超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「新規プロジェクト」も発表!井口裕香、阿澄佳奈、日笠陽子、小倉唯が出演した「ヤマノススメ オータムフェス」イベントレポート

2019/10/6


(↑左から飯能市のマスコット・夢馬くん、日笠陽子、阿澄佳奈、井口裕香、小倉唯、群馬県のマスコット・ぐんまちゃん)

 2018年7月から9月にかけてTOKYO MXほかで放送・配信されたTVアニメ『ヤマノススメ サードシーズン』。主人公のあおいと幼なじみのひなた。彼女たちの気持ちが初めてすれ違ってしまったものの、ふたりをつなぐ“山登り”を通して仲直りし、改めてお互いを理解し合った姿が感動を呼んだ。そんな本作で主演を務めたあおい役・井口裕香、ひなた役・阿澄佳奈、かえで役・日笠陽子、ここな役・小倉唯が登壇したイベント「ヤマノススメ オータムフェス」が2019年9月15日(日)に、これまで幾度となくイベントを開催してきた埼玉・飯能市市民会館で行われた。

 『ヤマノススメ』のイベントではおなじみの松竹芸能・ムートン伊藤による司会進行でイベントはスタート。ムートン伊藤の呼び込みに応じて、井口、阿澄、日笠、小倉が登壇。満員に埋まった客席との「やっほー」のコールアンドレスポンスに4人は感激の様子だ。4人が「飯能市市民会館でのイベントがいつ以来ぶりか?」「今日すでに登山をしてきた人は?」といった内容などについての話題で盛り上がっていると、ムートン伊藤が「ご挨拶をしたい人がいる」として壇上に招き入れたのが、なんと大久保勝飯能市長。この日、4箇所の敬老会に回ってきてから駆けつけた大久保市長は超ハイテンションでボケ倒し、ムートン伊藤をして「浅草の演芸場にたくさんいる師匠のようだ」と言わしめた。

 さて、「ヤマノススメ オータムフェス」の企画第1弾は「アニメ『ヤマノススメ』振り返り年表トーク」。これまで『ヤマノススメ』『ヤマノススメ セカンドシーズン』『ヤマノススメ おもいでプレゼント』『ヤマノススメ サードシーズン』と4シリーズが展開された物語を、スクリーンに映し出された年表を見ながら振り返る趣向だ。2013年の放送開始以来、6年の間にラッピングバスやラジオの放送開始、各地で行われたイベントなどが紹介されるなか、2017年にあった埼玉西武ライオンズとのコラボの際に、井口の身に起きた衝撃的な出来事が紹介され、会場からは驚きの声が上がった。また2017年11月に行われた「ヤマノススメ キャンプフェスタ2017」はかなり寒い会場で行われ、小倉がイベントに参加したファンの命を心配したことを振り返った。

 企画第2弾は久しぶりに復活した「ヤマノススメ ラジオノススメ 飯能出張版♪」。TVアニメ放送期間にラジオ大阪で放送されていた「ヤマノススメ ラジオノススメ」の公開録音コーナーで、今回は井口をはじめ、阿澄、日笠、小倉の4人で収録に臨んだ。事前に「2019年、山にまつわる出来事や目標」という内容でアンケートを募ったところ、リスナーからは「紅葉狩りをする」という投稿が届いた。それに対して「紅葉狩りって紅葉を拾って食べるの?」という予想外の回答がキャストから飛び出し、さらには「膝に水が貯まるからもう山には登れないかも」という『ヤマノススメ』のキャストらしからぬ発言も聞かれ、会場からは大きな笑いが巻き起こった。またリスナーが悩みや疑問を尋ねる「山神様に聞いてみた」のコーナーでは、リスナーからの相談に対して、かわいかったりチャラかったりする“山神様”が、ちょっぴり辛辣なアドバイスを贈っていた。

 「オリジナル朗読劇」のコーナーにもキャスト4人が登場。今回の朗読劇のテーマは「あおいとひなたが文化祭で演じる劇」。朗読劇は3本立てで展開され、1本目ではあおいとひなたが『ロミオとジュリエット』を原作にして劇の脚本の内容を話しあうなかで、主役のジュリエットを演じることになってしまい嫌がるあおいに、ひなたが「3,2,1」と催眠術をかけると、なんとあおいが猫になってしまう。2本目ではあおいの家の台所でここなとかえでが食事の準備をするなか、脚本のアイデアを考える。ロミオとジュリエットが登山中に出会い、使っていたザックが一緒ということで惹かれ合ったり、死んでしまったロミオとジュリエットが“内なる山のフォース”によって復活したり……というように、かえでが山の内容に寄せすぎてしまった。そこへ買い出しから帰ってきたひなたと、猫になる催眠術にかかったままのあおいが帰ってきて……。3本目では催眠術が解けたあおいとひなたが劇『ロミオとジュリエット~愛することは、登山である~』を披露。飯能に住むロミオ・ひなたと群馬に住むジュリエット・あおいが互いに惹かれ合うなか、飯能と群馬による争いに巻き込まれてしまう。そして望まない結婚を避けるために唇に毒を塗って死んだふりをするロミオ・ひなた。彼が本当に死んでいるものと思い込んだジュリエット・あおいは、ロミオ・ひなたに口づけをして共に死のうとする。クライマックスを盛り上げるキスシーンが展開される……かと思いきや、ジュリエット・あおいがリップクリームでテッカテカのロミオ・ひなたの唇を見てひいてしまい……という内容。クライマックスには飯能市のマスコット「夢馬くん」と群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」もお祝いのためステージにやってきて、朗読劇は大盛りあがりのなか幕を下ろしました。

 

 その後、告知コーナーが終了すると、スクリーンには「新規プロジェクトへ登頂開始!」の文字が躍り出て、これを見た観客席からは大歓声が上がった。さらにほのか役の東山奈央からスペシャルメッセージ映像も届き、朗報に華を添えた。プレゼントコーナーを経て、イベントはクライマックスへ。キャストが思い思いにイベントの感想を述べて、「ヤマノススメ オータムフェス」は閉幕となった。

【「ヤマノススメ オータムフェス」の感想&『ヤマノススメ』新プロジェクト登頂開始を受けてキャストの皆さんのコメントを紹介!】

井口裕香
「今日のイベントで『ヤマノススメ』は一段落かと思っていたのですが、『新プロジェクト登頂開始』の発表があってうれしいです。次につないでいけたらなと思います」

阿澄佳奈
「次に進みたいという気持ちをファンのみなさんが持っていてうれしいです。またみんなで集まれたらいいな、みなさんと歩んでいけたらいいなと思っています」

日笠陽子
「飯能市市民会館に足を運んでくれてうれしいです。やる気満々な新プロジェクトの登頂開始も発表できました。みなさんの力で新プロジェクトを実現したいです」

小倉唯
「今日のイベントを通じて、改めて長い時間をかけて歴史を紡いできたんだと感動しました。これからも『ヤマノススメ』が続いていくように、私も頑張っていきたいです」

アニメ『ヤマノススメ サードシーズン』公式サイト
http://www.yamanosusume.com/

TVアニメ「ヤマノススメ」公式Twitterアカウント
https://twitter.com/yamanosusume



この記事のキーワード

PAGETOP