超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

ピコ太郎の夢を映像化!? 新感覚TVアニメ『ピコ太郎のララバイラーラバイ』プロデューサー・古坂大魔王インタビュー!

2017/6/28


2

 「PPAP」の動画などで世界中に大旋風を巻き起こしたピコ太郎がアニメ界に殴りこみ!谷口崇監督の描いたイラストからインスピレーションを受けたピコ太郎が、台本なしのアドリブで「おとぎ話」を語り上げる。プロデューサーである古坂大魔王さんに、本作について語っていただきました!

5

ーーTVアニメ制作が決まったときのお気持ちをお願いします。
 ピコ太郎の活動において、実は「アニメ化」の企画も持ち上がっていたのですが、正直どのように実現させるか分かりませんでした。谷口監督ともお話をして、子守唄で「おとぎ話(昔話)」を読み上げるのはどうか? ということになりまして。ファンの方の反響もすごく大きくてありがたかったですが、我々のほうがむしろびっくりしました(笑)。

ーーTVアニメの制作において、こだわった点は?
 ピコ太郎のようなタイプの人間はあまりいないと思いますし、ありきたりな作品にするのは嫌だと思いましたし、かつ手間ひまがかからないような手法がいいな、と(笑)。谷口監督に絵を描いてきていただいて、その場で話を乗っけるだけ、という形に落ち着きました。いっそのこと「センテンス」(思考や感情を言葉で表現する際の、完結した内容を表す最小の単位)をつぶしてしまえ、と思ったんですね。「シャトーブリアン」のような美味しいところだけ残す、みたいな。ですから『ピコ太郎のララバイラーラバイ』は別名「断捨離アニメ」です(笑)。

ーー3分アニメにした理由は?
 この忙しいご時世ですから、3分くらいならちょうどいいかな、と思いまして。1分だとテレビのザッピングをしていると見逃される可能性がありますから(笑)。

ーー作品のコンセプトはありますか?
 できれば、お子さんひとりではなく、大人の説明つきで観て欲しいです。家族の絆を大切にしたいと言いますか。小さい子では元ネタが分からないものもあると思うので、大人が「これはこういうことなのよ」と優しく教えてあげてください。そもそも、お笑いのネタというのは、万人受けするという理由もあり「おとぎ話(昔話)」から入ることが多いんです。今作に限ってはそのまま迷宮入りしてしまいそうな匂いもありますが(笑)、それもアリなのではないかと。

ーー台本なしで臨んだアフレコですが、収録に挑む際に感じたことなど教えて下さい。
 台本を作るとなるとコンプライアンスやスポンサー、子ども受けする、など余計な邪念が入ってしまうので「いっそのこと台本なしでやろう」と思いました。落語を作っていく感覚に近いですね。ピコ太郎がプレスコをした後に谷口監督が絵をつけてくださるのですが、タイミングもバッチリで、さすがだと感動しました。

ーー古坂プロデューサーは、昔からTVアニメはご覧になっていました?  
 とても大好きでした。1作には絞れませんが、特に感銘を受けたのが『新世紀エヴァンゲリオン』や『魔法少女まどか☆マギカ』等の作品ですね。作品の内容はもちろん、主題歌のインパクトで作品のことを好きになったということもありまして。ですから、何クールかあるような作品で「●月のOPテーマ」みたいな形で曲がコロコロ変わるのはあまり好きじゃないです。「このアニメの主題歌は最初のこれでしょ!」みたいな……。あくまで個人的な見解です(笑)。

ーーピコ太郎さんが今後声優さんと絡むとしたら、どんな構想が浮かびますか?
 そうですね……。個人的にも釘宮理恵さんはすごく尊敬しています。すごく幅の広い演技をされていますので、ピコ太郎と釘宮さんでお互いに何役か全然違うタイプのキャラクターを演じる形で共演していただきたいです。もっともピコ太郎は演じ分けるスキルがないので、マイクの前で右を向いたり左を向いたりして「演じ分けのまね」をするだけでしょうけど(笑)。

ーー『アニメディア』読者に向けてひと言お願いします。
 読者のみなさんはアニメだけでなく、出演している声優さんに興味を持っている方も多いと思いますので、ぜひ好きなアニメランキングに『ピコ太郎のララバイラーラバイ』、人気声優ランキングでは「ピコ太郎」に清き一票を(笑)。

ーー視聴者に向けてメッセージをお願いします。
  今まで、ピコ太郎が感覚的に合わないと感じていた方も「今回はいけるのでは?」と個人的に思っています。無駄な時間をとても無駄にできる、素敵な作品ですのでよろしくお願いします!

3

 現在、本作の制作の過程を追った制作レポートページも公開中。こちらもぜひチェックしてみよう。

◆制作レポートページ
http://avex.jp/piko-lullaby/special/detail.php?id=1001402

%e5%88%b6%e4%bd%9c%e6%97%a5%e8%aa%8c%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%88%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%9a%e8%b0%b7%e5%8f%a3%e5%b4%87%ef%bc%89

 さらに、今回のアニメ化を記念して公式Twitterフォロワー限定「ピコ太郎の踊るGIFアニメ画像」をプレゼントするキャンペーンを6月28日~7月31日までの間実施。公式アカウントをフォローしてダウンロードしてぜひゲットしよう!

◆公式Twitterフォロワー限定「ピコ太郎の踊るGIFアニメ画像」プレゼントキャンペーン
http://avex.jp/piko-lullaby/special/gifani_dl/index.php

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e7%b4%a0%e6%9d%90

<「ピコ太郎のララバイラーラバイ」情報>
ピコ太郎の新境地が今ここに
それはアニメ界の常識では考えられない、台本なしの物語。谷口監督が描き下ろした1枚のイラストからインスピレーションを得たピコ太郎が、即興で紡ぐ3分間の『おとぎ話』。「マッチ売りの少女」「赤ずきん」など、世界中で愛され続けるおとぎ話の主人公のもとに、ピコ太郎が訪れます。世界を踊らせた鬼才が、今宵はカオスな眠りをお届けする新感覚・ベッドタイムストーリー。

◆STAFF
企画・原案:古坂大魔王
監督/キャラクターデザイン:谷口 崇
音楽:古坂大魔王
アニメーション制作:DLE
製作:ピコ太郎のララバイラーラバイ製作委員会

◆CAST
ピコ太郎:ピコ太郎
その他すべて:ピコ太郎

公式サイト  
http://avex.jp/piko-lullaby/

公式Twitter 
pikoanime_PR

©ピコ太郎/ピコ太郎のララバイラーラバイ製作委員会



PAGETOP