超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『HELLO WORLD』の伊藤智彦と『空の青さを知る人よ』の長井龍雪監督が語り合う、両作品の注目ポイント。2つの作品には不思議な共通点が?「なぜかシンクロしているんですよね」【インタビュー】

2019/10/11


 2019年9月20に公開した『HELLO WORLD』の監督・伊藤智彦と、2019年10月11日から公開が開始する『空の青さを知る人よ』の監督・長井龍雪。両監督は、互いに監督を務めたTVシリーズに各話演出・絵コンテで参加するなど、仕事の交流がある。それぞれの最新作を鑑賞したふたりが、相手の作品の注目ポイントを語り合うという豪華対談が、現在発売中のアニメディア10月号に掲載中。「超!アニメディア」では、本誌記事内ではお届けしきれなかった部分も含めたロング版をお届けする。

――おふたりは、いつどこで出会われたのですか?

伊藤 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をやらせてもらったときが初めてでしたっけ?

長井 その前から顔を合わせてはいたと思うけど……?

伊藤 初めて一緒に仕事をしたのは、僕が絵コンテ・演出をやらせてもらった、長井さんの監督作品『あの花』の7話ですね。

――どんなきっかけがあったのですか?

伊藤 俺は、その前年にA-1 Picturesで『世紀末オカルト学院』を制作していて、その後、ほかの人のお手伝いをさせていただきました。そのとき「長井さんがオリジナル作品を仕込んでいる」という話を聞きつけて、僕が好きな類の話だったので「ぜひ一本やらせてほしい」とお願いして……、という次第ですね。

長井 僕も『世紀末オカルト学院』は観ていましたし、伊藤さんのことは知っていたので、正直、やっていただけるだけでありがたかったですね。

伊藤 『世紀末オカルト学院』のシリーズ構成を担当していただいた脚本家の水上清資さんから長井さんの話をよく聞かされていたので……。

長井 悪口ですか?(笑)

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP