超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『GODZILLA 星を喰う者』舞台挨拶で宮野真守が櫻井孝宏の声色から「櫻井波が出てる」と絶賛!【レポート】

2018/11/10



 ゴジラ映画初のアニメ作品として制作された劇場版三部作完結編『GODZILLA 星を喰う者』の公開記念舞台挨拶が11月10日、TOHOシネマズ新宿にて開催。宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、監督の静野孔文、瀬下寛之が登壇した。

 地球をゴジラに奪われ、討伐に執念を燃やす主人公のハルオ(宮野)。そんな彼に対し、とある目的を抱く宗教種族の大司祭・メトフィエス(櫻井)。ふたりの関係性の変化もシリーズ通しての見どころだが、宮野は櫻井の演技について「ハルオに対するメトフィエスの言葉にはトゲがなくて、そこに心をかき乱された。この音色を出せる声優は、世界に櫻井さんしかいない」と大絶賛。「“櫻井波”が出ていて、惑わされたり心地よくなったりしました」と笑顔で語った。一方の櫻井も「メトフィエスがハルオを呼ぶとき、愛が漏れてます」と語り、「宮野くんが現場の雰囲気やお芝居の方向性、取り組み方などを全部作り上げてくれた」と、こちらも座長としての宮野を絶賛した。

 また、ヒロイン・ユウコを演じた花澤は「お昼から舞台挨拶をやらせていただいて、観終わった皆さんのポーッとした顔が印象的で。皆さんもそうなりますよ」と、笑顔で客席に呼びかけた。さらに現場の雰囲気について上田は「プレスコだけど、みなさんのお芝居を聞いていると、世界が見えました。(心が)揺れているハルオに影響され、私たちの演技も宮野さんから影響を受けて変わりました」とコメント。小澤は「物語は胸が苦しくなることが多いですが、監督たちがフレンドリーで。笑顔が可愛かったので、心が軽くなりました」と語った。

 監督陣は「虚淵(玄)さんのシナリオが強烈だったので、そこは崩さないように作り上げた」(静野)、「壮大な世界観も見どころだけど、人間と人間の関わりや縁が、大きな物語に繋がっている」(瀬下)と、作品について語った。

宮野真守

宮野真守

櫻井孝宏

櫻井孝宏

花澤香菜

花澤香菜

上田麗奈

上田麗奈

小澤亜李

小澤亜李

 

≪作品概要≫
『GODZILLA 星を喰う者』
2018年11月9日(金)全国公開

■スタッフ
監督/静野孔文・瀬下寛之 
ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス)
製作/東宝
制作/ポリゴン・ピクチュアズ
配給/東宝映像事業部 

映画公式サイト
godzilla-anime.com

映画公式twitter
@GODZILLA_ANIME  

©2018 TOHO CO., LTD.



PAGETOP