超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

久しぶりの歌&ダンスに寒さも会場大盛り上がり! 舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』CDリリース記念イベント開催

2017/2/24


inside2017022310-22

 2017年2月21日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージでTVアニメ『おそ松さん』の初となる舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』の劇中歌を収録したCD「おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SONG TIME~」のリリース記念イベントが開催された。

 当日は気温4度という寒さのなか、『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』に登場する6つ子のイケメンver.「F6」版のおそ松を演じた井澤勇貴さん(イベントMCも担当)、カラ松役の和田雅成さん、チョロ松役の小野健斗さん、一松役の安里勇哉さん、十四松役の和合真一さん、トド松役の中山優貴さんが登壇。CDに収録されている歌をダンスありで披露することはもちろん、CDや舞台についてのトークでつめかけたファンを楽しませていた。

inside2017022310-02

 およそ1,600人がファンが見守るなか、舞台同様、ブレザー姿で登場した6人は、まず「WAKE UP! ~SIX MEN’S SHOW TIME!!!!!!~」を熱唱。ライブ開始と同時に、客席のボルテージは一気に最高潮へ。華麗でセクシーなダンスに魅了されつつ、ファンはそれぞれ「推し松」カラーのブレイドを振りながらノリノリで観覧。気づけば会場は6色の光で埋め尽くされていた。

inside2017022310-03

inside2017022310-04

inside2017022310-05

inside2017022310-06

inside2017022310-07

 久しぶりの歌&ダンスが終わると、6人はステージの中央へ。一人一人、キャラクターらしい一言とご本人からご挨拶がスタート。和田さんからは「よう、ブス!」というカラ松の「お決まりの掛け声」がかけられ、観客は大興奮。約5か月ぶりに歌&ダンスをしたことについて、「楽しい!」と6人。それに対し、中山さんは「みんなの熱量がすごくて負けそうになるけど、負けないからね!!」と、トド松らしいかわいい発言で会場をわかせた。和合さんは「テンションマックス! みんなありがとう!!」とコメント。

inside2017022310-09

inside2017022310-10

 6人はそれぞれ「WAKE UP! ~SIX MEN’S SHOW TIME!!!!!!~」の好きなところ、好きなふりつけ、好きなフレーズなどについてトークしつつ、やはりこの寒さのなか、衣装しか着ていないため、「寒い」を連発。特に和田さんは半袖ということで「4度で半袖だよ?」。逆に小野さんはブレザーのなかにベストを着用する衣装なため、暖かく、「これは計算だからね」とチョロ松風に返答していた。

inside2017022310-11

inside2017022310-12

inside2017022310-13

inside2017022310-14

inside2017022310-15

inside2017022310-16

inside2017022310-18

 ライブの2曲目「聖なるかな匣智裡紙」(せいなるかなはこてぃっしゅ)は、劇中、箱ティッシュがなくなってしまった世界で生きる6つ子たちの切実な願いを、F6が天使となって叶える際に歌われる曲ということで、実際の舞台でも観客席をねり歩きながらティッシュを配布していたが、今回のイベントでもイントロが流れると、6人はステージを降り、二手に分かれて歌いながらティッシュを配布。

inside2017022310-19

 舞台の再現を見せ、観客は大盛り上がり。曲が終わると、「もっと真ん中の子たち(※観覧スペースの中央にいる観客)にも渡してあげたかったね」と優しさを見せつつ、和田さんは、観客がティッシュを奪い合い様子に、「ずっと思っていたけど、ティッシュをお客さんに配るのっておかしいよね(笑)。稽古中は『絶対とってくれないよ!』って言ってたのに、みんなティッシュに夢中だったよ」と明かした。

inside2017022310-20

 舞台を振り返り、役作りについて小野さんは「オレたちっていつでも完璧だからそういうの、ないんだよね(笑)」と発言し5人からいじられたり、中山さんは「役がかわいい感じなので、誰よりもかわいくなれるかをがんばりました」とコメントしたりと仲のよさを感じさせるトークを展開。レコーディングについては、安里さんは「オレがレコーディングしたときに3人の声(※レコーディングを終えていたほかメンバー)が入っている状態でやったんだけど、健斗が今までハモッていないところでハモッていて驚いた」と話した。

 またここでお知らせとして、2月21日から、本舞台に登場した挿入歌が全国のLIVE DAMでカラオケ配信がスタートすることが発表。3月14日からは『WAKE UP! ~SIX MEN’S SHOW TIME!!!!!!~』、『Forever 6ock You』、『ALL We NEET With LOVE』、『SIX FAME FACES ~舞台も最高!!!!!!ffffff!!!!』の4曲が、全国のLIVE DAM STADIUMでアニメ映像と舞台本番の映像と2画面デュエル映像で歌唱可能になるという。そんなお知らせをしつつ、じつは会場にトト子役の酒井蘭さんが来場していたことを明かし、イベント一番の歓声が。

 ラストは、F6の代表曲ともいえる「Forever 6ock You」を歌唱。イントロでは、6人と観客が一緒になって「シェー」のコール&レスポンスをしたり、「WE ARE F6!」と叫ぶフレーズでは一緒に叫んだりと、会場一体となって盛り上がっていた。井澤さんは最後に、「また『おそ松さん』のステージに帰ってこれるようにがんばりますので、応援をお願いいたします。僕の弟たちも応援してください」と長男らしく挨拶し、イベントは幕を閉じた。

inside2017022310-21

inside2017022310-23

<商品情報>
●舞台劇中歌CD『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SONG TIME~』発売中
●舞台DVD『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~』発売中

発売元:エイベックス・ピクチャーズ

『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』公式サイト
http://osomatsusan-stage.com/

(C)赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016



PAGETOP