超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

映画『響-HIBIKI-』監督・月川翔が語る女優・平手友梨奈のおそるべき才能「平手さんが辞めたら一生できない映画です」【インタビュー】

2018/10/9


 「ビッグコミックスペリオール」(小学館)にて連載中で、2017年に「マンガ大賞」を受賞した「響〜小説家になる方法〜」が実写映画化。その監督を務めた月川翔のインタビューが、「アニメディア10月号」に掲載中。超!アニメディアでは、掲載仕切れなかった部分を含めたロング版をご紹介。

――ますは、本作の監督を務めることになった経緯を教えてください。
 プロデューサーの方から「『響』というマンガを実写化しませんか」というお話をいただきました。「どんなお話なんですか?」と尋ねると「15歳の少女の作品が芥川賞と直木賞にノミネートされる話」だと。内心「それ面白いのかな?」と思いつつ読んでみたら、とても面白くて。説明が難しいお話なのですが、映画にしたら楽しんでもらえると思い「ぜひやりたい」と返事をさせていただきました。ただ、この面白さをどう伝えればいいのか分からない、というのが最初の印象でした。

――実写化するにあたり、監督が大切にした点を教えてください。
 原作は、響と出会った人がどんどん変わっていく話だと思うんです。それを一本の映画にするときに、響の暴力的なシーンばかりをピックアップすると、響がとんでもないモンスターになってしまうんです。では、なぜ原作ではそうなっていないかを考えると、「よいものはよい」と認めたり、尊敬する作家には素直に接したり、普通の15歳の女の子である姿が描かれているんですね。そういう瞬間を逃さないようにしようと思いました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP