超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『キミだけにモテたいんだ。』堀ノ宮早紀子役の石川由依に聞く青春の概念「振り返ってみるとキラキラしていたなと思えることなのかも」【インタビュー】

2019/10/25


 不器用でどこか“残念”な男子高校生たちの青春純情ストーリー『キミだけにモテたいんだ。』。本作は脚本構成を『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』などを担当した岡田麿里、キャラクター原案を動画投稿サイトで関連動画の総再生数が4億回を超えるクリエイターユニット「HoneyWorks」のイラストレーター・ヤマコが務める注目作である。

 今回は堀ノ宮早紀子役の石川由依にインタビュー。作品の魅力や青春についてお話いただいた。

堀ノ宮早紀子役の石川由依

【STORY】
見た目はいいのに中身は惜しい残念な男子高校生・時夫とアシモは、同じ学校の後藤田に突然連行されて、学校でも有名なお嬢様・ホリコこと堀ノ宮早紀子のもとへ。ホリコは時夫たちを『モテメン甲子園』に出場させて、その賞金で諸事情から負った借金を返済しようとしていたのだった。集められたメンバーは女子に冷たく「中二をこじらせている」と噂されてモテない時夫、行動が子供すぎてモテないアシモに加え、かわいすぎるためモテない幸太郎、人間そのものに興味が持てないためモテない亜紀。堀子の執事的存在でモテの講師役の後藤田を加え、一同は無理やり5人1組の学校代表メンバーに。

優勝を目指してモテメンへと成長していく中で、周囲や自分の変化もホリコに対する恋心も自覚することになる。そしてまた堀子にも隠していたことが……。決勝を前に一致団結しながら、複雑に絡んでこじれてもいく6人の想い。本当の〈モテ〉とは何なのか。恋と友情の青春劇が開幕!

――まず、石川さんが演じられるキャラクターについて、紹介をお願いします。

 私が演じる堀ノ宮早紀子は、少し世間知らずなところがあるお金持ちのお嬢様です。みんなからは「ホリコ」と呼ばれています。お嬢様ならではの強烈な発言をするときがありますが、決して悪意があるわけではありません。良くも悪くも思ったことをすぐに口に出してしまいますが、素直なだけなんですよ。それくらい真っすぐな子ですね。

――そんなキャラクターの役作りはどのように組み立てていきましたか?

 私個人としてはまず、裏の気持ちが見えないように真っすぐセリフを伝えるということを意識しました。また、アフレコ当日には「お嬢様なので、どこか普通の女の子とは違う、浮いている感じ。会話しているけども掛け合えてない感じを出してほしい」というディレクションがありましたので、最初のシーンは何度か挑戦させていただいて調整していきました。台本上ではかみ合っているような会話でも、お芝居で浮かせなきゃならない、かみ合っていないようにみせなければいけない、というのは難しかったですね。

――そんなディレクションがあるなかでのアフレコはいかがでしたか?

 先ほどお話したような難しさはありましたが、他の作品でも共演したことがある方々ばかりでしたので、あまり緊張せずお芝居ができたと思います。一方で、初共演、そもそもアフレコ初挑戦だった戸島幸太郎役の富園力也くん。彼は言われたことを一生懸命に応えようとする頑張り屋さんだったので、それがよい刺激になりました。また、富園くんはテレビのオーディション番組から誕生した声優グループのメンバーなのですが、同じグループのメンバーがアフレコ現場を見学しに来ていたんですよ。そういう姿を見ていると何だか自分が初めてアフレコへ行ったときのことを思い出しちゃって。新鮮な気持ちで芝居ができました。

――なるほど。これまでお芝居のことを中心にお話をうかがってきましたが、続いて作品の内容についてお話をうかがいます。最初にシナリオを読んだ時はどのような印象を持たれましたか?

「モテメン甲子園」をはじめ、出てくるワードや内容のインパクトがとにかく強かったです。最初はどういう物語になるのか予想が付かなかったですね。

――『キミだけにモテたいんだ。』というタイトルもインパクトありますよね。

 そうなんですよ。実際に登場する5人の男の子たちもタイトルにある通り、「モテたい!」と必死になります。その姿が「おバカ」だなと思うところがあって笑えるのですが、でも、彼らはその「モテたい」という行為を真剣に取り組んでいるんですよね。高校生の彼らにとってそれはとても大切なことだと思いますし、ひとつのことに対して一生懸命になる姿がカッコいいとも感じます。

――実際にアフレコを経てからストーリーに対する印象に変化はありましたか?

 みんな残念な面もある性格のキャラクターではありますが、声がついてより一生懸命にやっている姿が憎めなくなった……というか、高校生の彼らより少しお姉さんな私から見ると、可愛いなと思えるようになりました(笑)。映画をご覧になる方には、目標を見つけてちょっとだけ大人として成長していく彼らを温かく見守ってもらいたいですね。

――そういう一生懸命な姿は「青春」だなと感じます。

そうですね。

――ちなみに、石川さん自身が「青春」と聞いて思い浮かべることは?

 青春……。あの頃特有の、大人になってからじゃ味わえないキラキラ感……。うーん難しいですね(笑)。

――大人になってからじゃ味わえないもの。でも、彼らは「青春」をやっているとは気づいていないと思うんですよね。自分もそうだった気がします(笑)。

 本人たちは「これが青春だ」ってなかなか気が付かないというか、感じてないですよね。私たちが「青春しているな」と思っていることを、ただ一生懸命にやっているだけ。でも、大人になったら、「あれが青春だったな」って気が付くのかも。振り返ってみるとキラキラしていたと思えることが「青春」なのかもしれません。

――本作は5人の男の子が「モテる」ために一生懸命になる、そして「青春」を駆け抜ける物語です。石川さんは「モテる」にはどういう要素が必要だと思いますか?

 先ほども少しお話しましたが、ひとつのことに一生懸命に打ち込んでいる人はカッコいいなと思います。

――それは異性だけじゃなく、同性からも「モテる」要素な気がします。

 そうですね。「モテる」って、人として魅力があるということだと思うんです。ひとつのことに打ち込んでいる人をみると応援したくもなるし憧れるので、それが「モテる」要素のひとつなんじゃないかな。本作に登場する不器用でどこか残念、それでも一生懸命な男子高校生たちも「モテる」要素を秘めていると思うんです。そんな「モテる」要素を持っている彼らがどうやって「モテメン」に成長していこうとするのか、ぜひ劇場で確認していただければと思います。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

プロフィール
石川由依【いしかわ・ゆい】5月30日生まれ。兵庫県出身。mitt management所属。主な出演作は『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマン役、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ヴァイオレット・エヴァーガーデン役、『アズールレーン』エンタープライズ役 など。

『キミだけにモテたいんだ。』情報
10月25日(金)全国公開
【スタッフ】
監督:久藤 瞬
脚本構成:岡田麿里
キャラクター原案:ヤマコ(HoneyWorks)
配給:東宝映像事業部
【キャスト】
古田時夫 / 斉藤壮馬
葦田茂一 / 内山昂輝
戸島幸太郎 / 富園力也
佐橋亜紀 / 松岡禎丞
後藤田駿 /梅原裕一郎
堀ノ宮 早紀子 / 石川由依
司会 / 梶 裕貴

入場者プレゼント
キャラクター原案 ヤマコ(HoneyWorks)描き下ろしSDキャラクター シークレット缶バッジ

※サイズ:57mm
※1回のご鑑賞、入場者お一人様につき1つ差し上げます。
※絵柄はお選びいただけません

『キミだけにモテたいんだ。』公式サイト
kimimote.com

『キミだけにモテたいんだ。』公式 Twitter
@kimimote_movie

(C) 2019「キミモテ」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP