というのも、一音が4回も繰り返される部分だったのでなかなかハマる言葉見つからず……。畑さんとも相談しながら「訴えかけたい」ということを意識して、絞り出したのが「ねえ」というワードでした。

――確かに、かなり訴えかけているような印象を受けました。そういう作詞作業も経て出来上がった本曲を最初に披露されたのが、3月3日に開催された「ANIMAX MUSIX 2018 OSAKA」です。

初披露のときいつもはドキドキしたり、ちゃんとアニメに寄り添わないといけないという気持ちが強かったりするのですが、今回は初披露と思えないくらい既に馴染んだ状態で歌えました。これは実際にリンちゃんを演じたことで気持ちに寄り添えたこと、また素直に、ストレートに歌詞を書いたので、意識しなくても自分の気持ちが出せたからだと思います。あとは、デビューからお世話になっている畑さん、2ndシングルから一緒にやってきた白戸さんの力も大きいですね。二人が私の歌いやすいメロディーや届けたい言葉を熟知して楽曲を作ってくださったから、初披露にも関わらず既に馴染んでいたのだと思います。

――素晴らしいチームですね。

そう思います。歌い終えた後は「幸せだな」という気持ちが湧いてきました。

――そのオープニング主題歌「歌えばそこに君がいるから」を引っ提げて、4月8日(日)から「鈴木このみ 4th Live Tour 2018 ~Magic Hour~」が始まります。楽しみにしている方も多くいらっしゃると思いますので、お話できる範囲でこちらのライブがどういう構成になるのか教えてください。

まずタイトルに「Magic Hour」と付けたのは、『LOST SONG』のテーマカラーがblue hour(日の出前と日の入り後に発生する空が濃い青色に染まる時間帯のこと)だったので、私は逆にMagic Hour(日没後に数十分程体験できる薄明の時間帯)をテーマにライブをやろうと思ったからなんです。

――なるほど。

そうなると、ツアーの場所が大切になってきます。今回のツアーはZepp Osaka Bayside、Zepp Nagoyaを経て、日比谷野外大音楽堂でライブを行います。「Zepp」のライブで皆さんの気持ちをどんどん温めて、最後は日比谷野音で「Magic Hour」、夕日が落ちて、数十分だけ現れるゴールデンタイムを皆さんで見よう! というツアー構成になっていますね。なんだか野音が特別な場所に見えてしまいますが、私としてはどの場所でのライブも大切なものになると思っています。そのほか、構成としては、今までライブでやったことがない曲も歌います。あと、実はこのツアーのためにレッスンを一つ増やしているんですよ! 特訓していることがあるので、これはぜひ楽しみにしていて欲しいですね!

――今回リン役を演じたことで、今まで歌ってきた曲も更に進化していると思います。

演じたことによって得たものをここで思い切り出したいと思います。全力で耳を傾けていただけたら嬉しいですね。

――ここまでお話いただきありがとうございました。最後に今回の作品が“歌”がテーマになっていることにちなんで、アーティスト・鈴木このみにとって「歌」がどういう存在なのか、教えてください。

元々は単純に歌が好きだから、友達や家族に認めてもらいたいから歌うという気持ちが強かった気がします。認めてもらえるとすごく嬉しかったので! でも今は「歌わなくちゃいけない」という気持ちがとても大きくなっています。それは強制的な意味合いではなくて、「私の歌を待っている方々のために、自分の気持ちを歌わなければならない」という前向きな意味です。デビューした頃よりも私にとって“歌”は大切で重たいものになったんじゃないかな。今はプラスであれ、例えマイナスであっても、聞いてくださる方々の気持ちを奮い立たせるような歌を届けられたらいいなと思っています。

◆プロフィール
鈴木このみ【すずきこのみ】11月5日生まれ。大阪府出身。アミュレート所属。第5回全日本アニソングランプリ決勝大会グランプリ受賞者。デビューして以来、数々のアニメの主題歌を担当し、作品を彩ってきた。2018年、『LOST SONG』のリン役で初めて本格的に声優を務める

