アニメシリーズの有終の美を飾る『劇場版』を!『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』名和宗則監督インタビュー | 超!アニメディア

アニメシリーズの有終の美を飾る『劇場版』を!『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』名和宗則監督インタビュー

メガミマガジン10月号では現在公開中の『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』を巻末大特集。『劇場版』の解説から盛りだくさんインタビューまで、『きんモザ』を愛するすべての人に贈る集大成的な内容です。ここでは名和宗則監督へのインタビューを紹介。

ニュース
注目記事
アニメシリーズの有終の美を飾る『劇場版』を!『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』名和宗則監督インタビュー
  • アニメシリーズの有終の美を飾る『劇場版』を!『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』名和宗則監督インタビュー
  • アニメシリーズの有終の美を飾る『劇場版』を!『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』名和宗則監督インタビュー

アニメ・ゲーム美少女キャラクター情報誌「メガミマガジン」。発売中の10月号では現在公開中の『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』を巻末大特集。『劇場版』の解説から盛りだくさんインタビューまで、『きんモザ』を愛するすべての人に贈る集大成的な内容です。ここでは名和宗則監督へのインタビューの一部を抜粋して紹介。シリーズを率いた天衝監督から引き継ぎ『劇場版』の監督を務めることに対する思いをうかがいました。

天衝監督から引き継いだアニメ版『きんモザ』最終章

――監督のところに『劇場版「きんいろモザイクThank You!!」』の話があったのはいつ頃ですか?

 『劇場版』の話を最初に聞いたのは、2019年の3月くらい。でもこのときは「『劇場版』が動くので身体をあけておいてください」という前フリ段階だったんですよ。紆余曲折あって前任の天衝監督のスケジュールが合わないということで、僕に正式に監督としてお話があったのは8月ですね。

――時期的にいうと原作の終わりが見えてきたころでしょうか。 

 そうですね。前フリの段階では「また『きんモザ』のアニメが作れるんだ。それはぜひやりたい」という素直な感想だったんですけど、8月になって「今回は監督として入ってもらいたい」と言われたときは、さすがにちょっとプレッシャーがありました。テレビシリーズは天衝監督が形作ってきた部分が大きいので、それを引き継ぐとなるとね。

――テレビシリーズの第2期からは副監督を務めていましたが、そのときは主にどのようなことを担当していたのですか?

 基本的にシナリオと絵コンテに関しては天衝監督がチェックされていて、僕は各話の演出打ち合わせから立ち会うようになっていました。ようは、監督のやりたいことを理解して、それを現場に伝えていくという、チェック機関みたいな感じです。なので天衝監督がこれまで『きんモザ』で作り上げてきたこと、やりたかったことはわかっているので、自分が監督になったからといってそれまでの形を崩したりせず、『劇場版』でも引き継ぎました。アニメ『きんモザ』は、天衝監督が作った形あってのものだし、それをずっと楽しんでこられたファンの方々の目線もありますので、ここでいきなり全然違う絵作りだったり、シナリオだったりをすると、ファンを裏切ることになってしまう。ファン目線を第一に「何を求められているか」を考えて、作っていこうと思いました。

――『劇場版』では「受験」と「卒業」が物語の主軸になっていますが、それはどのような理由からなのでしょう?

 「結果そうなった」というところですね(笑)。今回の劇場版の基本コンセプトは、「原作が終了した以上、アニメもおそらくこれが最後だろう」ということで、有終の美を飾ることが目的だったので、「原作の物語のラストを描く」という形はどうしても外せない。そうするとおのずと受験や卒業といった話が中心になってくる。前の劇場版『Pretty Days』で中学受験の話をしているので、受験ネタがかぶってしまうんですけど、そこはさけられなかった。ただそうはいっても、『きんモザ』は、あまり重い話によりすぎないで、どちらかというと日常のわちゃわちゃした雰囲気が本質だと思っているので、『劇場版』を作るにあたっては、前半部分に修学旅行や日常のエピソードを割り振ってバランスをとりました。

――原作の原先生とは打ち合わせをしたのでしょうか?

 原先生からのご要望に関しては委員会を通して現場に降りてくる形になっていたんですが、事前に直接お話を聞くということはなかったですね。脚本や絵コンテが上がるたびにチェックしていただいて、それを現場で反映するという流れでした。でもとくに原先生から何か言われたということはなかったと思います。「現場にお任せします」という感じの方なので。テレビシリーズをやっていたときは、原作の担当編集の方からもご意見をいただいて作り上げていたんですけど、今回は大きな指摘はなかったかなぁ。 

名和宗則(なわ・むねのり)アニメーター、監督、演出家。主な監督作は『乃木坂春香の秘密』『紅殻のパンドラ』『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』など。『ハロー!!きんいろモザイク』『きんいろモザイクPretty Days』では副監督を務めた。
メガミマガジン10月号本誌ではこのインタビューの長文版を紹介。さらに、大宮忍役の西明日香さん、アリス・カータレット役の田中真奈美さんのインタビューも掲載しています。詳しくはメガミマガジン10月号をチェック!

メガミマガジン10月号の購入こちら
※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部が超!アニメディアに還元されることがあります

【作品概要】
劇場版「きんいろモザイクThank you!!」全国劇場にて公開中

STAFF……
原作/原悠衣(芳文社刊「まんがタイムKRコミックス」)
監督/名和宗則 副監督/山本天志 脚本/綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン/植田和幸 
総作画監督/植田和幸、小関雅、山内尚樹
音楽/川田瑠夏 音楽制作/フライングドッグ 
アニメーション制作/Studio五組、AXsiZ

C A S T……
大宮忍/西明日香 アリス・カータレット/田中真奈美 
小路綾/種田梨沙 猪熊陽子/内山夕実 九条カレン/東山奈央
大宮勇/田村ゆかり 松原穂乃花/諏訪彩花 
日暮香奈/中津真莉 烏丸さくら(烏丸先生)/佐藤聡美 
久世橋朱里(久世橋先生)/大西沙織 猪熊空太/潘めぐみ 
猪熊美月/村川梨衣 アリスのママ/大原さやか 
カレンのママ/木村亜希子 日暮比奈/奥井ゆうこ ほか

(C)原悠衣・芳文社/劇場版きんいろモザイクThank you!!製作委員会

《メガミマガジン編集部》

編集部おすすめのニュース

特集