山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】 | 超!アニメディア

山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】

TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』が、いよいよスタートした。他人が苦手なミステリー作家・朏素晴と世話焼きな野良猫のハル。1人と1匹のそれぞれの視点で描かれる温かな物語について、猫・ハル役の山崎はるかと、素晴が …

ニュース
注目記事
DSCN1981
  • DSCN1981
  • 山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】
  • 山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】
  • 山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】
  • 山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】
  • 山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】
  • 山崎はるか&安済知佳の猫愛対談!TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』のオススメは津田健次郎演じる猫の“シブ可愛さ”!?【インタビュー】

 TVアニメ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』が、いよいよスタートした。他人が苦手なミステリー作家・朏素晴と世話焼きな野良猫のハル。1人と1匹のそれぞれの視点で描かれる温かな物語について、猫・ハル役の山崎はるかと、素晴が出会うペットショップの店員・押守なな役の安済知佳が、作品の魅力について語ってくれた。ふたりから溢れ出る“猫愛”にも注目だ!


――原作を読んだ感想を教えてください。

安済 温かいだけじゃなく、ちょっと切ないですね。猫に癒されながらも、素晴の気持ちの浮き沈みに引っ張られるといいますか。絵に温かみがあるので、すごく引き込まれるバランスだなと思いました。

山崎 確かに。ハル目線でもしんみりするところはあるので、可愛さやほのぼのだけじゃない部分もあるのがリアルで共感しますね。

安済 (素晴とハルは)似た者同士が出会ったというか。

山崎 ひとりぼっちの二人が出会ったので、そのふわふわした可愛らしさだけじゃないところが、引き込まれるところじゃないかと。

安済 私、実家に猫3匹いるんですけど、静止画なのに猫の動きがリアルで、「あ、わかる。この関節の動き方!」みたいな(笑)。このポーズするなっていう描写が細かく描かれていて、そういう部分に癒されたり、感動したりしていました。

山崎 「落ち着かなくちゃ」って言って、体を舐めているところとか、こういう描写は猫を飼っている方ならわかっていただけると思います。普通にグルーミングしているんじゃなく、落ち着きたくてやっているというパートが漫画でも描かれていて、「うちの子もやるやる!」って思いました。

――演じるキャラクターについて、演じた印象や共感するところはありますか?

安済 オーディションで最初に受けたのが、ハルだったんですよ。私は本当に猫が大好きで、実家の猫に何かあったら私の命も尽きるんじゃっていうくらい愛しまくっていて(笑)、猫のことを知っているつもりだったのに、全然演じられなくて……。猫が大好きだけど、猫は演じられないんだということに、気づかせていただいた作品です(笑)。その後で、「なな役のオーディションを受けさせていただいたのですが、猫に対する愛が共感しやすかったのもあって、すごく演じやすかったです。ななのように、優しくておっとりした母性の溢れた女性を演じたことがなかったので、私にとっては初めての挑戦ですが、ななの気持ちが自分の経験と合わさって、自分も知らなかった母性が出てくるイメージです(笑)。あと、弟の優伍に対しても優しくて、温かで、ネガティブな要素のない女性だなと。そのうえ、するすると人の気持ちに入っていくというか、意外とコミュニケーション能力が高いなという印象を演じていて抱きました。

山崎 ハルちゃんは、最初は可愛いイメージが強かったのですが、演じてみたら思ったより“野良感”が強くて。怖いことがあっても「ビビってないからね」って強がっているところや、「生きる」ために食べられる時に「ちゃんとご飯を食べないと」と思っているところだったり、外敵が来たときに自分より弱い子を守ろうとしつつ「自分も気をつけなきゃ」と警戒するところとか。素晴に拾われた時も留まる気持ちがなかったり、可愛いだけじゃなく野良心の強さがあるなと思いました。演じるときも、強く出るところは強く出て、怖くても絶対負けない強がりな部分は大事にしています。それと、強さだけじゃなく、ご飯を出されたときの嬉しすぎてテンションが上がり言葉にならない感じなど、コロコロと表情が変わる印象があります。

――ハルに共感する部分はありますか?

山崎 私もご飯でテンション上がるんです(笑)。美味しいものをご馳走になる機会があるとテンションが上がるので、そういうところは、ハルちゃんと一緒だなと。でも私は怖がりなので、怖いものには立ち向かわないですけど。そこは、ハルちゃんのすごいところだと思います。

――お互いに見て、役と似てる部分はありますか?

山崎 安済さんは、ななちゃんっぽいところ、結構ありますよ。

安済 本当!?

山崎 安済さん自身は大人っぽくて、サバサバしたお姉さんタイプの方なのですが、接しやすさが似ていると思います。私は人見知りなところがあるので、とても話しやすい方だなと。それから、“猫愛”みたいなものが、ななちゃんも安済さんも側から見ていてわかるというか(笑)。あと、母性とは違うかもしれないけど、後輩への優しさ、面倒見の良さが、ななちゃんに似てます。

安済 ありがとう。猫と人間の共通点……(笑)。私がオーディションでハルを演じたとき、野良の警戒心を出しながら可愛さも出すというのが難しくて。猫って意識して可愛くしているわけではないじゃないですか。それを素で出せるのは、ぴょんちゃん(山崎)も無理に可愛くしようとしないのに可愛いからなのかな。ぴょんちゃん、猫っぽい顔してるし、愛されキャラなところが似てると思います。


猫好きが集まるアフレコ現場では猫話に夢中!


――先程から“猫愛”が十分伝わってきますが、猫のどんなところが好きですか?

安済 偶然なのですがメインキャストのほとんどの方が、猫を飼った経験があったんです。それで芝居に猫への愛が滲むのかなと思って。私も素晴のように猫の行動について考えるんですけど、猫たちは全然違うことを考えているんじゃないかというすれ違いがいいのかな。ツンデレな感じで、愛がちょうどいい。

山崎 犬はもっとわかりやすいよね。でも猫は、ツンとしてるかと思ったら、めちゃくちゃ頭を押し付けてきたり……。

安済 あとは見た目。

山崎 顔というか、フォルムがふわふわしてるところとか。

安済 ちょっと神聖な感じがしませんか? 神様っぽい、神秘的な感じがあって、でも愛らしくて。

山崎 気取っているのに舌をしまい忘れてたり、ちょっと抜けたところも可愛い。

安済 すごくスヤスヤ寝ていて、ビクッと起きて、取り繕ってるところも。基本強がりなんですかね、犬と比べると。強がりでけなげなところが可愛いですね。

山崎 「怖くないもん!」と強がっている感じの動きが、可愛いなと思いますね。

――このままだと、朝まで猫トークになりそうですが(笑)、猫好きが集まるアフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

山崎 ほのぼのしてますね。

安済 そう。あと、自分家の猫自慢が始まりますよね。「これ可愛いでしょ」って写真を見せたり(笑)。

山崎 いろんな方の猫写真、見ましたね(笑)。他にも、猫に関するアプリの話をしたり。

安済 猫の話が中心になりますね。

山崎 私は自宅で飼っているけど、実家で飼っていて離れて暮らしてる方は、ハルちゃんや猫たちが動くと「ああ、会いたい」って。

安済 私、本当にそう。

山崎 小野(賢章)さんも実家で飼っているらしく、「すごく、会いたい」って呟いていて。

安済 みんな会いたがっていますね。和気あいあいと、猫愛に溢れた現場です(笑)。

――ご自身の役以外で、気になるキャラクターはいますか?

安済山崎 (ななが飼っている猫の)ロクかなぁ〜。

山崎 津田(健次郎)さんが演じてるからこそ、ですよね。

安済 渋いのに可愛いんです。津田さんが猫役と聞いて、意外な感じがしましたがぴったりです。街中にもいるじゃないですか。風格があって勝手に「ボス」って名付けたくなるような子が。

