超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】まさしく“愛!”に溢れた『機動戦士ガンダム00』放送10周年記念イベント昼公演 -新たなガンダムマイスターの誕生、「俺たちがガンダムだ!」

2018/4/16


 『機動戦士ガンダム00』の放送10周年を記念して行われるイベント「ガンダム00 Festival 10 “Re:vision”」が2018年4月14日(土)に幕張イベントホールにて行われた。超! アニメディアでは新たな機体やキャラクターの存在が明らかとなり、舞台化の発表なども行われた本イベント昼公演の模様をレポートする。

新たなガンダムマイスターたちを迎えたソレスタルビーイング
 「ガンダム00 Festival 10 “Re:vision”」は不朽のロボットアニメ「ガンダムシリーズ」のひとつである『機動戦士ガンダム00』(以下、ダブルオー)の放送10周年を記念して行われたアニバーサリーイベント。刹那・F・セイエイ役の宮野真守、ロックオン・ストラトス役の三木眞一郎、アレルヤ・ハプティズム役の吉野裕行、ティエリア・アーデ役の神谷浩史、グラハム・エーカー/ミスター・ブシドー役の中村悠一、沙慈・クロスロード役の入野自由のほか、作品の主題歌を担当した「THE BACK HORN」も出演した。

 イベントは2部制で構成され、1部では『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer』(以下、劇場版ダブルオー)の後日談を描いたリーディングライブ、2部では10周年を振り返るトークや「THE BACK HORN」によるライブが行われた。

 1部のリーディングライブでは、水島精二監督監修、黒田洋介氏が書きおろした『劇場版ダブルオー』の後日談を描いた物語を展開。出演キャストそれぞれによる朗読と併せて、オーケストラによる劇伴や主題歌の演奏、またGN粒子を彷彿とさせる光の演出が会場を包み込み、『ダブルオー』の世界を作り上げた。重厚なサウンド、また技術を駆使した演出は、「アニバーサリー」を飾るに相応しく、また「ただのイベントでは終わらせない」というスタッフの“愛”もひしひしと感じられた。

続きを読む



PAGETOP