超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

モンストアニメ特別編「モンソニ!」初の単独ライブイベント『モンソニ!LIVE』2019開催決定

2019/3/9


 株式会社ミクシィのXFLAG™ (エックスフラッグ)スタジオは、2019年4月14日(日)に原宿クエストホールにて、モンストアニメ特別編「モンソニ!」初の単独ライブイベント『モンソニ!LIVE』を開催。それに伴い、3月7日より電子チケット販売サイト「XFLAG TICKET」にて、チケットの抽選販売が開始となった。


「モンソニ!LIVE
」イベント概要
「モンソニ!」とは、モンストアニメの特別編として、2017年5月に配信スタートしたオリジナルアニメ。ルシファーやダルタニャンなど、モンストでお馴染みのキャラクターが音楽活動を行うというストーリーで展開で、現在では毎年夏にXFLAGが開催するLIVEエンターテインメントショー「XFLAG PARK」でのライブや楽曲配信など、アニメ以外の領域でも展開を広げている。

「モンソニ!」として、初の単独イベントに出演するのは、背徳ピストルズ、Two for all、デビルズ・パンク・インフェルノ、白雪姫リボンの4アーティスト。当日は、各アーティストのライブパフォーマンスをお楽しみいただけるほか、MCをTwo for allのダルタニャンが務める初の試みも実施。さらに、XFLAG所属の“アドレナリン全開エンターテイナー”スマイルポンチもMCとして登場する。アーティストライブ以外にも、来場者参加型のゲームステージやクイズコーナー、会場ロビーでは初公開となる「モンソニ!」のイラストや設定画の展示も実施。また、この会場でしか撮影することのできないフォトスポットも登場し、会場全体を「モンソニ!」の世界観で彩るイベントとなっている。

■出演者について

【背徳ピストルズ】
そのサウンドで地獄を支配したらしい伝説のバンド「ザ・地獄ヘルズ」を解散したサタンが、自らが信じるサウンドで地上を支配すべく結成した“宇宙最高のロックバンド(自称)”。メンバーは、サタン(Gt.)のほか、堕天使のルシファー(Vo.&Ba.)と鬼族の娘、茨木童子(Dr.)の3人から構成されている。1stシングルは「Perfect Glory ~旋律の彼方へ~」。傍若無人でぶっきらぼうなルシファー、何事もノリと勢いだけで生きているサタン、メンバーで最年少ながら一番しっかりしている茨木と、全く異なる個性が絶妙なバランスで共存している。ある意味では奇跡のバンド。地上での今後の活躍が注目されている。


【Two for all】
同じアイドル養成所だったダルタニャンと紫苑の2人からなるアイドルユニット。グループ名は、「2人はみんなの笑顔のために」という意味を込めて「Two for all」と命名された。「We are “Two for all”」でデビュー。天真爛漫で何事にも前向きなダルタニャンと、アイドルとしての高い素質を持ちながらもひたむきに努力を重ねる紫苑は、ステージでもプライベートでも息がぴったり。新世代の純情系努力派アイドルとして目が離せない。今回、ダルタニャンは「モンソニ!」初の単独ライブイベントでMCに初挑戦します。

【デビルズ・パンク・インフェルノ】
魔界出身のアザゼル(Vo.)、ベルゼブブ(Gt.)、マモン(Ba.)、モロク(Dr.)の4人の悪魔によるロックバンド。通称「デビパン」。背徳ピストルズのサタンも在籍していた「ザ・地獄ヘルズ」のメンバーであったアザゼルによって結成。サウンドはメンバーが影響を受けたパンク、メタル、ミクスチャーを基調としている。また不良的なカリスマ性を持つアザゼルの粗暴な態度とは裏腹に、歩道でベルを鳴らす自転車や老人を騙す詐欺師などに腹を立てていたりする生真面目な一面が歌詞から窺い知れる。1stシングル「絶望ドライヴ」で地上デビュー。“魔界よりやってきた怒れる爆音集団”としてラウド系音楽シーンに殴り込みをかける。

【白雪姫リボン】
完全無欠にして絶対的アイドル。以前は、メルヘン系アイドルの先駆け的グループである「森森ガールズ」に在籍していたが、アイドルとしての方向性の違いから脱退。「初恋は君色メモリー」でソロデビュー。独自のアイドル観を持っており、その意識は誰よりも高い。そのため、これまでに自身のステージに納得できず、活動休止を3回(未遂も含めると7回)もしている。“活動休止・オブ・ザ・イヤー”の受賞経験があるほど自他共に認める活動休止マニア。故にその辺りのエピソードから“承認欲求の権化”の異名を持つが、本人はあくまでブレることのないアイドル道を歩んでいるため、熱狂的に支持する者も少なくはない。

