超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「ひそねとまそたん」第1、2話先行上映会のオフィシャルレポートが到着

2018/4/12



 4月12日より放送が始まる「ひそねとまそたん」、その放送前日にあたる4月11日、本作の1話・2話の先行上映が行われる放送前夜祭が開催された。会場には一足早く本編を観ようと、およそ300名のファンが集結。1話・2話の上映が終わると会場には大きな拍手が!そして、樋口真嗣総監督、甘粕ひそね役の久野美咲、貝崎名緒役の黒沢ともよ、OPテーマ「少女はあの空を渡る」を歌われている、女優・福本莉子が登場。登場するや「担任(教師)の樋口です。」と笑いを誘う総監督。今回、上映直後のトークイベントということもあり、どこか緊張した様子のゲスト達だったが、MCが来場者に作品の感想を尋ねると、客席からは一層大きな拍手が!

 本作はシリーズ構成に「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里氏、アニメーション制作がボンズ、といった日本を代表するクリエイター達が樋口総監督たっての希望で集結した注目作。あらためて完成した1話・2話について、樋口総監督は「嘘でも嬉しいです!一からやらせていただいて、何もないところから本当に皆で作り上げたので。」と、1話・2話が完成した喜びを語った。総監督が気になっていたというひそねの感想について、「気に入ってもらえるかものすごく不安だった。」と話すと、会場からは「良かった!!」と反応が!久野も、「皆さんがひそねをどう思ってくれたのか本当に気になっていたので、好きと言ってくれて、ほっとしました!」と、安堵の表情を浮かべた。また、上映された1話・2話で印象的だったシーンについて、黒沢は「とにもかくにも背景が綺麗で、説得力のある映像に感動しました。」と話し、また福本も「ひそねが初めてまそたんに登場して、まそたんの中から広がる景色がとても綺麗で、感動しました。」と、映像の素晴らしさが印象的だったとコメント。

 そしてここからトークは本作のタイトルにもなっている「ひそね」と「まそたん」についてのトークへ!嘘のつけないあまりマジレスで人を傷つけてしまう甘粕ひそねという一癖あるキャラクーについて、MCからその成立ちについて聞かれると、「こういう子って好きだなと思うんですけど、自分の中に、アニメーションに登場するって女の子はこうだというイメージがありました。」と話す総監督。過去に総監督が手掛けたキャラクターを挙げていると、久野から「ひそねは樋口総監督のタイプなんですか!?」と、鋭い質問が!総監督は照れた様子で、「タイプ、かもしれないですね…こういう人が人生を面白くするんだろうなって。」と明かした。

 また、ひそねに敵対心を抱く貝崎名緒を演じた黒沢は、ひそねについて、「1話・2話のアフレコ当時は、『なんだコイツは!?』と思いましたが、今振り返ると、ひそねのことがすごく好きです。」と話し、会場の笑いを誘った。名緒の魅力について、黒沢は「ヤンキーツインテールがすごく可愛いんですけど、現実に対するもやもやした気持ちを抱えていたり、未だ大人になってない不安定な時期にいる女の子で、けどそこが人間らしくて魅力的だと思います。」と話し、「ひそねも名緒も、アニメじゃないといない女の子だと思うんですよ!それを樋口総監督が描いてくださって、すごく意味のあるものになったと思います。」と魅力について熱く語った。樋口総監督も、「今回プレスコで自由に演じていただいて、絵がなくてやり辛かったかもしれないんですけど、逆に色々なことが表現できたと思っています。その結果、こうして声優さんも思ってくれて、すごく嬉しいですね。」とコメントを。

 続いてトークは「まそたん」の話題に!航空機になるドラゴンという斬新なアイデアについて樋口総監督は、「自衛隊基地の中に入ってはいけない場所とかがあるんですが、あそこに何があるんだろうと思って。例えばドラゴンがいたとして、ドラゴンが本当にいるとしたら、ずっと飛んでいないと代謝熱が下げられないんじゃないかと思って、けど今飛んじゃうとバレちゃうから、コスプレでもさせないといけない。」と、想像したことが現実だったらどうだろう、という発想からまそたんのアイデアが生まれたことを明かした。まそたんについて、「愛しくて愛しくて、しょうがないです。自分を選んでくれた存在って、すごく大切だと思います。」と話す久野。福本も「見ていて落ち着きますよね。可愛くて!」とコメントした。

 そして、OPテーマ「少女はあの空を渡る」について語った福本は「実は、声が出るようにレコーディングの前にジムで走ってからレコーディングに臨みました!」とレコーディング秘話を明かした。さらに「何色にも染まっていない声が欲しかった。」と福本を起用した理由を話す総監督。福本も「ボイトレNGでした」と、トレーニングしていない声でレコーディングに臨んだと次々に裏話が!樋口総監督は、OPテーマを初めて聞いた時、「電車の中で涙が出てしまいました。」と。そしてEDテーマ「Le temps de la rentrée」について、曲を歌ったDパイメンバーの一人、黒沢が総監督に「なんでフランス語の曲にしたんですか!」と聞くと、「…なんかカッコよくない?」と冗談交じりに答える総監督!また、「2話以降もキャラクター、EDテーマのバージョンが変わっていきます!」と総監督が明かすと、会場から感嘆の声が!

 最後に、来場者、そして放送を楽しみにしている人たちへのそれぞれメッセージが。樋口総監督からは、「明日から無料で観られるというに本日は来ていただいて本当にありりがとうございます。幸いなことに、今日は劇場で自分の聞いていただきたい本当の音で観ていただくことができました。ありがとうございます!」 とコメントが。また久野からは「本日はお忙しい中お集まりいただき、本当にありがとうございます。自分がこう演じたいなと思うイメージと、現場で求めていただくイメージが一致していて、声優冥利に尽きる、幸せな現場だなと思っています。本当に素敵な作品です。みなさんの気持ちを裏切らない作品ですので、これからもよろしくお願いいたします。」 と。黒沢は「本当にワクワクする現場で、真剣に作っているからこそ真剣にふざけたり、先輩の姿をみながら演じさせていただいています。」と話し、福本からは「私もひそまその一ファンとして、これからが本当に楽しみです!OPテーマも注目してください。」とメッセージが送られた。

 そして退場間際、久野さんが「あ!私、ガラケーなんです!!」と衝撃の事実を明かしたところでイベント終了の時間に。惜しまれながらも、大きな拍手に見送られながら、会場をあとにした。




<TVアニメ「ひそねとまそたん」情報> 
TOKYO MX にて 2018 年 4 月 12 日(木)24:00~ 
BS フジにて 2018 年 4 月 12 日(木)24:00~ 
岐阜放送にて 2018 年 4 月 12 日(木)24:45~ 放送開始予定 
※放送日時は変更になる場合がございます。

◆ストーリー 
「私は、君とソラを飛ぶ。」甘粕ひそねは、航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人だ。素直すぎて無意識で他人を傷つけるのに 疲れ、任期限定の自衛官を選んだのだ。だが、運命の出逢いが彼女の人生を根底から変える。基地に秘匿された戦闘機に擬態す るドラゴンがひそねを選び、大空高く舞いあがったのだ。こうして「OTF(変態飛翔生体)」であるドラゴンに乗り込む飛行要員が、ひそ ねの仕事になった。国家的な命運を左右するとも言われるドラゴンには、はたしてどんな秘密が隠されているのだろうか……。

◆スタッフ 
原作:BONES・樋口真嗣・岡田麿里 
総監督:樋口真嗣 
監督:小林寛 
シリーズ構成:岡田麿里 
キャラクター原案:青木俊直 
キャラクターデザイン:伊藤嘉之 
メインメカニックデザイン:河森正治 
モンスターコンセプトデザイン:コヤマシゲト 
コンセプトデザイン:okama 
軍事考証:小柳啓伍 
美術デザイン:平澤晃弘 
美術監督:金子雄司 
色彩設計:小針裕子 
撮影監督:佐々木康太 
3DCG 監督:安東容太 
編集:奥田浩史 
音楽:岩崎太整 
音響監督:山田陽 
音響効果:野口透 
アニメーション制作:ボンズ

◆キャスト 
甘粕ひそね(あまかす・ひそね):久野美咲 
 貝崎名緒(かいざき・なお):黒沢ともよ 
 星野絵瑠(ほしの・える):河瀬茉希 
絹番莉々子(きぬつがい・りりこ):新井里美 
 日登美真弓(ひとみ・まゆみ):名塚佳織 
 樋本貞(ひのもと・さだ):朴 璐美 
 小此木榛人(おこのぎ・はると):梶 裕貴 
 財投豊(ざいとう・ゆたか):徳本恭敏 
 柿保令美(かきやす・れみ):釘宮理恵 
 幾嶋博己(いくしま・ひろき):諏訪部順一 
 曽々田弘(そそだ・ひろし):中田譲治 
まそたん:神田松之丞

公式サイト
hisomaso.com

公式Twitter
@hisomaso_anime

(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

 



PAGETOP