超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『マブラヴ』シリーズの出演者と原作者が「東京ゲームショウ2017」に登場! avex × age トークイベント「未来への彷徨」

2017/10/14


_mg_5189

 2017年9月24日、ゲーム会社のâge(アージュ)と、アージュ作品のアニメ化を担当してきたエイベックスによるトークイベントが、東京ゲームショウ2017のエイベックスブースで開催された。出演者は『マブラヴ』シリーズの原作者である吉宗鋼紀、声優の生天目仁美(『マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス』クリスカ役)、山本希望(『シュヴァルツェスマーケン』アイリスディーナ役)。MCはエイベックスピクチャーズのプロデューサーを務める田中宏幸が担当した。
「総員、傾注!」の掛け声と共に登場した山本は「久しぶりにアイリスディーナの名前を口にすることができてうれしい」と感激しながら「これからどんどんなつかしいワードを言っていきます」と意気込んだ。生天目は「私はクリスカも好きなんですが、個人的には紅の姉妹としてコンビを組んでいるイーニァがかわいくて仕方ないんです」と作品への思い入れをさっそく語っていた。
 このイベントに先立ち、アージュのホームページでは約1500人のファンを対象にアンケートを実施。ファンから寄せられた質問に答えるコーナーでは「もし『トータル・イクリプス』のファンディスクが制作されるなら、どんなシーンを見たい?」という質問に対して、生天目は「ファンの方々はクリスカとイーニャの触れ合いを見たいと思うので、2人が一緒に旅行したりお風呂に入ったりするシーンをVR(動画)で観たい」と回答。それを聞いた山本が「もしVRでアイリスディーナの目線になったら胸元が見えてすごいと思う」と続くと会場は笑いに包まれた。山本は「今後のアージュに傾注しほ欲しいと思うこと」を聞かれると「『シュヴァルツェスマーケン』のテオドールとカティアが今後どうなるのか気になるので、またアニメ化しないかな」と期待していた。
 アンケートの約半数が海外からの返答ということも明らかにされ、吉宗は「以前、上海のゲームイベントでファンと交流したとき「中国人のキャラがお団子にチャイナ服ではないところがいい」や「共産党の描き方がリアル」など、ものすごくちゃんと見ていることがわかる感想を聞かせてくれた」と、海外からの熱心な応援に感謝していた。そして最後に吉宗氏が「『君が望む永遠』以降、アージュのアニメを支えてくださっているエイベックスさんと一緒に今後も頑張りますので期待してください」とファンに挨拶すると、大きな拍手が巻き起こり、イベントは幕を閉じた。

_mg_5184 _mg_5210

_mg_5159

<開催概要>
■avex × âge トークイベント「未来への彷徨」
日程:2017年9月24日(日)
開催時間:16:00〜16:45
会場:東京ゲームショウ・エイベックスブース
出演:吉宗鋼紀、田中宏幸、生天目仁美、山本希望

株式会社アージュオフィシャルWEBサイト
http://www.age-soft.co.jp/



PAGETOP