超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

ラティナ役・高尾奏音のコメント動画も!TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第9話あらすじ&先行カット紹介

2019/8/28


 TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第9話のあらすじ&先行カットが到着したので、ご紹介する。

〈第9話「青年、弟の結婚式と幼い少女と。」あらすじ〉
 デイルの故郷ティスロウへと到着した二人。帰省の目的でもあるデイルの弟の結婚式までの間、ティスロウで暮らすことになったラティナは、デイルの家族ともすぐに打ち解け、新鮮な毎日を送っていた。そんなラティナを可愛がるデイルの祖母ヴェンデガルドは、一族でも秘密とされている場所へとラティナを連れて行き——?


画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 また、超!アニメディア読者に向けて、ラティナを演じる声優・高尾奏音のコメント動画も到着したのでぜひチェックしてほしい。


〈『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』情報〉
TOKYO MXほかにて毎週木曜日夜11時30分より放送中
北陸放送にて毎週金曜日深夜1時55分より放送中
長崎文化放送にて毎週月曜日深夜1時55分より放送中
とちぎテレビにて毎週水曜日夜11時30分より放送中
AT-Xにて毎週金曜日夜9時より放送中
リピート放送:毎週月曜日昼1時~/毎週水曜日朝5時~
J:COMテレビにて毎週土曜日深夜1時より放送中

■配信
U-NEXT:毎週木曜日夜11時30分より放送中 地上波同時・独占配信
さらに各話配信開始から1週間はU-NEXT会員でない方でも無料で視聴可能!

■イントロダクション
若くして頭⾓を現し、その名を知られる凄腕冒険者の⻘年「デイル」。
とある依頼で深い森へと⾜を踏み⼊れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔⼈族の少⼥「ラ ティナ」と出会う。
⽚⾓を折られ罪⼈の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保 護者になることを決意したデイルだったが―― 
「ラティナが可愛すぎて、仕事に⾏きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

■スタッフ
原作:CHIROLU『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるか もしれない。』 (HJノベルス/ホビージャパン)
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクター原案:景・トリュフ
デザイン協⼒:ほた。(MFC/KADOKAWA)
キャラクターデザイン・総作画監督:⻄⽥美弥⼦、⾇舘俊秀、出⼝花穂
アニメーション制作:MAHO FILM

■キャスト
ラティナ:⾼尾奏⾳
デイル:岡本信彦
ケニス:小山剛志
リタ:沼倉愛美
クロエ:桑原由気
シルビア:高野麻里佳
ルディ:田村睦心
マルセル:広瀬ゆうき
アントニー:福原かつみ

公式サイト
uchinoko-anime.com

公式ツイッター
@uchinoko_anime

©CHIROLU・ホビージャパン/⽩⾦の妖精姫を⾒守る会



PAGETOP