超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

男の娘・華房心を演じるのは中学3年生! 舞台「アイ★チュウ ザ・ステージ~Stair way to Etoile~」制作発表記者会見レポート

2017/5/26


 5月25日に池袋サンシャインシティ 噴水広場にて、音楽ゲームアプリ『アイ★チュウ』を原作とした舞台「アイ★チュウ ザ・ステージ~Stair way to Etoile~」の制作発表記者会見が行われた。超! アニメディアでは舞台の概要に加えて、華房心役のキャスト発表も行われた本イベントのレポートをお届けする。

dsc_1131

▲左から華房心役・設楽銀河、湊奏多役・丸目聖人、愛童星夜役・飯山裕太、御剣晃役・小波津亜廉

 

 『アイ★チュウ』は、アイドルの卵を育成する学園「エトワール・ヴィオスクール」で、アイドルになっていく途中の男の子「アイチュウ」をプロデュースするという恋愛リズムアドベンチャーゲーム。個性豊かなキャラクターが登場することや、王道アイドルソング、テクノ、バンドサウンド、懐メロ、和系、ジャズロック、厨二病系、ポップ、ロックなど様々なジャンルの楽曲が用意されているのが魅力で、ダウンロード数も100万を突破した人気のアプリゲームだ。

 そんな『アイ★チュウ』を原作とした舞台「アイ★チュウ ザ・ステージ」は、2017年1月29日に舞浜アンフィシアターにて行われた「アイ★チュウFAN MEETING 2017 ~New Year Party~」で発表された2.5次元プロジェクト。同イベントで舞台のキャスト16名が歌と踊りを披露して以来、注目されているプロジェクトだ。今回行われた制作発表記者会見にも多くのファンが駆けつけて、その注目度の高さがうかがえた。

unnamed

 発表会がスタートするとまずはMCの田中精がステージに登場し、発表会の主旨を説明。説明の後にはプロジェクト発表時の様子がスクリーンに映し出された。その流れのままF∞F(ファイアーフェニックス)の愛童星夜役・飯山裕太、湊奏多役・丸目聖人、御剣晃役・小波津亜廉が登壇し、熱い想いが曲全体に込められたアイドルソング「I am a HERO!」を熱唱。人前で歌うのはプロジェクト発表以来ということだったが、3人の息の合ったパフォーマンスに会場から惜しみない歓声が送られていた。

dsc_0839

 ライブ後のトークでは、舞台にかける想いなどをそれぞれが吐露した。飯山は、人気作であるがゆえのプレッシャーを感じつつも決まったときは嬉しかったこと、また、丸目、小波津のふたりに会えたときは「うぉぉ!」という言葉にならない想いがこみあげてきたと回答。その話を聞いて「俺も思ったよ!」と飯山に寄りかかる丸目の姿は、まさに慣れれば人懐こい性格の奏多そのものだった。また、小波津も「この3人ならなんでも乗り越えていける」と続け、3人のトーク・雰囲気からユニットの絆を強く感じられた。

dsc_0900

 そんな3人の熱いトークの後には、「アイ★チュウ ザ・ステージ」で演出を務める田尾下哲が登場。舞台はゲームにないオリジナルストーリーで展開すること、観客参加型のコンテスト形式になっていること、舞台で披露する楽曲は各ユニット2曲ずつで、1曲は舞台用の楽曲であること、アイドル衣装に加え制服衣装も装うことなど、注目ポイントを矢継ぎ早に話した。また、さらなる注目ポイント?として、MCの田中も舞台に出演することを発表。田中は「田中さん」という役名で、コンテストのMC役になるという。なお、コンテストの詳細はまだ伏せられたが、田尾下は「みなさんのご贔屓のユニットを応援していただければそれが結果に繋がると思う」という言葉を残していた。詳細は今後の発表をお待ちいただきたい。

dsc_0911

 舞台の概要説明に続いて行われたのは、華房心役のキャスト発表。心はゲーム内で行われた総選挙で1位に輝いた人気キャラクターで、発表を待つ会場からはドキドキとワクワクが入り混じった空気が漂っていた。そんな空気のなか、心役のキャストに選ばれた設楽銀河が満を持して登場。心の楽曲「Joker Dream」を可愛く、堂々と歌い上げた。

dsc_0928

dsc_0958

 歌い終えた後の自己紹介では、設楽が何と14歳の中学3年生であることが発覚。驚きの声と歓声が、噴水広場を包み込んだ。舞台への意気込みについては、「男の娘ということでハードルは高いので、本番までにどんどん本物の心ちゃんに近づいていけたらいいなと思っています」とコメント。舞台本番では、よりキャラクターとリンクした設楽のパフォーマンスが見られることだろう。

dsc_1006

 本発表会の最後には「アイ★チュウ ザ・ステージ」のタイアップ企画についての告知が行われた。5月26日(金)から6月4日(日)まで、ゲーム中に登場するユニット「F∞F」、「Twinkle Bell」、「I♥B」、「ArS」と心のパネルがサンシャインシティのアルパ各所に設置され、9月6日(水)~10日(日)の期間にはアルパレストランとのタイアップ企画も行われるとのこと。詳細は公式サイトなどで発表される予定だ。

 別れを惜しむ声があがるなか、登壇者が一言ずつ挨拶。終始歓声が鳴りやまないまま、本発表会は幕を閉じた。

【登壇者挨拶】
田尾下哲「キャラクターたちが生で喋って、歌って、踊る姿をぜひ会場で観ていただければと思います」
設楽銀河「みんなが最高と思ってくれる心ちゃんになりたいと思います! よろしくお願いします!」
小波津亜廉「このメンバーを愛して、愛してくれているファンの皆様を愛して、そして作品を作りこめたらいいなと思います。ぜひ劇場にお越しくださいませ」
丸目聖人「熱い夏になりそうな予感がとてもします。みんなで作品を作る一瞬、一瞬の時間を大切にしてお客さまの前でしっかりと、『アイ★チュウ ザ・ステージ』をお見せできるよう精一杯頑張りますので、ぜひ劇場にお越しください」
飯山裕太「8月の暑さに負けないようなものすごく熱い舞台をメンバー全員で届けられるよう精一杯頑張りたいと思います。劇場でお待ちしております。本日はありがとうございました」

dsc_1101

<アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Etoile~情報>
演出:田尾下哲 脚本:保科由里子 音楽:早川大地
原作:恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント)
出演:飯山裕太、丸目聖人、小波津亜廉、石渡真修、大海将一郎、佐川大樹、結城伽寿也、登野城佑真、辻凌志朗、田中晃平、綾切拓也、古畑恵介、八島諒、山内圭輔、荒一陽、中島拓斗、設楽銀河 ほか ※出演者は都合により変更になる場合があります。

【大阪公演】
日程:8月25日(金)~8月27日(日) ※全4回公演
場所:サンケイホールブリーゼ

【東京公演】
日程:9月6日(水)~9月10日(日) ※全8回公演
場所:サンシャイン劇場
※公演終了後、アフタートークショーあり。

チケット料金:
S席(特典付き) 9,800円(税込)
S席 8,300円(税込)
A席(2階席中程) 6,800円(税込)
B席(2階席最後列) 4,800円(税込)
5月27日(土)より一般販売開始

公式サイト
http://www.jvcmusic.co.jp/i-chu/stage/

公式Twitter
https://twitter.com/ichu_stage

© Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© 2016 JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp. All rights reserved.



この記事のキーワード

PAGETOP