超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【PR】城西国際大学メディア学部 メディア情報学科 映像芸術コース【声優アニメディア掲載版】

2019/7/10


大学での出会いや環境、チャンスを生かして挑戦と経験の充実した学生生活を送る

映像芸術コース 4年生
千葉県出身
成田大城さん

映像芸術コース 3年生
埼玉県出身
鈴木佳乃さん

Q.「城西国際大学」に入学した理由は?

成田 高校1年生の頃から役者の道を考えはじめたものの、厳しい世界だけに、親を説得する材料として“大学進学”という理由がほしかったのです。そこで大学で演技を学べる場所を探したところ、“本物の現場”で活躍しているプロの方々が講師に名を連ねる「城西国際大学」を見つけました。

鈴木 私も成田先輩と似ています。小学生時代から声優に憧れ、高校卒業後は専門学校に進もうと考えていましたが、親に大学進学を望まれました。自分の夢と親の希望、その両方を満たせる場所としてたどり着いたのが「城西国際大学」です。

Q.実際に学んでみての大学の印象は?

成田 映像芸術コースには複数の分野があり、そこから自分が重点を置く内容を決めますが、ひとつの分野に注力しても、複数の分野を総合的に学んでもOK。僕は、表現する側、作品を制作・演出する側、どちらのスキルも磨くことを主眼に、“こんなに幅広く学べるのに2つにしぼるなんてもったいない”と、時間の許す限りいろいろな講義を受けてきました。そのおかげで視野と人脈が大きく広がり、表現者の中でも声優という仕事を強く意識するようになりました。

鈴木 私は芸能とステージ、さらにサウンド・音楽を中心に学んでいます。どの授業でも先生の指導が丁寧だから、演技に関する知識と経験がまったくなかった私も確実に成長できています。その成果を実感したのが、2年次に受けた学内芸能オーディションです。芸能関係50〜60社の担当者を前に学生が自己アピールを行うもので、私はとあるプロダクションから声をかけていただきました。現在は、大学とその養成所で並行して学んでいます。大学で身につけたスキルが養成所のレッスンでそのまま生かせる場面が多々あり、大学の授業がいかに実践に即していて、プロになるために必要な経験を積めているかが改めてわかりました。

成田 このオーディション以外にも、先生から作品参加のチャンスをいただけたり、映像芸術コースでアニメやゲームを制作している学生から芸能・ステージの学生に出演オファーが届いたりと、学内にいながら実践経験を積む機会が多いのも魅力です。

鈴木 私は今度、授業で教えていただいている松野太紀先生が主催する舞台をお手伝いできるかもしれないので、ドキドキワクワクしています。

成田 自分でプロに向けて行動を起こす際も、「城西国際大学」で学ぶ利点は大きいです。僕は個人的に舞台活動をしているのですが、演者はもちろん、制作スタッフも学内で出会った仲間たち。しかも、そうした自主的な活動でも学校の整った設備を使わせていただけて、すごく助かっています。

Q.進学先選びで迷っている声優志望者にメッセージを!

鈴木 映像芸術コースは、クリエイティブな活動に関わるさまざまな分野が学べるおかげで、自分の適性や目標が明確に定まります。ドンドン挑戦したいという強い思いを抱く人に、ぜひともおすすめしたい学校です。

成田 すぐに結果が出るとは限らない声優を目指すならば、夢を追い続けるための足元固めが大切だと思います。その意味で、大学を卒業することは間違いなくプラス。しかも「城西国際大学」ならば、演技を本格的に学びながら、その条件を満たせます。声優志望者にとって、本当に理想的な場所だと感じます。

エンターテインメント業界と協力し幅広い知識やスキルを学べる環境を整備

「城西国際大学」は、日本の4年制大学としていち早く声優養成に着手したことで知られる。その「映像芸術コース」では、学外から一流の声優陣を講師として招き、東京の中心地にキャンパスを構える立地を生かして大手メディアカンパニーと連携した実践的な授業を行う。また、声優以外にもアニメーター、脚本家、アニメや映画の監督、音楽クリエイターなど、エンタテインメント業に関する授業が選べる点も特長のひとつ。さまざまな分野を幅広く学ぶことで、柔軟な対応力が備わる。
 そして、大学や講師が持つ業界とのパイプにより、在学中からプロの現場を経験できるチャンスが豊富なうえ、プロダクション所属を果たす学生も少なくない。なにより、本学を卒業すれば学士を取得できるという点も、将来の安心につながるだろう。

7~9月のオープンキャンパススケジュール
 東京紀尾井町キャンパスで開催される、7〜9月のオープンキャンパスは以下の通り。当日は学生スタッフの案内でキャンパスをまわり、最先端の設備などを見学できる。また「映像芸術コース」では、60年以上の歴史を持
つ日活撮影所(調布撮影所)の体験ツアーも行われている。詳細の問い合わせや参加申し込みは、入試・広報センター(TEL:03-6238-1111)まで。

■東京紀尾井町キャンパス
時間…13:00〜16:00
日程… 7月21日( 日)
   8月4 日(日)★、18日( 日)★
   9月15日( 日)
★…大学の授業を受けられる「体験授業Day」開催

メディア学部 映像芸術コース
日活撮影所体験ツアー
時間…10:00〜(昼食付)
日程… 8月4日(日)
※完全予約制

AO方式入試の出願が8月19日(月)にスタート!

●所在地
東京紀尾井町キャンパス3号棟
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-3-20

二次元コード
下の二次元コードをスマートフォンなどで読み込むと、公式サイトへのアクセスが可能(機種によって動作が異なる場合あり)

公式サイト
https://www.jiu.ac.jp/
(受験サイトは「http://www.jiu.jp/」)

TEL:03-6238-1111 

資料請求はこちらから
http://gakken.jp/a-school/seiyu-animedia-08/



この記事のキーワード

PAGETOP