超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

女子高生たちの野球にかける熱い思いを描く『球詠』、主人公で新越谷高校野球部のエース・武田詠深を演じる前田佳織里がインタビュー企画「Megami’sVoice」に登場!【インタビュー】

2020/5/9


 読者に人気のアニメ作品から、期待の声優に作品や役柄について語ってもらうインタビュー企画「Megami’sVoice」。2020年6月号には、『球詠』で武田詠深を演じる前田佳織里が登場。「超!アニメディア」では、本誌で紹介できなかった部分も含めた、ロングインタビューをお届けする。

前田佳織里

みんなを引っ張っていく明るさを前面に

――『球詠』という作品の第一印象を教えてください。

 オーディションで原作に触れたとき、自分が思っていた以上にキャラクターたちが野球を本気でやっていると感じました。それから、私のようにあまり野球に詳しくない人でもわかる野球ネタがたくさん入っていて、原作者のマウンテンプクイチ先生の野球愛が伝わってきました。

――詠深に対する印象は?

 かわいらしさを残しつつも、スポーツマンらしいしっかりとした体格をしているなと感じました。当初、明るいところは明るく、ギャグシーンでは弾けるような振り幅の大きさと、かわいらしさもある演技プランを考えていたんです。イラストを見て、もう少したくましくしたほうがいいのかなと思ったんですが、そこはまず決めたとおりにやってみようと思って、最初の演技プランでオーディションを受けさせていただきました。

――最初から、詠深は振り幅が大きそうだと感じていましたか?

 芯はぶれないけれど、喜怒哀楽がはっきりしている子というイメージでしたね。みんなが迷ったときに、その背中を見ただけで前が向ける、そんな強さもある子だなと感じていたので、それを自分のお芝居でも表現できたらと思っていました。

――詠深を演じる際に、どんなことを心がけていますか?

 高校生の青春らしさを忘れないこと。1話がややシリアスな話だったので、それに合わせて2話以降もアフレコをしたら、「もう少し明るくやってみてください」とスタッフの方から指示をいただいて。1話が一番シリアスで、そこから弾けていくのかなと思って、そのあとは全体のバランスを意識していきました。どんどん仲間が増えて、そのやりとりで彼女のいろいろな面が引き出されていくので、あまり考えすぎず、アフレコ現場で作っていった部分もあります。

武田詠深

――試合のシーンを演じるうえで心がけていることを教えてください。

 詠深の姿が描かれていないシーンでも、詠深がどこにいて、何を考えているのかは常に考えています。かなり気を張って、本当に試合中のような気持ちでいるようにしています。

――守備に回っているときは、モノローグが多くなりますよね。

 守備中のモノローグはすごく難しかったんです! 投球中にモノローグが入ることもあるんですが、動いていないときのモノローグとの声の使い分けが大変で。モノローグだということを忘れて力を入れすぎてしまって、「もうちょっと声の音量を下げてください」と言われることもあります(笑)。

――ほかに、演じていて難しかったと感じるところは?

 キャッチャーの珠ちゃん(珠姫)とのやりとりです。以心伝心なので、モノローグなのに気持ちが伝わり合っていることがあるんです。心の距離の近さを、どうやってお芝居に乗せようか考えました。珠ちゃん役の聡ちゃん(天野聡美)が一生懸命でひたむきな方なので、自然と私もそれに応じるように演じることができました。

――詠深のどんなところが魅力的だと感じていますか?

 どんなときでも楽しんで「よーし、やるぞ!」という気持ちになれちゃうところです。うまくできなかったとしても、自分で切り開いていけそうなタイプなので、そこがすごく素敵ですね。

――そんな詠深に共感できるところはありますか?

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP