超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『アンジュ・ヴィエルジュ~ガールズバトル~』4周年スペシャル感謝ステージのオフィシャルレポートが到着!

2017/12/12


 12月3日(日)に新宿「LUMINE 0(ルミネゼロ)」で開催されたオフラインイベント“f4ファンフェスティバル(以下、f4ファンフェス)にて『アンジュ・ヴィエルジュ~ガールズバトル~』4周年スペシャル感謝ステージが行われた。超! アニメディアでは到着したオフィシャルレポートを紹介する。

(左から)生田善子、相坂優歌、中上育実、小見川千明

 『アンジュ・ヴィエルジュ~ガールズバトル~』は、セガが贈るスマートフォン向け学園美少女バトルRPG。不思議な力【異能(エクシード)】をもった美少女たち(プログレス)と彼女たちの戦いをサポートするαドライバーであるアナタ(ユーザー)との絆を描くメインストーリーや、ユーザー同士がチームを組みサークル対抗で頂点を目指す多人数同時対戦が特徴である。また、2016年の夏には、KADOKAWAとセガの共同原作によるアニメが放送された他、コミック・グッズなども幅広く展開しているメディアミックスプロジェクトで、今年4周年を迎えたコンテンツだ。

 今回の4周年スペシャル感謝ステージでは、まず、声優の相坂優歌、中上育実、生田善子が登壇。『アンジュ・ヴィエルジュ~ガールズバトル~』の楽しみ方をそれぞれが紹介した。その中で生田は好きなキャラクターを聞かれ「アウロラさまが好き!あのお尻のフォルムが最高で(笑)。」とコメント。出演者もゲームを深く楽しんでいることがうかがえるエピソードを披露した。

 続いて、4周年ということで、過去のイベントやイラスト、映像を振り返るVTRなどを見ながら、登壇者が今までの思い出を振り返る。トークの最中、新田由美役の小見川千明が影ナレで割り込んだ後に舞台へ登場、ステージ上はもちろん、客席含めて、大いに盛り上がった。

 その後、小見川を含めたメンバーでイベントは進み、「10分で振り返る 風紀委員の4年間!」と題した、この4年間を振り返るアフレコを相坂、中上、生田、小見川が実施。後半は映像を見ながら、それぞれが感想などをキャラクターボイスで述べた。また、この日のために書き下ろしたというオリジナル脚本によるスペシャルアフレコも実施。「アドリブもありましたが(笑)、皆様が楽しんでもらえたようでよかったです!」と相坂は客席のリアクションを踏まえてコメントした。

 そして『4周年振り返り アンジュ・ヴィエルジュ ソングコレクション』と題して、相坂が「Link of Destiny」と新曲「HARMONIZE」を、生田が「Memoria」を、4人全員で「TearsBreaker」をステージ上で歌唱し、会場は熱気に包まれた。

 イベントの最後、中上は「子供を2人生んで、歌や踊りをさせていただけるのも『アンジュ』のおかけです(笑)、本当にありがとうございます!」と心境を吐露。終始盛り上がったままイベントは終了した。



PAGETOP