超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

大野柚布子も登壇!TVアニメ『ユリシーズ』アメリカのファンがジャンヌのベーゼに大歓声!クランチロールエキスポ2018 オフィシャルレポート

2018/9/4



 2018年9月1日~3日にアメリカ合衆国・カリフォルニア州・サンノゼにて行われたクランチロールエキスポに『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』よりジャンヌ・ダルクを演じる大野柚布子と、音響監督の納谷僚介が登壇し、本編第1話の世界最速上映が行われた。

 クランチロールエキスポ内のパネルディスカッションに、自身が演じるジャンヌ・ダルクの衣装を身に纏った大野と音響監督の納谷が登壇。本イベント内では、現在公開されているPVの他、特別編集された「ジャンヌ・ダルクPV」を上映、さらに本編第1話も先行公開。PV内のジャンヌ・ダルクとモンモランシがベーゼ(キス)するシーンでは、観客席から驚きの声が上がった。

 「ジャンヌ・ダルクPV」を交えながら、自らジャンヌの役柄を語る大野。本作のジャンヌ・ダルクは、通常時の可愛らしい性格と、一変して傲慢な性格になるという二面性のあるキャラクターの演じ分けについては「ほぼ別人のつもりで演じている」と語った。また音響監督の納谷からのフリに応じて、通常時の可愛らしい性格のジャンヌと、傲慢な性格になったジャンヌの印象的なセリフを披露することに。可愛らしい性格のジャンヌでは「この薬を飲んだら胸大きくなるかなぁ」と、傲慢な性格になったジャンヌでは「命乞いをして泣きわめけ!」というセリフを披露。現地のファンを驚かせると共に、日本から応援に来ている大野のファンも盛り上がった。

 ステージ上では終始笑顔を絶やさなかった大野だが、MCからの「どんな声優になりたいか」という質問には「国内外の多くの人を楽しませられるようになりたい」と力強く応じて、ステージは締めくくられた。





 クランチロールエキスポ内にて公開された特別編集「ジャンヌ・ダルクPV」は、You Tubeにて現在公開されている。ジャンヌ・ダルクに特化した内容になっており、ジャンヌ・ダルクの二面性を確認できる内容となっているので、ぜひチェックしよう。

◆クランチロールエキスポ2018「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」パネルディスカッション
【開催日程】2018年9月1日(土)~3日(月)
【場所】アメリカ合衆国・カリフォルニア州・サンノゼ
【出演者】大野柚布子(ジャンヌ・ダルク役)、納谷僚介(音響監督)

〈TVアニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』情報〉
TOKYO MX: 2018年10月7日(日)より 毎週日曜 22時~ 
サンテレビ:  2018年10月7日(日)より 毎週日曜 23時30分~
BSフジ:    2018年10月8日(月)より 毎週月曜 24時~

■イントロダクション
「織田信奈の野望」の春日みかげによる歴史ファンタジー「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」が待望のアニメ化。貴族の息子でありながら魔術や錬金術の研究に没頭する少年モンモランシは、パリの王立騎士養成学校でブルターニュ公の妹リッシュモンら、多くの騎士・姫騎士候補に囲まれ、慌ただしくも充実した日々を送っていた。だがアザンクールの戦いでの大敗によって、フランスと彼らの運命は一変する。パリが陥落し、騎士養成学校も閉鎖され、すべてを失いお尋ね者の流れ錬金術師となったモンモランシは、逃亡先の村で不思議な少女ジャンヌと出会う…。

■スタッフ
原作:春日みかげ
イラスト:メロントマリ(集英社ダッシュエックス文庫)
監督:板垣伸
キャラクターデザイン:澤田譲治
シリーズ構成:金月龍之介
音響監督:納谷僚介
音楽:岩崎琢
アニメーション制作:AXsiZ

■キャスト
モンモランシ:逢坂良太
ジャンヌ・ダルク:大野柚布子
アスタロト:東城日沙子 
リッシュモン:沼倉愛美
シャルロット:大西沙織
フィリップ:高田憂希
ラ・イル:石上静香
バタール:桑原由気
アランソン:間島淳司
ザントライユ:高橋英則
ニコラ・フラメル:糸博
ヘンリー五世:日野聡
ベドフォード公:興津和幸
ラ・トレムイユ:阿部敦
ジャン無怖公:斧アツシ
グラスデール:平田広明
赤髭のジャン:玄田哲章
カトリーヌ:富田美憂
エンリル:子安武人
トマス:諏訪彩花
ナレーション:石塚運昇

■原作情報
「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」(集英社ダッシュエックス文庫)1~4巻好評発売中
原作:春日みかげ イラストレーション:メロントマリ

公式サイト
ulysses-anime.jp

©春日みかげ/集英社・ユリシーズパートナーズ



PAGETOP