超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「戦国BASARA バサラ祭2020~立春の宴~」開催。キャストによる朗読劇や即興芝居を披露!『バトパ』新武将と15周年記念ロゴ&ビジュアルも公開!【レポート】

2020/2/17


 2020年2月11日、「戦国BASARA バサラ祭2020~立春の宴~」が東京・中野サンプラザで開催された。イベントにはゲーム『戦国BASARA』の声優陣、保志総一朗、森田成一、森川智之、置鮎龍太郎、三木眞一郎、玄田哲章、石野竜三、中原茂、坪井智浩に加え、舞台「斬撃『戦国BASARA』」の俳優陣、沖野晃司、永田聖一朗、井上正大、橘龍丸、伊藤裕一、『戦国BASARA』シリーズプロデューサーの小林裕幸が登壇し、朗読劇や即興芝居を披露した。さらに『戦国BASARA バトルパーティ』に参戦する新武将をはじめ、15周年記念ロゴやビジュアルが公開。今回は、昼夜2公演行なわれたうちの昼の部をレポートする。

 はじめに、場内アナウンスでは真田幸村(保志総一朗)と天狗仮面(森川智之)が登場。公演中の注意事項も交えつつ、片倉小十郎の地・宮城県の話で盛り上げる天狗仮面に、客席からは笑いが起こる。会場が暗転するとオープニング映像が流れ、ゲーム『戦国BASARA』シリーズの声優、保志総一朗、前田慶次役の森田成一、片倉小十郎役の森川智之、豊臣秀吉役の置鮎龍太郎、後藤又兵衛役の三木眞一郎、武田信玄役の玄田哲章、長宗我部元親役の石野竜三、毛利元就役の中原茂、前田利家役の坪井智浩による朗読劇「戦国ドラマ絵巻」の前編がスタートした。『戦国BASARA バトルパーティ(以下バトパ)』のシナリオ「瀬戸内大同盟」、『戦国BASARA2 英雄外伝(HEROES)』のシナリオ「過日の友垣」のほか、オリジナルストーリーも披露。ファンがゲームをプレイしているなかで聞いてみたかったシーンの実演や、キャストによる臨場感あふれる演技に、観客は集中して聞き入っていた。

 朗読劇の前編を終え、キャストそれぞれが元気に個性あふれる挨拶をしたのち、クロストークへ。長宗我部元親と毛利元就によるシナリオ「瀬戸内大同盟」を演じた石野は2人について、「ほんとは仲良いんだろうなって最近思います」と本音をポロリ。それに対し中原が「15年の腐れ縁ですから」と付け足した。オリジナルストーリー「囚われの又兵衛」を演じた三木は、「わりと又兵衛は不自由になりがちなので、“スンッ”と受け入れてやりました(笑)」と感想を述べる。オリジナルストーリー「覇王と右目」では、森川が「おっきー(置鮎)がいい声で来るから、俺もいい声でと思って」と意識していたという。また、ドラマ絵巻を終えたあとに舞台袖では2人で慰め合っていたことも明かした。

 続いて東京2020オリンピックの開催にちなんだ「自分が演じるキャラクターがオリンピックに出場するならどの競技に参加したいか?」という話題では、置鮎が「国立競技場のトラックになりたい」と即答し、キャスト一同からツッコミが入る。中原が「毛利は回転系を得意としているので円盤投げかハンマー投げ」と答えると、ほかのキャストからも立候補が続出し、なぜかハンマー投げに人気が集中……!? そして、武田信玄はひとりで戦う競技だろうと分析した玄田が「重量挙げかな」と答えるも、周りからは「競技に参加するよりもIOCの会長」「聖火台になってもらう」などさまざまな回答が挙がる。ほかにも、「チームのマネージャーとして相手チームの弱点を探る(三木)」「刀を持ってるからキャベツの千切り(森川)」など珍解答が目立った。

 「斬劇『戦国BASARA』」スペシャルコーナーには、石田三成役の沖野晃司、徳川家康役の永田聖一朗、片倉小十郎役の井上正大、山中鹿之介役の橘龍丸、黒田官兵衛役の伊藤裕一が登場。4月から始まる舞台に向けて筋トレや稽古に励む5人だが、サブタイトル「豊臣滅亡」について沖野から「なぜタイトルから(豊臣側が)負けているのか!?」と不満がこぼれる。そして、「『戦国BASARA』の武将が現代に転生したら?」をテーマに即興芝居を披露し、最後は斬劇『戦国BASARA』のテーマ曲を全員で歌唱してコーナーを締めくくった。

 続いてバラエティーコーナー「バサリンピック」では、出演者が東軍と西軍に分かれて対決。チーム全員で手をつなぎ身体を輪にとおしていく「毛利元就の輪刀による輪くぐり競争」や、客席の後ろから大玉を転がす「黒田官兵衛の鉄球競争」に挑戦し、見事西軍に軍配が上がった。さらに対決は続き、『バトパ』の対戦コーナーへ。『バトパ』は、スマートフォン向けゲームで、お気に入りの武将6人を選んでバトルを繰り広げるというもの。両軍ともSiriやネット検索を頼りにバッチリ布陣を組んだと意気込みを見せたが、勝利は東軍が収めた。

 『戦国BASARA』最新情報の告知では、バトパに参戦する新武将・加藤清正(CV.江口拓也)と小松姫(CV.茜屋日海夏)の2人が発表され、会場からは拍手が起こった。加藤清正について小林プロデューサーは「九州の武将なので、黒田たちとの絡みはある予定」とのこと。本多忠勝の愛娘である小松姫に関しては、「『いつの間に嫁や子供がいたの?』と皆さんで妄想してください(笑)」と語った。また、2020年7月に15周年を迎える『戦国BASARA』シリーズの記念ロゴおよびビジュアルが公開され、ファンの期待もさらに高まったに違いない。

 「戦国ドラマ絵巻」後編が披露されたあとはいよいよエンディングを迎え、出演者よりファンに向けて感謝の言葉が述べられた。最後は、保志と観客による「戦国!」「BASARA!」の掛け合いで終幕。15周年を迎えさらに盛り上がっていく『戦国BASARA』、今後の展開からも目が離せない。

 

公演概要
戦国BASARA バサラ祭2020~立春の宴~
<出演者>
【ゲーム『戦国BASARA』】
保志総一朗(真田幸村役)
森田成一(前田慶次役)
森川智之(片倉小十郎役)
置鮎龍太郎(豊臣秀吉役)
三木眞一郎(後藤又兵衛役)
玄田哲章(武田信玄役)
石野竜三(長宗我部元親役)
中原 茂(毛利元就役)
坪井智浩(前田利家役)※13:00公演のみ
関 智一(石田三成役)※17:00公演のみ

【斬劇『戦国BASARA』】
沖野晃司(石田三成役)
永田聖一朗(徳川家康役)
井上正大(片倉小十郎役)
橘 龍丸(山中鹿之介役)
伊藤裕一(黒田官兵衛役)

小林裕幸(『戦国BASARA』シリーズ プロデューサー)

「戦国BASARA」シリーズ公式サイト
http://www.capcom.co.jp/game/basara/

「戦国BASARA」シリーズ公式Twitter
@BASARA_CAPCOM

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.



この記事のキーワード

PAGETOP