超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』×モンストコラボ りゅうちぇる、西原さつきによるモンスト×セーラームーンコラボ記念「楽しいこともジェンダーフリーに。」PRトークイベントを開催

2018/11/20


 株式会社ミクシィのXFLAG™ スタジオは、スマホアプリのひっぱりハンティングRPG『モンスターストライク』(以下、モンスト)において、 アニメ『美少女戦士セーラームーン Crystal』とのコラボレーションを通じて発信した“楽しいことも、ジェンダーフリーに。”というメッセージについて語るPRトークイベントを、11月19日(月)に東京・渋谷の「XFLAG STORE SHIBUYA」にて開催した。


 トークイベントには、本コラボレーションのTVCMに出演し、ジェンダーフリーな思想を持つタレントのりゅうちぇるさんと、男性として生まれ、現在はモデル・女優として活躍している西原さつきさんが登壇した。おふたりには、りゅうちぇるさんが出演したTVCMの撮影時のことや、本コラボを通じて発信したメッセージ「楽しいことも、ジェンダーフリーに。」について伝えた。

■モンストがセーラームーンとのコラボを機に伝えたかったこと


 はじめに、モンストを運営する株式会社ミクシィのモンスト事業本部 マーケティング部部長 米田陶哉氏より、モンストとして初めて少女漫画を原作とした作品とコラボレーションするにあたり、“楽しいことも、ジェンダーフリーに。”というメッセージを発信した経緯を語った。

 「モンストは、先月5周年を迎えました。みんなでワイワイ一緒に遊ぼうよ!という思いではじめたモンストですが、まだまだ男性のユーザーが多い実情あります。そんな中で今回、念願の『セーラームーン』とのコラボが実現しました。日本国内でも世界的にも、女性を中心に多くのファンを虜にしている作品とのコラボになりました。その背景をそのまま投影して、プロモーションのコンセプトとして“楽しいこともジェンダーフリーに。”をテーマにさまざまな展開をしています。

 先日放映を始めたTVCMについては、すでに感動したといった感想を多くいただきました。他にTikTokでのオリジナルダンスを作成しましたが、こちらも男女ペア、家族、男性同士などで投稿いただいており、コンセプトが体現されていると感じています。これを機により楽しいことを、ジェンダーを超えて楽しいんでいいんだよということを発信していければと思っています。」

■りゅうちぇるさんはTVCM撮影の秘話の披露


 11月16日から放映しているTVCM「いいじゃん!全員戦士!」篇の上映会から始まったトークセッションでは、全身水色のファッションで登場したりゅうちぇる。撮影時のエピソードとして、「撮影の準備をしている時は、すごくかわいい衣装と水色のきらきらのメイクがかわいくてワクワクルンルンっていう気持ちでした。撮影が始まると、セリフが格好良くて素敵で、なんていいセリフなんだろう、本当にぼくもそれと同じ気持ちだなと思って、気持ちを込めて撮影に臨めました。」と笑顔で話した。
また、セーラー戦士の衣装を着たことについても、「服っていうのは、自由だし誰が着ても、何を着ても自分を表現するものだから、違和感なく楽しんで着れました。」と、TVCMのコンセプトさながらにコメント。
※TVCMには、他にメイプル超合金のカズレーザーさん、安藤なつさん、モデルの多屋来夢さんが出演。

■モデル・女優でトランスジェンダーの西原さつきと語る“楽しいこともジェンダーフリーに。”
 男性として生まれて、現在はモデル・女優として活動をされている西原さつきには、TVCMのメッセージになっている“楽しいことも、ジェンダーフリーに。”をテーマに、りゅうちぇると二人でトークを行った。
りゅうちぇるは、「ぼくは小さいころから普通の男の子とは違って、(自分は)男の子だし、女の子が好きだけど、かわいいものが本当に大好きでメイクとかに興味を持っていたので、周りの目が怖くてそういうことを隠してた時期もあったけど、でもやっぱり自分の好きなものを信じて続けてきたことで、運命の人とも出会えて、自分をわかってくれる仲間やお仕事にも出会えたと思います。生き方も、好きな服も好きなメイクも、自分色で楽しんでいこう。その方が人生を楽しめるし、自分の未来も広がる!って思っています。」と、ご自身の経験を交えて丁寧に答えた。

 りゅうちぇるの大ファンだという西原は、「今日はりゅうちぇるさんにお会いできて本当に嬉しいです。衣装も似合ってて、かわいかったです。ジェンダーフリーというテーマのCMは今までほとんどなかったんじゃないかと思うので、いい意味でびっくりして、とても感動しました。」と笑顔。


 また、「ジェンダーフリーが進んだと感じますか?」という質問には、りゅうちぇるは「最初はぼくのヘアバンドやチークやカラータイツは驚かれていたけど、いつの間にかこれがりゅうちぇるのスタイルだねって思われるようになったから、続けていくことがすごく大事だと思っています。続けることは勇気がいるし、最初にやり始めるのはドキドキするけど、続けていくことで、性別とか年齢で判断せずに、ひとりの人として見てくれるようになって、価値になるし文化になっていくと感じています。」と力説した。
西原は「自分が好きならそれでいい、というメッセージに共感しました。服装とか言葉遣いとか、心の性とか体の性とか好きになる性別とかに縛られることなく、自分が好きなものを自由に好きといえる時代、それを社会が応援して理解してくれるというのが、いい時代だなと感じています。」と、TVCMのセリフと交えて、時代の変化を語った。

 「(撮影時には)ただただ楽しくにぎやかな現場で、こんなに深いCMになると思ってなかった!」と話すりゅうちぇるは、「公開された瞬間に、思っていた以上の反響をもらってすごく嬉しかった。15秒とか30秒の映像で、一瞬でこんなにもメッセージが届く魔法のかかったようなCMになりました。」「安藤なつさんの『それな』も深いですよね。そういう風に賛同してくれる人が増えれば、社会はもっとよくなると思う。だれもが意見を言うわけじゃなくても『それな』って言ってくれる人がこのCMには必要だったし、社会にもそんな人がいるとすごく素敵だと思います。」とコメント。西原さんは、「少しでもジェンダーフリーに対する理解を深めて欲しいと思います。」というコメントでトークショーを締め括った。

■「XFLAG STORESHIBUYA」限定のコラボカフェメニュー体験も!
 なお、イベントでは、XFLAGの常設店舗「XFLAG STORE SHIBUYA」と「XFLAG STORE SHINSAIBASHI」にて販売中の、コラボに登場するキャラクターにちなんだカフェメニュー「ムーンプリズムパワー変身デザート」の試食も実施。

 りゅうちぇるは、デザートの中に隠された、セーラームーンがプリントされているクリームを見て「わーすごーい!セーラームーンに会えた!」と大喜びで、試食が止まらない様子だった。西原は「見た目もとっても可愛くて、SNSに投稿したくなりますね!」とお二人とも、味だけではなくメニューの見た目も含めて試食を楽しんだ。

<登壇者プロフィール>
りゅうちぇる
タレント・アーティスト。1995年9月29日生まれ。「ジェンダーレス男子」として注目され、現在は配偶者である読者モデルの「ぺこ」と共に、原宿系ファッションのカリスマカップルとして多くのバラエティー番組に出演。2018年2月には、「RYUCHELL」名義でアーティスト活動を開始。


西原さつき
幼少期から強い性別違和に気が付き、16歳から身体を女性へと変え始める。大学卒業後に3年間OLとして勤務。26歳でタイにて性別適合手術を受ける。2015年にトランスジェンダーの世界大会「MissInternationalQueen 2015」に出場。特別賞の「ミス・フォトジェニック賞」を受賞。現在ではモデル・女優として活動を行なう。好物は和菓子。

30秒バージョン 

本コラボやキャンペーンの詳細については、コラボ特設サイトのほか、モンスト公式サイトやモンスト公式YouTubeチャンネルなどで随時お知らせする。

コラボ特設サイト 
https://www.monster-strike.com/promotion/sailormoon/
モンスト公式サイト
https://www.monster-strike.com/
モンスト公式YouTubeチャンネル 
https://www.youtube.com/monsterstrikepr

■アプリ概要


ゲーム名 :  モンスターストライク
カテゴリ :  ゲーム(アクションRPG)
プレイ料金       :  無料(一部有料/アイテム課金あり)
対応機種(OS):【iOS】iOS8.0以降   
                         【Android】Android4.3.0以降(Android4.3.0未満は動作不可)
利用方法          : 各ストアで「モンスト」を検索
ゲームダウンロードURL:
【iOS】
https://itunes.apple.com/jp/app/id658511662?mt=8
【Android】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.mixi.monsterstrike
【Amazon】
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M09D6KY/

©武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
©Naoko Takeuchi



PAGETOP