『五等分の花嫁』かおり監督インタビュー「風太郎に恋している五つ子たちの魅力をいかに描くかを考えています」 | 超!アニメディア

『五等分の花嫁』かおり監督インタビュー「風太郎に恋している五つ子たちの魅力をいかに描くかを考えています」

1月29日発売のメガミマガジン3月号では『五等分の花嫁∬』が表紙&巻頭特集で登場!かおり監督、シリーズ構成の大知慶一郎さんなどスタッフインタビューを掲載。ここではかおり監督へのインタビューの冒頭を紹介します。

ニュース
注目記事
メガミマガジン3月号の表紙
  • メガミマガジン3月号の表紙
  • インタビュー記事
アニメ・ゲーム美少女キャラクター情報誌「メガミマガジン」。1月29日発売の3月号では『五等分の花嫁∬』が表紙&巻頭特集で登場! 主人公・風太郎と五つ子たちが織りなす恋愛模様が劇的に動いている本作。メガミマガジン3月号本誌ではかおり監督、シリーズ構成の大知慶一郎さん、キャラクターデザイン・総作画監督の勝又聖人さん、小倉充俊プロデューサーのスタッフインタビューを掲載。ここではかおり監督へのインタビューの冒頭を紹介します。

インタビュー記事

現在の画風を反映するためキャラクターデザインを刷新



――かおり監督は第2期からの参加です。『五等分の花嫁』という作品にはどんな印象を持っていましたか?

原作はコミックス第1巻が発売されたときに初めて読んだんですけど、春場ねぎ先生の描く女の子たちがあまりにもかわいいし、お話もテンポがよくて読みやすかったので「これは人気が出そうだな」と感じていたんですよ。そうしたらあっという間に人気になり、テレビアニメ第1期が発表されていたんですよね。当時は第2期の監督のオファーが自分に来るなんて夢にも思っていなかったので、「私の見る目は正しかった!」とのんきに喜んでいました(笑)。

――自分で監督するにあたり、原作の魅力をどのようにアニメに落とし込もうと考えましたか?

まずはキャラクターデザインの刷新を考えました。第1期のキャラクターデザインもすばらしいものだったんですけど、連載初期の春場先生の絵のテイストを強く残したものでした。漫画家の先生は連載が長期に渡るにつれてだんだん絵が洗練されていく傾向がありますけど、個人的には第2期のエピソードが始まるコミックス第5巻以降から、春場先生の現在の画風が確立された時期だと思っているんです。そういった絵柄の変化を出したいと思っていたので、キャラクターデザインをブラッシュアップしたいと私からお願いしました。

――キャラクターデザイン担当の勝又聖人さんとは、どんなやり取りをされたのですか?

勝又さんは『五等分の花嫁』の大ファンということでしたので、春場先生のテイストをよく理解していると思い、基本的には勝又さんのやりたいことを尊重したいと思っていました。もちろん原作のテイストを残したデザインにしてもらうというのは大前提でしたので、瞳の処理や髪のグラデーションなど、細かい処理の仕方については何度も話し合いをしましたね。勝又さんには今回総作画監督もお願いしていたので、私からは原作で印象的な「大ゴマ」を再現するようなシーンは、漫画を読んだときと印象を変えないように意識することをお願いしていました。

――第2期から制作会社が代わりましたが、第1期の要素はどれほど引き継いているのですか?

第1期の制作を担当されていた手塚プロダクションさんには、大変お世話になっています。とくにお世話になったのは、プロップ(小物類など)の設定ですね。五つ子や風太郎の小物周りは第1期の時点で細々としたものまですべて作られていて、第2期制作の際にも設定をお借りしました。本当に助かりましたし、第3話で風太郎が五つ子たちとの思い出を語るシーンでも第1期の素材を使用させていただいています。第2期の制作にあたり新しいものを作りつつ、流用できる素材は使わせていただいていた形ですね。

――ほかに第1期と第2期で、変化をつけた部分は?

『五等分の花嫁』はいわゆる「ラブコメ」作品ですけど、原作では第2期で描くエピソードにあたるコミックス第5巻あたりから、コメディよりも恋愛要素が強くなっていきます。第1期はツンケンしていた五つ子たちが風太郎に心を開いていく過程が見どころだったと思いますけど、第2期は五つ子たちが風太郎に恋をする過程が見どころになっていくので、自分としては「恋愛している女の子」の魅力をいかに描いていくかを考えていました。こういう恋愛ものの作品で監督をするのは初めてだったんですけど、個人的には恋愛って友情の延長線上にあると考えていて、「誰かを思う気持ちを描く」ことについてはこれまで監督してきた作品でもやってきたことだったので、とくに不安はありませんでしたね。

メガミマガジン3月号では誌面でしか見られない五つ子の私服の設定画やキャスト&スタッフインタビューを交えながら、五つ子たちの現在の風太郎に対する想いの深さを分析しています。また上杉風太郎役の松岡禎丞さん、中野一花役の花澤香菜さん、中野四葉役の佐倉綾音さんへのインタビューに加え、中野二乃役の竹達彩奈さん、中野三玖役の伊藤美来さん、中野五月役の水瀬いのりさんの座談会も紹介しています。

■プロフィール
かおり●フリーのアニメーション監督・演出家・アニメーター。監督としてのほかの代表作は、『ゆゆ式』、『ミイラの飼い方』、『えんどろ~!』など。

メガミマガジン3月号はこちらから購入できます。
※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部が超!アニメディアに還元されることがあります

【作品概要】
五等分の花嫁∬
TBSほかにて放映中
毎週木曜日深夜1時28分~
STAFF……原作/春場ねぎ(講談社刊「週刊少年マガジン」連載) 監督/かおり シリーズ構成/大知慶一郎 キャラクターデザイン・総作画監督/勝又聖人 音楽/中村巴奈重、櫻井美希 アニメーション制作/バイブリーアニメーションスタジオ
CAST……上杉風太郎/松岡禎丞 中野一花/花澤香菜 中野二乃/竹達彩奈 中野三玖/伊藤美来 中野四葉/佐倉綾音 中野五月/水瀬いのり ほか

(C)春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∬」製作委員会
《メガミマガジン編集部》

編集部おすすめのニュース

特集