超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】小越勇輝がタテアニメ『バイト先は「悪の組織」!?』で声優初挑戦! -「マイク前で瞬間、瞬間のお芝居ができる声優さんは本当にすごい」

2017/12/28


 物語を手軽に読んだり書いたりできる小説投稿サイト「エブリスタ」で連載され、コミックス化もしたコメディ作品『バイト先は「悪の組織」!?』。お世話になった児童養護施設が閉鎖され、自分と弟妹たちの生活費を稼がねばならなくなった主人公が、少しでも給料の高い職場を探しているなか見つけたアルバイト先が「悪の組織」だったという驚きの展開からスタートする本作は、11月13日よりアプリ「タテアニメ」で配信されている。

 超! アニメディアでは本作の配信を記念し、主人公の蒼倉有久(あおくらありひさ)役を演じる小越勇輝さんにインタビューを敢行。ご自身の役どころに加えて、初めて声優に挑戦した率直な想いについてうかがった。

小越勇輝さん

妹との会話で思わず「嘘でしょ!?」

――本日はLINE LIVEで配信される「超! タテアニメディア」ご出演前というお忙しいなか、お時間を割いていただきありがとうございます。

いえいえ。

――早速ですが、まずは『バイト先は「悪の組織」!?』で小越さんが演じられる役について教えてください。

僕が演じるのは蒼倉有久という、『バイト先は「悪の組織」!?』の主人公です。高校に通っているのですが、学校ではあまり目立たない、端の方でみんなを観察しているようなタイプの人間ですね。

――そんなタイプの主人公がなぜ「悪の組織」でアルバイトを?

彼はお世話になった児童養護施設が閉鎖され、一緒に生活することになった義理の弟と妹を養っていかなければならない立場にあります。生活費を稼ぐため、「少しでも給料の高いアルバイト先を」と躍起になっていたときに見つけたのが「悪の組織」だったんですよ。

得体の知れないアルバイト先にも関わらず、高給ということで「悪の組織」を選ぶ彼は、学校では目立たないタイプでも、身近な人に向ける目は優しくてあたたかい子だなと感じました。

――高給とはいえ、得体の知れない組織で仕事をするのは勇気が要りますよね。そんな主人公と共感できるところは?

パッと見だと陰キャラというか、静かなところでしょうか。僕はパッと見だけじゃないですけど(笑)。

――そ、そうでしょうか?

自分ではそう感じています(笑)。学校などでの自分とプライベートの自分のテンションが違うという点は、有久くんとよく似ているなと思います。

――プライベートのお話が出ましたが、小越さんはTVゲームがお好きとおうかがいしたことがあります。今回は小説からスタートし、マンガ化もされた作品が原作のアニメですが、マンガやアニメもお好きですか?

好きですね。主に少年誌で連載しているようなマンガを読みます。あと、妹がよくアニメやマンガを見ているので、それを横で見たりすることも多いですね。最近では『覆面系ノイズ』を妹が見ていてハマりました。

ーー実写化もされている作品ですね!

そうなんですよ。妹が見ていたときに「このキャラやりたい」と僕が言ったら「いや、もう(実写映画の配役が)決まっているよ」と言われてしまいまして……。思わず、「えっ、嘘でしょ!?」と言ってしまいました(笑)。

声優としてマイク前で演じることの難しさ

――妹さんとの貴重なエピソードをお話いただきありがとうございます! では、マンガを読むことで演技にも活かされていると感じることはありますか?

ありますね。自分が演じる・演じないに関わらず、いつもその作品のなかで生きているキャラクターを、どうやったら現実にできるのだろうということを想像します。

――それが芝居にも活きている?

そうですね。

――芝居という面ではこれまでドラマや舞台が中心だったと思いますが、本作では初めて声優として出演することとなりました。

本当に初めての経験ばかりで、舞台やドラマとは全く違いました。舞台などでは体を使ったり、表情を使ったりして表現していますが、声優はマイクの前でしか表現できない。それがとても難しかったですね。

アフレコの際は、周りのキャストの方々が声だけで瞬間、瞬間のお芝居をされていることに感動しました。声の通り方も全然違いましたね。僕は昔から声が通らないほうで、舞台をやり始めてからようやく通るようになってきたのですが、声優さんは本当に声が通るので尊敬します。

――今後も声優のお仕事には挑戦していきたいですか?

できることなら。ただ、難しさも痛感していますので、今回の経験を活かしつつ「自分らしく」演じられたらいいなと思います。

――次に声優のお仕事をする際はどういう作品に出演してみたいですか?

普段の生活では絶対に経験できないような世界観の作品がいいですね。

――ファンタジーなどでしょうか?

そうですね。でも『銀魂』のようなコメディっぽい作品もいいですね。『銀魂』はマンガを読むときとはまた違う、声優さんが演じているからこそ面白さが伝わってくるアニメじゃないですか。あれくらい喋り倒して面白い作品に出演してみたいです。

「悪の組織」でアルバイトは……

――小越さんの声優というお仕事に対する想いが伝わってきました。そんな声優初挑戦となった本作では「バイト」というのがひとつのテーマとなっています。小越さんはアルバイトを経験されたことはありますか?

アルバイトの経験はないですね。おじさんが飲食店をやっているので、お手伝いをしたことがあるくらいです。奥でお皿を洗ったりしていたんですが、店に入ってきたお客さんに「いらっしゃいませ」というのも恥ずかしくて……。

――なるほど。では、もし現実世界にも「悪の組織」があればそこで働いてみたいですか?

働いてみたくは……ないですね。いかにも怪しいので(笑)。時給がよくても一歩引いてしまいます。

――悪よりはヒーローのほうがよい?

実際にやるならヒーローの方がいいです。演じるなら「悪」の方が面白いかもしれませんが……。

――『バイト先は「悪の組織」!?』はタテアニメで配信される作品ですが、タテでアニメが見られると聞いたときの率直なお気持ちはいかがでしたか?

普段見ているTVのディスプレイが横なので、最初は正直ピンときませんでした。ただ、実際に見てみると違和感がなくスッと見られましたね。

――本日は貴重なお時間を割いていただきありがとうございました! 最後に読者の皆さんに一言お願いします。

本作は1話が3分という手軽に見ることができる作品です。ただ、その3分の中に楽しさが詰まっていて、自然と笑顔になれるような仕上がりになっていると思います。また、兄弟を養っていくために「悪の組織」に入る主人公は、やはり様々なヤバいことを経験していきます。

でも、その中で人として成長していく彼の姿を見守っていただきたいですね。タイトルだけ見るとすごくダークに感じますが、笑いも詰まった作品なので、興味を持った方はぜひ見ていただけるとうれしいです!

『バイト先は「悪の組織」!?』で監督を務める木村好克氏とのツーショット

小越さんが出演する『バイト先は「悪の組織」!?』は、毎週月曜に更新。全10話で現在は7話まで配信されている。1話3分という尺で手軽に見られるので、興味のある方はアプリをダウンロードし、小越さんの活躍を聞いていただきたい。

<プロフィール>
小越勇輝【おごえゆうき】ATプロダクション所属。主な出演はドラマ『弱虫ペダル』小野田坂道役(主演)、舞台『テニスの王子様』越前リョーマ役(2011年~2014年までミュージカル、主演)など。また、書籍『YUKI OGOE DOCUMENTARY PHOTOBOOK YUKI』も発売中。

タテアニメのダウンロードはこちら→
【App Store】
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%BF%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1/id1187153565?mt=8

【Google Play】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.productionig.tateanime

小越さんが出演したLINE LIVE「超! タテアニメディア」SPはこちら→https://live.line.me/channels/21/broadcast/6237978

※LINE LIVE「超! タテアニメディア」は2週間のアーカイブ公開後、一部をスマホアプリ「タテアニメ」内で配信しております。

<タテアニメ情報>
・価格 無料(アプリ内課金有)
・プラットフォーム 推奨 iOS バージョン iOS9.0 以上
※iPhone5 以上、iPad 第 3 世代以上、iPad mini2 以上
・推奨 Android バージョン Android OS 4.4 以上

年末年始は、タテアニメ過去作の日替わり無料キャンペーンを実施!

タテアニメ公式サイト
https://www.tateanime.com/



PAGETOP