超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「もし、“個性”が持てるとしたら、どんな能力を使ってみたい?」TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』にてビッグ3を演じる新垣樽助・上村祐翔・安野希世乃のビッグ座談会!「食べる系の“個性”はいいですよね。」【インタビュー】

2019/10/9


 2019年10月12日より第4期が放送スタートするTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』。現在の雄英生のなかでトップの実力を持つ通称「ビッグ3」の通形ミリオ・天喰環・波動ねじれの3人。第3期終盤に登場した彼らは、第4期でデクたちをを支え、助け、そして共に戦ってくれる。そんな彼らを演じるキャスト3人に、作品についての魅力やキャラクターについて熱いトークをしてもらった豪華座談会が、現在発売中のアニメディア10月号に掲載中。「超!アニメディア」では、本誌記事内ではお届けしきれなかった部分も含めたロング版をお届けする。

――みなさんが演じる雄英高校ビッグ3は第3期の第62話からの登場でした。第4期では、メインとなって活躍しますが、まず本作に対する印象を教えてください。

新垣 雄英高校の少年少女たちが成長していく姿が描かれていて、すごく熱く、感情移入もしやすい物語だなと思っていました。アフレコに入ってからは、原作に負けない熱量でキャストのみなさんが作品に命を吹き込んでいたので、最初にスタジオに入った時は緊張感がありましたね。自分のアフレコ後は達成感もあり、すごく刺激を受けられる作品です。

上村 アニメが第4期まで続くほどの人気作品ですから、その作品に参加させていただけるというのがうれしかったです。アフレコでは、ヒーローたちと同じように「全力で臨むぞ」という気持ちになれるんです。作品に人を奮い立たせるようなパワーがあるんだなと感じていますし、スタッフやキャストのみなさんの熱量があってこそ、こんなすばらしい作品ができているんだなと改めて感じました。

安野 原作はアメコミっぽさもありますが、友であり同志がいて、ライバルがいて、強敵が現れて、成長するというのは「週刊少年ジャンプ」らしい、ザ・王道の少年マンガだなと感じました。それでいて、個性のぶつかり合いや切磋琢磨していくところがとてもていねいに描かれていて、この作品を手に取るであろう少年少女たちに向けてのエールが込められているなと思いました。まだ読んでない方にはぜひ読んでみてほしい作品です。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP