ロシア語でデレる隣のアーリャさんがVtuberに!記念番組には上坂すみれ・天﨑滉平が声で出演 | 超!アニメディア

ロシア語でデレる隣のアーリャさんがVtuberに!記念番組には上坂すみれ・天﨑滉平が声で出演

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2』が2021年7月30日(金)に発売。発売にあたり、『ロシデレ』のヒロイン・アーリャのVtuber化が決定し、7月29日に記念番組がプレミア公開されることが明らかとなった。

ニュース
注目記事
時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん
  • 時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん
  • 【初めまして】ロシアンJKアーリャです!【新人Vtuber!?】
  • 井上伸一郎
  • 時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2
  • 時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん1

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2』(以下、『ロシデレ』)が2021年7月30日(金)に発売。発売にあたり、『ロシデレ』のヒロイン・アーリャのVtuber化が決定し、7月29日に記念番組がプレミア公開されることが明らかとなった。

 本作は、実はロシア語リスニングがネイティブレベルの久瀬政近と、そんな事とは露知らず隣の席で甘々なロシア語でデレてくる超ハイスペックなロシアンJKアーリャさんとの青春ラブコメディ。2021年​2月末に発売された小説1巻目は、【2020年度紙本ライトノベル新作売上&ラブコメ新作電子書籍初速DL数歴代 第1位】を獲得(※1)。2021年7月30日発売の『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2』も、2003年に発売された小説『涼宮ハルヒの溜息』(著:谷川流/角川スニーカー文庫)と同じ初版発行部数での制作刊行が決定している期待の作品である。

 この度、小説最新刊発売を記念して、『ロシデレ』ヒロイン・アーリャが早くもVTuberとなって登場。2巻で進展する"会長選"に向け、アーリャが自己アピールを猛特訓。上坂すみれ演じるアーリャがロシア語でデレる掛け合いは必見だ。

番組概要
・番組タイトル:【初めまして】ロシアンJKアーリャです!【新人Vtuber!?】
・公開日:2021年7月29日(木)21時~予定
・声の出演:上坂すみれ(アーリャ役)、天﨑滉平(久瀬政近役)
・公開チャンネル:KADOKAWAanime

★番組続報は『ロシデレ』公式Twitterをフォローしてご確認ください。推奨ハッシュタグは「#アーリャ3D」です。

KADOKAWAの井上伸一郎氏による『ロシデレ』推薦コメントを公開!
『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』に寄せて私の中には「東欧の異邦人への憧れ」が強く存在する。
「ロシデレ」のヒロイン・アーリャはロシアの血を引く美少女で、そんな私の精神を高揚させてくれる存在だ。
教室で隣の席に座る主人公・政近がロシア語を分かるのを知らないで、本心ダダ漏れの独り言をつぶやくという「精神的露出狂?」という設定がむず痒い。
負けず嫌いで、目標に一直線に進むアーリャ。普段は不真面目で冴えないけれど、アーリャの危機には秘めたるスキルを発揮する政近。二人のやりとりは微笑ましい一方で、微かに背徳の香りがするのが、またよろしい。
古今のラブコメ設定をメタ化し、再構築してみせる作者の手腕は見事だが、ことさら才能を振りかざすことなく、エンタメに徹する姿勢も素晴らしい。
「ロシデレ」は半世紀以上の歴史を持つラブコメというジャンルのひとつの到達点だろう。
ぜひご一読ください。

株式会社KADOKAWA エグゼクティブ・フェロー
井上 伸一郎

『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2』書籍情報
著:燦々SUN
イラスト:ももこ
定価:726円(本体660円+税)
発売日:2021年7月30日
発行:KADOKAWA(角川スニーカー文庫)
ISBN:9784041111192

初回紙本限定特典
イラストレーターももこ先生描き下ろしの「猫耳アーリャさん」のイラストを収録した【リバーシブルカバー】仕様となります。購入のご予約はお早めに!(紙本限定となりますのでご注意ください)

(※1)KADOKAWA調べ。集計期間:2020年4月1日~2021年3月31日の30日間販売数 ※電子:2019年9月1日~2021年3月31日の30日間DL数

《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース