“クリスマス”アニメといえば?「東京ゴッドファーザーズ」や「School Days」、「アイカツ!」“斧”シーンも人気!「毎年見たくなる」【#クリスマスツリーの日】 | 超!アニメディア

“クリスマス”アニメといえば?「東京ゴッドファーザーズ」や「School Days」、「アイカツ!」“斧”シーンも人気!「毎年見たくなる」【#クリスマスツリーの日】

アニメ!アニメ!では「“クリスマス”アニメといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。

ニュース
注目記事
『東京ゴッドファーザーズ』(C)2003 今 敏・マッドハウス/東京ゴッドファーザーズ製作委員会
  • 『東京ゴッドファーザーズ』(C)2003 今 敏・マッドハウス/東京ゴッドファーザーズ製作委員会
  • 『涼宮ハルヒの消失』(C)2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団
  • 世界名作劇場『フランダースの犬』(C)NIPPON ANIMATION CO., LTD.
  • 「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(C)創通・サンライズ
  • 『妖怪ウォッチ♪』(c)LEVEL-5/妖怪ウォッチ♪プロジェクト・テレビ東京
  • 『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021
  • 「アイカツ!」(C)SUNRISE/BANDAI,DENTSU,TV TOKYO
  • 『銀魂 THE FINAL』ポスタービジュアル(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
12月7日は「クリスマスツリーの日」。

1886年の同日に、横浜の明治屋が日本初のクリスマスツリーを飾ったことが由来の記念日です。

アニメ!アニメ!読者の中にはクリスマスと聞いて思い出すアニメがある人も多いのではないでしょうか。クリスマスを題材にしていたり、サンタクロースが登場するエピソードがあったり、クリスマスの時期を描いた物語だったり……。

そこで今回は「“クリスマス”アニメといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。11月17日から11月24日までのアンケート期間中に63人から回答を得ました。
男女比は男性約30パーセント、女性約70パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。

■往年の名作から人気シリーズまで 多彩なタイトルが登場!


今回のアンケートではクリスマスの日の出来事を描いた作品に投票が集まりました。
たとえば『東京ゴッドファーザーズ』はホームレスの3人組がクリスマスの日に赤ちゃんを拾ったことから始まるハートフルコメディです。
「クリスマスといえば毎年この作品を見たくなります。訳ありホームレスと赤ちゃんが巻き起こす、笑いあり涙ありの小さな奇跡の物語がとても素敵でした」や「報われない境遇の主人公たちに起こる奇跡。この時期の特別感もあって楽しいクリスマスアニメの代表作です」といったコメントが寄せられており、日本はもちろん海外でも高い人気を誇ります。


ちなみに『東京ゴッドファーザーズ』は、BS12トゥエルビ「日曜アニメ劇場」にて12月19日より放送され、クリスマス・イブの12月24日には一夜限りで東京・大阪・名古屋にて同時上映するという特別企画も実施されます。



『涼宮ハルヒの憂鬱』の映画『涼宮ハルヒの消失』はクリスマス直前に大事件が起こる物語。「ラストの雪のシーンの作画がとにかく綺麗! ハラハラする展開の後の静かな雪降る夜のシーンは、ゆっくり時間が流れている様で余韻がすごいです」と物語と雪の美しさに感動したという読者が目立ちました。

■クリスマスは“クライマック”の舞台にもなる


クリスマスは最終話の舞台になることも多く、『フランダースの犬』には「誰もが知るクライマックス。アントワープの大聖堂で、凍えたネロとパトラッシュが天使たちに導かれて昇天するシーンがクリスマスイブだから」。


『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』には「サンタや雪だるまのバルーンを囮に使う戦闘シーンが秀逸。ほかのシリーズと一線を画す子どもと軍人の交流を描いた切ないストーリーにも涙しました」との声が寄せられました。



また『School Days』もクリスマスが描かれた作品ですが、こちらは「ABEMAで毎年クリスマス一挙放送をしているから」と少し変わった理由で投票が。動画配信サービスのABEMAでは2016年から毎年クリスマスの時期に全話一挙配信をしていることから印象に残っているファンが多いようです。

■特別な“クリスマス回”が思い出に♪


さらに長期シリーズのクリスマス回に触れた読者も。
『妖怪ウォッチ』には「妖怪たちがサンタクロースをお手伝いするサンタ当番のエピソードがあるので、“今年は誰かな~”とワクワクしています!」。『ドラえもん』には「クリスマスがテーマにした素敵な話がいくつもありますが、通勤が大変なパパへのクリスマスプレゼントとして地下鉄を作ってあげる話が好きです」。


『アイカツ!』には「シリーズを通して毎年クリスマス回があり、クリスマスにだけ聞けるステージ曲も。主人公のいちごちゃんが斧で木を伐採するのはあまりに有名で、クリスマス回での学園の伝統になっていきます」。


『銀魂』には「クリスマスシーズンになると、さまざまなネタを繰り広げていて面白かった。とくに200話『サンタクロースの赤は血の色』は、今まで家にサンタが来なかった神楽を喜ばせようとする、すごくいい話!」と、1年を通して放送するタイトルならではの季節感のあるエピソードを堪能したというコメントが届きました。

“クリスマス”アニメもバラエティ豊かなことが再確認できる結果となっています。下記には投票があった全タイトルを公開中です。こちらもぜひご確認ください!

■投票があったタイトルを全公開


[“クリスマス”アニメといえば?]
『アイカツ!』
『アナと雪の女王』
『うた∽かた』
『おそ松さん』
『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』
『きかんしゃトーマス』
『クリスマス・キャロル』
『けいおん!』
『スノーマン』
『それいけ!アンパンマン』(『アンパンマンとクリスマスの星』)
『デュラララ!!』
『ドラえもん』
『とらドラ!』
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』
『ニセコイ』
『フランダースの犬』
『まじっく快斗』
『ゆるキャン△』
『ユーリ!!! on ICE』
『ラブライブ!サンシャイン!!』
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』
『銀魂』
『黒子のバスケ』
『小林さんちのメイドラゴン』
『斉木楠雄のΨ難』
『少年ハリウッド』
『涼宮ハルヒの憂鬱』(『涼宮ハルヒの消失』)
『生徒会役員共』
『東京ゴッドファーザーズ』
『虹色デイズ』
『美男高校地球防衛部LOVE!』
『僕のヒーローアカデミア』
『妖怪ウォッチ』
『Dr.STONE』
『Kanon』
『School Days』
『3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?』

(回答期間:2021年11月17日~11月24日)


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。
《高橋克則》