超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『メルヘン・メドヘン』日高里菜(リン・デイヴス)&大津愛理(マリヤ・ラスプーチン)の第四話アフレコ後インタビュー公開!

2018/2/6


 放送中のTVアニメ『メルヘン・メドヘン』で日高里菜(リン・デイヴス)&大津愛理(マリヤ・ラスプーチン)が第四話アフレコ後に行ったオフィシャルインタビューが到着したので、ご紹介する。

初めてお会いする方が多かったので
収録はドキドキしましたが、楽しかったです(日高)

――『メルヘン・メドヘン』の最初の印象はいかがでしたか?

日高:童話とか魔法少女って女の子の憧れで、通ってきた道なんです。それが「このキャラクターにはこの物語」って決まっているのが新しいなと思いました。あとは絵もすごくかわいいなって。でも、私が演じているリンちゃんのセリフは、オーディションの段階からすごく黒くて(笑)。こんな可愛いのに腹黒というところに、最初から惹かれていました。なので決まったよと言われたときは、すごく嬉しかったです。

――今日もアフレコを見てても、ピッタリだなと。

日高:それは、喜んで良いのかわからないんですけど(笑)。よく周りからも言われるんですよね、う~ん。

――でもリンはすごく可愛いですよね。

日高:超可愛いんですよ! 見た目も個人的には一番タイプだったので気になっていました。あと、いろんな表情をしてくれるので、演っていても楽しいんですよね。

――大津さんはいかがですか?

大津:日高さんもおっしゃっていたように、個々のキャラクターに物語があてがわれているというところで、その物語の内容にリンクした何かを持っているからこそ、その原書に選ばれてるんだろうなっていうところが面白いなと思いました。私の演じてるマリヤさんは、“善良なるおせっかい”と(資料に)書いてあったんですけど、だから原書が『おおきなかぶ』(ロシアの民話)なんだなってすごく納得したんです。なので日高さんのリンちゃんが、何で『マッチ売りの少女』なのか。そこが気になるというか。

――確かに、そこは気になるところですね。

大津:だって『マッチ売りの少女』って、か弱くて切ない物語なのに、何でリンちゃんが選ばれたのかって、気になりますよね!? 

日高:戦い方も、か弱いとは正反対ですもんね。

大津:毒物出してますからね(笑)。

――何か繋がりがあるのかもですね。ちなみに童話は好きでしたか?

日高:小さいときにいっぱい読んでました。それこそ『マッチ売りの少女』も『シンデレラ』も。タイトルを見るたびに懐かしい!って感じです。

大津:今になって読み返したくなるんですよね。ニコ生でもお話したんですけど、私の役者人生の大元、初めてお芝居に触れたのが『おおきなかぶ』だったので。幼稚園の頃ですけど。

――何役でしたっけ?

大津:かぶです(ドヤッ)

日高:あはははは(笑)。

大津:主役をやりました。しかも立候補して。

日高:自ら。

大津:立候補したけど、クラスの大多数がかぶ役だったから、手を挙げなくてもなれたんですけどね。

――それが今、マリヤに選ばれるわけですから、運命ですよね。

大津:はい。かぶに選ばれた!って思いました。

――やはり喜びも大きかったですか?

大津:私はアニメーションの経験があまりなくて、海外ドラマの吹き替えのお仕事がほとんどだったんです。いつもテロリストを追いかけたり、殺人犯を捕まえたりしていたので、知らず知らずのうちに心がギスギスしてくるんですね。でも今日は、リンちゃんの大暴走はあったけど、基本的には夢と魔法のお話なので、心が洗われました。参加してみて、アニメってキラキラしてるな、もっとやりたいなって思いました。

――アフレコはいかがでしたか?

日高:初めてお会いする方が多かったんですよ。それこそ大津さんもそうですし、他にも初めましての方が多かったので、それはドキドキでした。かつ4話から参加だったので、また違う緊張感があったんです。でも実際に始まったらすごく楽しくて安心しました。これからみんなと頑張れそうだなと思ったし、大津さんが、本当に学級委員長みたいな感じで。

大津:ちょちょちょ! ちょっと待ってください!

日高:いつもテストをやったあとに休憩があって本番があるんですけど、本番前に音響監督さんがディレクションをしてくれるんですね。そのときにブースの外にいる人に「はじまるよー!」って声をかけてたりして、それでみんなが和んで雰囲気が良くなったりしたので、この4話の収録だけでも、大津さんに助けられてるなって思いました。

――大津さんも4話からなんですけど、溶け込んでますよね?

大津:一度ニコ生を挟んで、メインのお三方にはお会いしていたので。

――Lynnさんとはもともと面識があったんですよね?

大津:私の大好きな海外ドラマでヒロインを演じていて、一方的に好きだったんです。それでご一緒したときに、「よろしくお願いします」よりも先に「好きです」って言っちゃって。それこそ葉月ちゃんが静ちゃんに言ったみたいな感じですよね。ちょっと気持ち悪いテンションで言ったんですけど、「ありがとうございます」って大人な感じで返してくれて。そこからちょくちょく吹き替えでもアニメでもご一緒するんですけど、面倒を見てくれている感じです。

――そっちなんですね(笑)。

大津:そっちです。Lynnさんが私の面倒を見てくれてます(笑)。

ロシアにはタチアナちゃんという
めちゃくちゃ可愛い子がいるので、そこは推したい(大津)

――それぞれのキャラクター紹介をしていただきたいのですが、リン・デイヴスは先程から出ていますが、腹黒キャラですね。

日高:そうですね。オーディションときから結構腹黒さを全面に押し出してたんですけど、今日はちょっと抑えめでテストをやっていたら、「もうちょっと出しても大丈夫です」と言われたので、自由にやらせてもらいました。でも、思ったよりも早く性格の悪さを出していたから、逆に良い子なんじゃないかなって思ったんですよね(笑)。ここまで出したら、むしろ裏がないんじゃないかと。あと、戦うときはクールで強い子なので、カッコ良くて凛々しいところも見えたりして嬉しかったです。

大津:マリヤ・ラスプーチンは、先程も言った“善良なるおせっかい”に集約されていると思います。オーディションのときに、もっと軍人度を上げましょうというディレクションがあって、真面目な堅物な子なのかなと思ったので、オーディションのセリフなども自分なりに解釈して今日持ってきました。マリヤは自分で軍人のコスを作っちゃうくらい真面目が振り切ってるんですよね。度が過ぎると何でもおかしくなるじゃないですか。だから真面目過ぎて空回りしているタイプのお姉さんだと思います。そこに集まってくるロシア校の子たちもひと癖ある子たちだと思うので、基本的にはカッコよくなんですけど、仲間とのシーンでは空回っておかしくなっちゃうところもちょいちょい挟んでいけたらいいなと思ってます。

――大津さんと似てますよね?

大津:それ、ディレクターさんにも言われたんですよ! 「大津、ままでやれば大丈夫だから!」って。どういうことなんだろう~、全然さっぱりわからないです(笑)!

日高:でも、確かに面倒見がいい感じがしますよね! キャラクターとどこかしらは似るって言いますし。

――ということは日高さんも腹ぐ…。

大津:可愛らしくて、ふわっとしてるところが似てるんですよね~。

日高:ありがとうございます(笑)、優し~。

――4話で気になったシーンなどはありますか? ほぼ肌色だった気もしますが…。

大津:そこですよね!

日高:湯気が活躍する回ですね。

――戦ってはいたんですけど……。

大津:まぁ、裸(ら)ですよね。

日高:リンちゃんはちゃんとタオル巻いていましたけど。

大津:私は裸(ら)で仁王立ちしてましたから。どう考えてもアウトです。

日高:結構内容としてはシリアスだったんですよね。どうなっちゃうの!?って感じだったじゃないですか。でも、よくよく考えたらお風呂だし……。あと、アフレコ段階ではタイトルが……。

大津:『露天風呂の戦い(仮)』(笑)。

日高:そうそう! まぁそうなんですけど…っていう(笑)。

――正式タイトルは『いるべき場所、帰る場所』です。

日高:めっちゃ良いタイトルになってる(笑)!

大津:すごくシリアスになってる(笑)!

日高:でも、本当に国や人によって目的が全然違うんですよね。全員が目的を果たすためにバトルをしてるんですけど、そういう意味でリンちゃんや他の人たちが何故戦うのかは、ちょっとずつ見えてきたりしたので、大事な回だったと思いました。

――あと、最後の葉月と静のシーンは切なかったですよね?

大津:不器用ですよね、あの2人(興奮)!

日高:静ちゃんは、もう△$×¥○&%(言葉にならない)。

大津:言葉が足りないんですよ、あの子。

日高:でも、表情がつらさや心情を物語ってるんですけど、葉月ちゃんからだと後ろ姿だから見えてないわけじゃないですか! 振り向けばわかるよ~って思いながら。

大津:伝わらないよー、それじゃあ!って。

日高:そういうもどかしさもありつつ、次週が気になりました。

 

――リンちゃんでいうと、カザンさんとはどういう関係なんですか?

日高:私も“まさか”だったんですよ! 台本をいただいてAパートまでは、それこそ敵だと思っていたら裏で繋がっていて。まさかそこまでやってるのかコイツーって思いました(笑)。しかもリンちゃんは態度もめっちゃでかいんですよ。すっごく上からで、すぐ馬鹿にする。いつか誰かにやられるんじゃないかと気が気じゃないんですよね。でもそうやって強気に出るところがアメリカ校ぽいですけど。

――ロシア校はどうですか?

大津:参戦は表明してたけど、基本的には争って勝敗を決めるより手を取り合って、「世界中みんな同志!」みたいな方だと思うんです。なので、彼女がヘクセンナハトで叶えたいことが何なのか、それは大きな謎だと思いました。今後その目的が判明していくと思うんですけど、そこからまた面白くなるんじゃないかなって思います。

――続きがいろいろと気になりますね! 他に見どころのシーンなどはありましたか?

日高:今回、リンちゃんはマッチを使ってたり、戦い方というところでは見どころだったと思います。

大津:でも、ほぼ裸(ら)だったけど……。本来はブーフ・ヒュレをしますからね。だからこの回の見どころとしては、裸(ら)になるんですかね?

日高:裸(ら)にかぎりますね(笑)。

――気になるキャラクターはいますか?

大津:今日、各国の代表以外のキャラクターデザインも見させていただいたんですけど、それもみんな可愛いんですよ。それで言うとうちのロシアにはタチアナちゃんという、めちゃくちゃ可愛い子がいるので、そこは推していきたいなと思ってます。ロシア校の同志はみんなとにかく可愛いです。あと原書に『てぶくろ』という、私が大好きな童話があるんですけど、その原書と契約してる子がワイルド系で…。童話自体は動物たちが落ちた手袋の中に住んでいくという可愛らしいものなんですけど、どうやってリンクしていくのかも気になってます。

日高:私は諸国連合のシャルルちゃんとモリーちゃん。掛け合いがすっっごい可愛かったんです!

大津:おバカ可愛い。

日高:もうそのバカさ加減が見ててほっこりします。

大津:諸国連合は家族ですよね。

日高:そう! 仲間意識も強いし、応援したくなっちゃいますよね。だって飲み物を買いに行くだけで3日かかるんですよ。どういうこと?って思うんですけど(笑)。

大津:世界規模の方向音痴だからね(笑)。

――では最後に、自身のキャラクターにメッセージをお願いします。

日高:私はもう「ほどほどにな」って(笑)。ひとりだけじゃなく、全員が敵になってもおかしくない接し方をしてるので。我慢しろとは言わないけど、やり過ぎないように。でも、やっているほうとして楽しいので、複雑な気持ちなんですけどね(笑)。