山崎 なのに「ゴロニャーン」って言うのは……ぜひアニメで確かめてほしい! ななちゃん大好きな感じとか(笑)。

安済 お家で、ななが帰ってくるのを待っているシーンとか、誰の心にもササると思います。猫を飼おうかなと思ってしまうかも。

山崎 そうですね!ハルは可愛いけど、飼うのは意外と難しそうだから、初心者にはロクがいいかも。

安済 あと、4話に獣医の先生が出てくるのすが、演じている飛田展男さんが素晴らしくて。その獣医さんが「わかる、こういう獣医さん、いる」って思うような演技で。いろんな動物に接してきて、優しさとたくましさを兼ね備えた雰囲気がありました。猫だけでなく、動物を飼ったことのある方にもぜひ見てもらいたいです。

――最後に、読者へメッセージをお願いします。

安済 猫を飼ったことのある方は「あるある」と共感する部分や、「自分家の猫もこうなのかな、ああなのかな」と思いを馳せることができて、改めて猫との生活を見直したり、思い出したりできる、猫との時間がより密になる作品なんじゃないかと。猫を飼っていらっしゃらない方も素晴に共感しながら見ると、猫を飼いたくなるんじゃないかと思います。猫の可愛さはもちろん、素晴とはるの生き様といいますか、ひとりぼっち同士だけど生き方が違ってたりするからこそ補い合って家族になっていく感じを、最後まで見届けていただけたらなと思います。あと、ななが飼っているハチとロクがめちゃくちゃ可愛いので。特に津田さん演じるロクの、渋いのに可愛いところとか。

山崎 アフレコ収録のとき、みんな笑ってましたね(笑)。

安済 そうそう(笑)。こういう子もいるだろうなと想像を掻き立てられるので、ぜひ注目してみていただけたらなと思います。

山崎 作品としても、前半の素晴目線のパート、後半のハル目線のパートで、同じシーン、同じセリフが使われているんですけど、前半パートで「ハルが、何でそんな動きしたんだろう」というのが、後半のパートで答え合わせのようにわかるんです。ハルが走り回って素晴が怒っても、ハルは素晴のために走り回っていたり。原作と同じ構成で、前半パートを見ると後半パートをより楽しめる内容になっています。素晴とハルが徐々に家族になっていく姿が、泣けて笑えて癒されます。猫好きじゃない方にも、ぜひ見てほしいです。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

(プロフィール)
【山崎はるか】6月27日生まれ。神奈川県出身。アーツビジョン所属。主な出演作は『魔法少女サイト』(雫芽さりな)、『アイドルマスター ミリオンライブ!』シリーズ(春日未来)など。
【安済知佳】12月22日生まれ。福井県出身。エイベックス・ピクチャーズ所属。主な出演作は『クズの本懐』(安楽岡花火)、『DOUBLE DECKER!ダグ&キリル』(ケイ)など。


〈TVアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」作品概要〉
AT-X  :毎週水曜 23:30~24:00
【リピート放送】    毎週金曜 15:30~16:00
                           毎週日曜 8:30~9:00
                                  毎週火曜 7:30~8:00
ABCテレビ    :毎週水曜 26:20~26:50
TOKYO MX   :毎週木曜 24:00~24:30
BS11               :毎週木曜 24:30~25:00
先行見逃し配信が決定!
dTV、GYAO!にて見逃し配信同時スタート!
※放送、配信日時は予告無く変更になる可能性がございます。

【イントロダクション】
“癒される” と大反響!
不器用な青年と、一匹の猫がおくる大人気漫画がついにアニメ化決定!
発売後、たちまち重版が決定し、現在もCOMICポラリスにて好評連載中の「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」が待望のTVアニメ化!
他人が苦手で、人見知りの小説家・朏 素晴(みかづき すばる)と過酷なノラ生活を生き抜いてきた猫のハル。
ふとしたきっかけで一人と一匹はいっしょに暮らし始めるが・・・?
日々の暮らしを ひと目線とねこ目線で描き、それぞれの想いが交互に織りなされるストーリーが”心があたたまる“と話題に。
些細な時間を積み重ねて、僕らは「家族」になっていく――
ふたりでみつける幸せ一緒ぐらし。

【スタッフ】
原作:みなつき 漫画:二ツ家あす/COMICポラリス
監督:鈴木薫
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:北尾勝
制作会社:ゼロジー

<公式HP>
http://hizaue.com/

<公式Twitter>
@hizaue_pr

©みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ製作委員会

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集