超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

荒木飛呂彦・ジョジョ大型展示の失敗を明かし「直したかった」と本音も!?【レポート】

2018/8/21



 人気漫画家・荒木飛呂彦が描く『ジョジョの奇妙な冒険』の世界を、巨大なアートで楽しむ展覧会「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が、東京・国立新美術館企画展示室で8月24日(金)〜10月1日(月)に開催。8月21日に行われた内覧会に、荒木氏が登壇。展覧会のために描き下ろされた高さ2メートルの大型原画12枚をバックに、囲み取材が行われた。

 展覧会の目玉でもある大型原画について荒木氏は「見ている私たちの世界と、キャラクターの世界を同じ空間に存在させたいと思った。人間の目線で見て、一体化させたいと思って描きました」と、創作の目的について明かした。また、描くキャラクターを選んだ基準については「読者人気ではなく、単純にシルエットで選びました。髪型や帽子を被っているかとか、ファッションが被らないように構成しました」と語った。

 その上で「ちょっと失敗したところがあって。DIOの背景の色が濃過ぎました。創作中は気づかなかったのですが、国立新美術館の照明の下で見ると『濃いな〜』と。直したかったです」と自ら明かし、悔しさを滲ませつつも「原画はライブなので」とコメント。

 展覧会では、肉筆原画や関係資料のほか、美術家・彫刻家の小谷元彦氏、デザイナーの森永邦彦氏、ビジュアルデザインスタジオ・WOWとのコラボレーション作品も展示。『ジョジョの奇妙な冒険』の30年の歩みを辿るコーナーや、主人公とライバルの関係にスポットを当てたコーナー、スタンドに焦点を当てた展示から目の覚めるような色使いでポップに彩られたスポットまで、作品の魅力を余すところなく堪能できる展覧会に。また、漫画家・荒木氏の発想や手法、印象的なポージングの秘密に迫るコーナーもあるので、『ジョジョ』ファンのみならず、漫画好き、アート好きの視点から見ても満足できる内容になっている。










[開催概要] ■東京会場
展覧会名 : 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 
会期:2018年8月24日(金)~10月1日(月)[34日間]
★プレビューデイ 2018年8月22日(水)、8月23日(木)
休館日 : 毎週火曜日
開館時間 :10:00~18:00(毎週金・土曜日は21:00まで) ※最終入場は閉館の30分前まで 
 会 場: 国立新美術館 企画展示室2E (東京・六本木)
主 催:国立新美術館、集英社
協  賛:NTTドコモ、大日本印刷、ローソンチケット 
協  力:NTTコミュニケーションズ、日立コンシューマ・マーケティング
お問合わせ: 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

■大阪会場
展覧会名 : 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋
会 期 : 2018年11月25日(日)~2019年1月14日(月) [51日間] ※会期中無休
★プレビューデイ 2018年11月23日(金・祝)、11月24日(土)
開館時間 : 10:00~20:00※最終入場は閉館の30分前まで
会 場 : 大阪文化館・天保山 (海遊館となり)
主 催:集英社
協 賛 : NTTドコモ、大日本印刷、ローソンチケット
お問合わせ: 050-5542-8600 (ハローダイヤル) (全日8:00-22:00) ※2018年11月20日(火)まで対応

 (c)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社



PAGETOP