超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】福原遥&戸松遥が歌うドラマ「声ガール」主題歌は「歌詞に励まされながら歌いました!」

2018/6/8



 声優をめざす女の子たちの奮闘ぶりを描いたTVドラマ『声ガール!』。このドラマで主役の菊池真琴役を演じている福原遥と、「本人役」で出演中の戸松遥が、限定ユニット「福原遥×戸松遥」を結成して、同番組の主題歌である「It’s Show Time!!」をリリースする。そこで今回はこの“ダブル遥”の対談を敢行。この曲について、そしてドラマについて語ってもらった!

──福原さんが演じている菊池真琴はどんな女の子ですか?

福原 真琴ちゃんは、天真爛漫で、本当に元気な子です。最初は夢や目標を持っていなかったんですが、声優という存在に出会って人生が180度変化して、「声優になる」という目標に向かって、ひたすら走り続けるようになるんです。彼女の「頑張ろう!」という気持ちは周りを巻き込むことがあるんですが、そんなところは本当にすごいと思いますね。

戸松 夢に向かってスタートしたばかりの、怖いもの知らずな感じが、本当にまぶしいですね。うらやましいとすら思います。

──声優になりたい女の子を演じるというのはどんな心境なんですか?

福原 私自身は、声優のキャリアは浅いんですけど、『キラキラ☆プリキュアアラモード』で有栖川ひまり(キュアカスタード)の役を1年間やらせていただいて、「声優をもっとやりたい!」「もっと知りたい!」と思っていたので、このお話をいただいたときは、本当にうれしかったです。そして、真琴ちゃんを演じていると、声優としてまだまだな私にとって「わかる!」と思えたり、自分の経験と重ねたりということがあるので、なんだか余計にワクワクするんです。

──一方の戸松さんは、なんとご本人の役で出演しているんですよね。

戸松 はい、本人役です(笑)。もちろん初めての経験ですね。このドラマの収録が始まる前に、スタッフの方が「こんなときに戸松さんだったらどんなことを言いますか?」とか「声優だったらここでどんな専門用語をいうんですか?」といった感じで時間をかけてリサーチをしてくれたおかげで、とてもすんなりと演じることができました。そういえば、収録前の私はかなりチャキチャキとしたキャラだったんですが、「私はそんなに引っ張るタイプではありませんよ」とお伝えしたことで、少しマイルドになっていました(笑)。

続きを読む



この記事のキーワード

声優になりたい!

PAGETOP