■『LOST SONG』放送情報
【キャスト】リン:鈴木このみ、フィーニス:田村ゆかり、アル:久野美咲、ポニー・グッドライト:たかはし智秋、ヘンリー・レオボルト:山下誠一郎、アリュー・ルックス:瀬戸麻沙美、モニカ・ルックス:芹澤優、コルテ/メル:茅野愛衣、バズラ・ベアモルス:小山剛志、ルード・ベルンシュタイン4世:鈴木裕斗、ドクター・ヴァイゼン:小形満、タルジア・ホークレイ:糸博
【放送情報】
4月7日(土)よりTOKYO MX1・サンテレビほかにてTV放送開始。3月31日(土)よりNetflixにて毎週土曜先行配信開始。4月よりテレビ愛知、BSフジ、KBS 京都にて放送開始

■オープニング主題歌『歌えばそこに君がいるから』情報
タイトル:歌えばそこに君がいるから
発売日:2018年5月23日(水)
発売元:5pb. 販売元:MAGES.

【アーティスト盤】(CD+DVD)※本人撮り下ろしジャケット
品番:USSW-0094/価格:¥1,800(税別)
《CD収録内容》
①歌えばそこに君がいるから(TVアニメ『LOST SONG』オープニング主題歌)
【作詞:鈴木このみ・畑 亜貴/作曲・編曲:白戸佑輔(Dream Monster)】
②タイトル未定
③④各off vocal
《DVD内容》楽曲Music Video及びメイキング映像を収録

【アニメ盤】(CD)※TVアニメ「LOST SONG」描き下ろしジャケット
品番:/価格:¥1,300(税別)
《CD収録内容》
①歌えばそこに君がいるから(TVアニメ『LOST SONG』オープニング主題歌)
②タイトル未定
③④各off vocal

■「鈴木このみ 4th Live Tour 2018 ~Magic Hour~」情報
●大阪公演
場所:Zepp Osaka Bayside
日時:2018年4月8日(日) 開場:16:00/開演:17:00

●愛知公演
場所:Zepp Nagoya
日時:2018年5月3日(木・祝)開場:16:00/開演:17:00

●東京公演
場所:日比谷野外大音楽堂
日時;2018年5月19日(土) 開場:16:45/開演:17:30

チケット料金:5,900円(税込) ※全席指定 ※東京・日比谷野外大音楽堂公演はドリンク代無し ※3歳以上チケット必要

チケット販売
イープラス
https://goo.gl/EAWQiy

ローソンチケット
http://l-tike.com/search/?keyword=%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%93%E3%81%AE%E3%81%BF

チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1894601

●鈴木このみさんのサイン色紙をプレゼント●
今回のインタビューを記念して、鈴木このみさんのサイン色紙を1名様にプレゼント致します。

<応募要項>
■応募期間:2018年3月31日から2018年4月13日まで
内容:鈴木このみサイン色紙
当選人数:1名様
応募方法
1.アニメディア公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート
当選者には応募締め切り後、アニメディア公式Twitterからダイレクトメッセージにて、弊社のプレゼント担当の電話番号をお伝えします。お電話にて送付先の住所や名前などをお伺いできればと思います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

当選条件
日本国内にお住まいの方〈個人情報取り扱いについてのご注意〉応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。 (1)個人情報取り扱いについて:読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社学研プラス 「超! アニメディア」編集部 〒141-8510 東京都品川区西五反田2-11-8 学研ビル17F 03-6431-1476

鈴木このみ オフィシャルサイト
http://konomi-suzuki.net/

鈴木このみTwitter
@Suzuki_Konomin

『LOST SONG』公式サイト
http://lost-song.com/

『LOST SONG』公式Twitter
@lostsonganime



PAGETOP