大津:じゃあ私も別ベクトルで「ほどほどに…」。彼女は周りが見えなくなっちゃうので、周りを振り回しちゃってるぞって思うんです。ロシア校にはストッパーもきっといると思うので、早くチームメイトと合流してくれたらなと思います。あと、今はリンちゃんがある意味独走状態なので、そこはマリヤさん的にも放っておけないと思うんですよ。誰かがリンちゃんに手を差し出してほしいなって思ってます。それは葉月ちゃんなのかもしれないけど、最終的に大団円になりたいのでマリヤには「あなたならできるから、世界平和を目指して頑張ろう!」って言いたいですね(笑)。

<TVアニメ『メルヘン・メドヘン』情報> 
AT-X 毎週木曜21:00 
(リピート放送:毎週土曜13:00/毎週日曜26:00/毎週火曜29:00) 
TOKYO MX 毎週木曜22:30 
BS11 毎週木曜26:00 
※放送日時は変更になる場合があります。

dアニメストア、AbemaTV、ニコニコ動画、バンダイチャンネルほかにて順次配信決定! 
WEBラジオ「メルヘン・メドヘン 楠木ともりの見習いラジオ」配信中 
音泉ほかにて隔週金曜に配信 
http://www.onsen.ag/maerchen-radio/

DMM GAMESによりゲーム化決定 
集英社ダッシュエックス文庫より小説刊行中(既刊2巻、書影下記) 
第3巻 2017年12月22日(金)発売 
著:松 智洋 / StoryWorks、イラスト:カントク 
集英社ジャンプSQ.にてコミカライズ連載中 
コンテ構成:中村尚儁、漫画:山縣清継

■アニメあらすじ 
原書に選ばれた「メドヘン」と呼ばれる少女たちは一流の「原書使い」になることを目指して、世界各国の魔法学園で勉強中。彼女たちの目標は、年に一度、各校の代表選手たちが互いの実力を競いあう魔法バトル大会「ヘクセンナハト」で優勝すること。優勝者には、なにか一つだけ願いが叶う魔法が与えられるという。 
ある日、メンバー不足で出場停止が危ぶまれる日本校のリーダー土御門静の前に、読書と空想が好きな女子高生、鍵村葉月が現れた。あまり友達のいない、ぼっち気味な葉月は、なぜか強力な力を持つ『シンデレラ』の原書に選ばれ、魔法学園に入学することになる・・・  
『シンデレラ』と優勝をめぐり、少女たちが一緒に特訓したり、時には温泉に入ったりなんて感じの魔法少女バトルが、いま幕を上げる!!

■アニメスタッフ 
原案&シリーズ構成:松 智洋 
原案協力:StoryWorks 
キャラクター原案:カントク 
総監督:斎藤 久  
監督:上田 繁 
キャラクターデザイン:森川侑紀 
脚本:松 智洋、アサウラ、門田祐一/金月龍之介 
色彩設計:藤麻記 
美術監督:下元智子 
撮影監督:村上優作 
編集:廣瀬清志 
音楽:rionos 
音楽制作:ランティス 
音響監督:森下広人 
音響制作:叶音 
アニメーション制作:フッズエンタテインメント  
製作:メルヘン・メドヘン製作委員会

■主題歌アーティスト 
OP   fhána 
ED   上田麗奈

■キャスト 
鍵村葉月:楠木ともり 
土御門 静:末柄里恵 
ユーミリア・カザン: Lynn 
リン・デイヴス:日高里菜 
マリヤ・ラスプーチン:大津愛理 
アガーテ・アーリア:加隈亜衣 
アーサー・ペンドラゴン:上田麗奈 
加澄有子:本渡 楓 
学園長:岡村明美 
※キャストはアニメとゲームで共通(一緒)です。

アニメ公式サイト 
http://maerchen-anime.com 

作品公式twitterアカウント 
@maerchen_anime

メルヘン・メドヘン小説公式ページ 
http://dash.shueisha.co.jp/feature/maerchenmaedchen/

(C)MMM/メルヘン・メドヘン製作委員会



PAGETOP