超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

クラーク記念国際高等学校のパフォーマンスコースが2月13日〜16日に大型舞台公演「OINARI」を公開。

2020/1/24


クラーク記念国際高等学校の東京キャンパスに設置されているパフォーマンスコースが、2月13日(木)から16日(日)までの4日間、六行会ホール(東京都品川区)にて第158弾公演「OINARI」を公開する。
 

 
 年2回開催するパフォーマンスの舞台公演。今回の公演では、「劇団☆新感線」の座付作家でも知られる脚本家の中島かずきによる脚本「OINARI~浅草ギンコ物語~」に、高校生独自の視点やオリジナリティを加えて挑戦する。
 総勢約90名のパフォーマンスコース生が、過去にプロの役者が演じた難易度の高い本作品に取り組み、演者としてはもちろん、大道具や小道具、衣装、チラシやパンフレットの制作から、スポンサー集めに至るまで、全て生徒が主体的に行動し作り上げた、コースでの学びの集大成と言える公演となっている(※写真は前回公演の様子)。
 
■第158弾公演「OINARI」舞台詳細
【日時】
2020年2月13日(木)18:30〜
2020年2月14日(金)13:00〜 / 18:00〜
2020年2月15日(土)13:00〜 / 18:00〜
2020年2月16日(日)11:00〜 / 16:00〜
【場 所】
六行会ホール(東京都品川区北品川2-32-3)
【予約】
要(全席指定・当日券あり)
【観劇料】
一般:2,000円 / 高校生以下:1,000円
 
※上記の時間は開演時間です。開場は30分前となります。
※当日は大変な混雑が予想されますので、ご予約をお勧めしています。
※開場の10分前にご来場されない場合、キャンセル扱いとなります。
※未就学児の観劇はご遠慮いただいております。
 
■「OINARI」あらすじ
時は昭和初期。人々の活気に満ち溢れた華の娯楽街・浅草。その裏路地に、浅草中の役者にも相手にされない、借金取りに追われた、『青薔薇座』というオンボロ芝居小屋があった。芝居を見る目も、金のなる木を見る目もないぼんくら小屋主の春山鉄之介。そんな鉄之介の前に突然現れた、青薔薇座ひいきと名乗る謎の女、稲荷坂ギンコ。青薔薇座復活をかけて集まった、舞台を心から愛す仲間たち、そして芝居小屋に住み着くキツネたち。一方、それを邪魔する御子柴大蔵、肇、村崎兄弟。果たしてレビュウの幕は上がるのか!?……次第に激しさを増してくる戦争。青薔薇座は一体どうなる? 鉄之介は? ギンコは? 仲間たちやキツネたちは……? 夢の舞台に全てをかける若者たちとキツネたちの織り成す、心熱き物語!! 最後に待ち受けているのは……。


 
■パフォーマンスコースについて
クラーク記念国際高等学校の東京キャンパスにて開講。創設22年。午前中は高校の一般教科を学び、午後の時間は表現に関する専門科目を学ぶ。専門科目はダンス・歌唱・演技・舞台・映像・殺陣・インプロ・RAPなど多岐に渡り、年2回の大型公演のほかにも、年10本以上のイベントに出演。高い大学進学率も維持し、8割以上がコースで培った能力を活かして大学進学を果たしている。
 
■クラーク記念国際高等学校について
「Boys,Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ唯一の教育機関として1992年に開校。北海道深川に本校を設置し、全国50を超えるキャンパスで1万人以上が学ぶ。通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせた様々な特徴ある授業を展開。毎年、海外大学や国公立、有名私立大学などへの進学者を輩出している。
 
■ チケット予約・観劇に関するお問い合わせ
クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス
TEL:03-3203-3600



この記事のキーワード

PAGETOP