【スマイルポンチ】
XFLAG所属の“アドレナリン全開”エンターテイナーグループ
モンスターストライク公式YouTubeチャンネルにて「XFLAGの中の人進化前」として活動していた“もかぴ”と“ゆきのしん”。2019年春、視聴者投票で決まったグループ名を背負って独立。グループ名の発表とともに卒業式が執り行われたYouTube生配信では、衝撃のシークレットメンバー加入が発表された。人々の心をアドレナリン全開にすることを使命として活動する。

■当日のコンテンツ紹介
【「モンソニ!」アーティストによるステージ】

ルシファー・サタン・茨木童子のバンド「背徳ピストルズ」やダルタニャン・紫苑のユニット「Two for all」に加え、「XFLAG PARK2018」で初登場したアザゼル・ベルゼブブ・マモン・モロクのラウドロックバンド「デビルズ・パンク・インフェルノ」、さらに、絶対不滅アイドル「白雪姫リボン」も登場。

【ダルタニャンとみんなでマルチ!】
ダルタニャンがホストとなって、モンストのマルチプレイに挑戦!来場者から参加者を募り、ダルタニャンと一緒にマルチプレイを楽しむことができるゲームステージとなっている。挑戦するクエストは究極クエストの「闇に堕ちた救国の英雄」(★5 ジル・ド・レ)と「魔性のクリムゾン・レディ」(★5 グレモリー)。ダルタニャンと一緒にマルチできるのはあなたかもしれません。

【クイズ「モンソニ!」】
来場者に「モンソニ!」の「センリツのルシファー ただひとつの始まりの歌」や「モンソニ!ダルタニャンのアイドル宣言」などから、クイズを出題します。最後まで勝ち残った方にはダルタニャンと直接話せる時間をプレゼント。全問正解は誰の手に!?

センリツのルシファー ただひとつの始まりの歌
https://anime.monster-strike.com/monsoni/rushifa/

モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言
https://anime.monster-strike.com/monsoni/darutanyan/

【わくリン・ぎょっさんを探せ!】
会場で、『モンスト』の「英雄の神殿」や「曜日クエスト」をプレイしよう! ソロプレイでも来場者同士でのマルチプレイでも、制限時間内にまれに出現するモンスター“わくリン”、“ぎょっさん”に遭遇することができた方全員に、出演アーティスト直筆のメッセージカード4枚セットをプレゼント。

【ロビーコンテンツ】
「モンソニ!」の未公開イラストや設定画を初お披露目するほか、ここでしか撮影することのできない記念フォトスポットが登場。

<チケット情報>
3月7日より、XFLAG が運営する電子チケット販売サイト「XFLAG TICKET」にて、抽選販売。

【チケット券種】
①グッズ付き入場チケット:5,800円(税込)

本チケット限定グッズ
1.ライブ音源CD「モンソニ! in XFLAG PARK2018」
XFLAG PARK2018で披露した全8曲のライブ音源をCD化。未発売の「Perfect Glory ~旋律の彼方へ~ feat.ダルタニャン」も収録。
2.モンソニ!LIVE オリジナルTシャツ
キービジュアルでルシファーたちが着ているTシャツと同じデザインです。
※本チケット限定グッズ(ライブ音源CD、オリジナルTシャツ)はイベント会場にて入場時にお渡しします

②入場チケット:2,800円(税込)

【チケット抽選販売】

申込受付期間:2019年3月7日(木)16:00~3月17日(日)23:59
抽選結果発表:2019年3月20日(水)12:00(※)
※抽選結果はXFLAG TICKETにログインし申込履歴よりご確認いただくか、XFLAG IDとして登録されているメールアドレス宛てにメールにて通知します

チケット販売サイト「XFLAG TICKET」:https://event.xflag.com/events/monsonilive
支払方法:【クレジットカード】当選時に即時決済されます
     【コンビニ】支払期限 3月23日(土) 23:59まで

「モンソニ!」とは
モンストのオリジナルアニメ特別編として、YouTubeで2017年5月に配信スタート。ルシファーやダルタニャンなどのお馴染みのキャラクターが音楽活動を行うストーリーで、通常の「モンストアニメ」とは異なる独特な世界観が描かれている。現在では、XFLAG PARKでのライブや、楽曲配信など、アニメ以外の領域でも展開を広げている。

『モンソニ!』公式サイト
http://anime.monster-strike.com/monsoni/

『モンソニ!』LIVE特設サイト
https://event-info.xflag.com/monsoni/live/

 © mixi, Inc. All rights reserved.



この記事のキーワード

PAGETOP