超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』OVA3期まで全話無料配信が決定!「ここから先は第四真祖(オレ)の戦争(ケンカ)だ!」「いいえ、先輩。私たちの聖戦(ケンカ)です!」

2020/5/17


 アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』シリーズの一挙配信が決定した。5月23日と5月30日にニコニコ生放送にて配信される。

 

『ストライク・ザ・ブラッド』は三雲岳斗が「電撃文庫」にて刊行中の小説が原作。世界最強の吸血鬼・第四真祖の能力を手に入れた高校生・暁古城と、そんな彼を監視する任務を負った見習い剣巫・姫柊雪菜を中心に、さまざまな事件が展開する学園アクションファンタジーである。

 ニコニコ生放送では本作のTVアニメシリーズとOVAを一挙配信。TVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』、OVA『ストライク・ザ・ブラッドOVA 「ヴァルキュリアの王国篇」』、『ストライク・ザ・ブラッドII OVA』、『ストライク・ザ・ブラッドIII OVA』の4作品を楽しめる。

 まず5月23日13時からはTVアニメ全24話と『ストライク・ザ・ブラッドOVA 「ヴァルキュリアの王国篇」』が、5月30日16時30分からは『ストライク・ザ・ブラッドII OVA』全8話と『ストライク・ザ・ブラッドIII OVA』全10話が配信される。

 なお『ストライク・ザ・ブラッドIII OVA』が無料配信されるのは今回が初めて。OVA第4期シリーズに向けた復習としても嬉しい配信になりそうだ。

放送スケジュール
『ストライク・ザ・ブラッド』全24話『ストライク・ザ・ブラッドOVA 「ヴァルキュリアの王国篇」』一挙放送 5月23日(土)13:00開始

『ストライク・ザ・ブラッドII OVA』全8話『ストライク・ザ・ブラッドIII OVA』全10話一挙放送 5月30日(土)16:30開始

『ストライク・ザ・ブラッド』イントロダクション
世界最強の吸血鬼と剣巫の少女が織りなす物語が、今、幕を開ける――!!
“第四真祖”――それは伝説の中にしか存在しないはずの、世界最強の吸血鬼。
十二体もの眷獣(けんじゅう)を従え、災厄を撒き散らすといわれる幻の吸血鬼が、日本に出現したという。その“第四真祖”を監視と抹殺のため、政府・獅子王機関は“剣巫(けんなぎ)”と呼ばれる攻魔師の派遣を決定。しかしなぜか監視役として選ばれたのは、見習い“剣巫”の少女、姫柊雪菜だった。対真祖用の最強の霊装を携え、魔族特区“絃神市”を訪れる雪菜。そこで彼女が遭遇した“第四真祖”暁古城の正体とは――!

『ストライク・ザ・ブラッドOVA 「ヴァルキュリアの王国篇」』イントロダクション
アルディギア王国と戦王領域が相互不可侵条約期間延長の調印式を行うため、両勢力の王族たちが魔族特区絃神島へ来日。公務で多忙なアルディギア王国の王女ラ・フォリアとは会うことはないだろうと思っていた古城だが、追手から逃げるラ・フォリアと偶然にも再会する。しかし、彼女を追っていたのはなんと父親であり、 国王であるルーカス・リハヴァインだった。 事態を把握しようと努める古城であったが、そんな彼の目の前でラ・フォリアが衝撃的な告白をする――。

『ストライク・ザ・ブラッドII OVA』イントロダクション
世界最強の吸血鬼と剣巫の少女が織りなす物語が今、再び始まる!!新たな物語は、アルディギア王国を巻き込んだ事件の後、場所は“絃神島”の隣に作られた新たなリゾート施設“ブルーエリジアム”から始まる。

『ストライク・ザ・ブラッドIII OVA』イントロダクション
テロリストにより封鎖された絃神島――第四真祖の新たな戦いが始まる!!本土で聖殲派の事件を解決した古城達。絃神島へと帰還したものの、 到着するやいなや、原因不明の船舶事故や航空機トラブルが相次ぎ、絃神島は孤立状態に陥る。この異常事態の原因は、風水術による軍事術式ではないかと予測する雪菜。さらに那月には、これほどの規模の術式を操る術士に心当たりがあるという。那月の口から語られる、 魔導テロ組織“タルタロス・ラプス”。彼らが仕掛ける次なるテロの目的とは――!?

アニメ『ストライク・ザ・ブラッド』公式サイト

(C)三雲岳斗/アスキー・メディアワークス/PROJECT STB
(C)2015 三雲岳斗/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/PROJECT STB OVA
(C)2016 三雲岳斗/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT STB OVA
(C)2018 三雲岳斗/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT STB OVA

[本記事は、アニメ!アニメ!より転載しています。 https://animeanime.jp/article/2020/05/16/53683.html]



この記事のキーワード

PAGETOP