超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

『キラッとプリ☆チャン』林鼓子×久保田未夢スペシャル対談「全話お気に入りと言いたい!」【インタビュー後編】

2018/8/15


キラッとときめく自分だけのチャンネル「プリ☆チャン」をプロデュースして、人気プリ☆チャンアイドルをめざす中1女子・桃山みらいたちの奮闘ぶりが描かれているTVアニメ『キラッとプリ☆チャン』。みらいを演じている林鼓子と、そのパートナー・萌黄えもを演じている久保田未夢のインタビュー後編が公開に!登場キャラクターの話からCDの話など、たっぷりとお届けします。

 お待たせしました!TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』林鼓子×久保田未夢の対談後編が公開!
前編はこちら→https://cho-animedia.jp/special/54109/
 これまでを振り返ってのお話から、キャラソンCDについて、さらにライブイベントのお話など、色々と語っていただきました!

ふたりはほかの登場人物をどう思っている?

──みらいとえもがトッププリ☆チャンアイドルをめざすために結成した「ミラクル☆キラッツ」には、もうひとりのメンバー、青葉りんかがいますが、彼女のことをどう思っていますか?

久保田 いまだに謎が多い子ですよね~。動物のことにやたらと詳しかったり、メイクがメチャクチャうまかったり……。私がとくに気になっているのは、「コンタクトデビューをしたのか?」ということ!

──コンタクトデビュー?

久保田 15話でりんかもライブデビューをしたんですけど、そのときにメガネを外したんですよね。たしか彼女はメガネがないと何も見えないはずなので、あのときはコンタクトレンズにしたのかな……っていうことが気になっているんです(笑)。とにかく、謎な部分が多いですよね。

 りんかちゃんを演じているのはあっちゃん(厚木那奈美)なんですけど、ピッタリだなって思っています。あっちゃんと私は同じユニット(Run Girls, Run!)のメンバーなので、よく一緒にいるんですけど、彼女とりんかちゃんは最初からすごく似ているなと思っていたんです。優等生っぽいところがあって、ちょっと引っ込み思案で。りんかちゃんもあっちゃんもお嬢様だし。しかも、あっちゃんも謎に包まれている不思議な子なんです(笑)。

──では、みらいたちのライバルである「メルティックスター」の赤城あんなと緑川さらへの印象は?

久保田 えもはもう、あんなのことを敵視しすぎていますからね(笑)。まあ、すでに「ケンカするほど仲がいい」というところにまでいっている気もしますけど。とにかく、メルティックスターはキラッツよりもかなり前を歩いてくれているので、えもは燃えるんだと思うんです。目標であり、越えたい壁ですね。そして、いいライバルであり、偉大な先輩です。気になるのは……えもは基本的にあんなのことを「アンタ」としか呼んでいないこと(笑)。いつかちゃんと名前で呼ぶ日が来るんでしょうかね~。

 メルティックスターはキラッツとは全然違うタイプのユニットですよね。すごくカッコいいんです。みらいちゃんは素直に純粋に、彼女たちに憧れていると思いますね。私自身も、メルティックスターのことはすごく尊敬しているんです。あと、あんなちゃんはえもちゃんにきついことばかり言っていますけど、じつはキラッツのことを気にかけてくれているというのもいいなって思います。そして、私が気になっているのは、みらいちゃんがさらちゃんのことをすごく好きみたいということ……。

久保田 あのふたり、なんだかいい雰囲気だよね(笑)。10話でも幸せそうなデートをしていたし。

 カップルみたいでしたよね。私も個人的にさらちゃんみたいなキャラクターが大好きなので、10話はすごく幸せでした(笑)。

──もうひとり気になる存在といえば、カリスマプリ☆チャンアイドルの白鳥アンジュですよね。

久保田 じつは、私たちもまだちゃんとアンジュについては知らなくて……。彼女も謎の存在ですよね。

──ボディーガードがついていたり、動画をアップするとすぐさま1億人もの「いいね!」をもらえたり。

久保田 なんだか怖いですよね(笑)。レディー・ガガみたいな存在? 今のところ、キラッツに助言してくれるし、いいお姉さんという感じですけど……。とにかく、今後キラッツにどのようにからんでくるのか、楽しみです

 もしかしたら、アンジュさんはキラッツを自分がデビューしたときの姿と重ねて見ているのかなとも思うんです。でも確かに、こんなに雲の上の存在のような人が、キラッツにどのように関わってくるんでしょう……? ずっと「いいお姉さん」でいてほしいですけど、もしかしてライバルになるかもしれませんよね。

──では、これまで放送されたなかで、お気に入りのエピソードを選ぶとしたら?

久保田 まず、超個人的なことを言わせていただくと、私が今ほしいものの第2位は「弟」なんです。

──ちなみに1位は?

久保田 車の免許です。

──次元がまったく違う!

久保田 そうなんですよね~(笑)。とにかく、弟がほしい私としては、えもの弟・春太が登場した6話「エール、送ってみた!」がお気に入りです。まず、「えもに弟がいるやん!」ということに興奮して、しかも、ひとりっ子の私にとって憧れの姉弟ゲンカまでしちゃって(笑)。私、「ケンカしてるけど結局仲いいじゃん」っていうのに憧れているんです。えもと春太ってまさにそんな関係じゃないですか。本当にうらやましい。

 私が好きなエピソードはたくさんあるんですけど……。

久保田 そう! 本当は「全話がお気に入りです」と言いたいよね!

 そうなんです(笑)。でも、あえて挙げるとするなら……12、13話あたりが熱いかなって。これまでみらいちゃんって、引っ込み思案であるにも関わらず、結構頑張って前に進んできていたと思うんです。でも、13話「桃山みらいが、とんでみた!」では「やっぱり自信がない」と弱音をはいたんですよね。それが新鮮だったし、「やっぱりみらいちゃんにも年頃の女の子らしいこういう気持ちがあったんだな」って思えて、感動したんです。しかもこの13話では、みらいちゃんが倉庫に閉じ込められちゃうというオマケもあって(笑)。ドジなみらいちゃんらしくて、かわいかったですね。

発売間近のCDでは、あの曲をフルバージョンで聴けます

──『プリ☆チャン』は、CGで表現されるライブシーンも見どころのひとつですよね。

久保田 『プリパラ』シリーズのときからCGは本当にすごかったと思うんです。でも、『プリパラ』でCGなのはライブのシーンだけだったのに、『プリ☆チャン』ではコーデを自分で説明する場面までCGで作られていて、本当にすごいなと思いました。まさに進化ですよね。顔の表情がより繊細に表現されるCGの絵にアフレコできるのはうれしいことです。

 私はまず、みらいちゃんがCGで動いていることにすごく感動したんです。「生きてる!」と思って(笑)。久保田さんが言うように、表情が本当に豊かなんですよね。しかも、顔をじっくり見ていると、ひとりずつ違う表情をしていて、さらちゃんなんかウィンクをしてくれたりして(笑)。毎回、本当に感動しています。

──ライブシーンではキャラクターそれぞれの持ち曲が流れますね。おふたりが好きな曲はどれですか?

 私はやっぱり、みらいちゃんとえもちゃんのデュエット曲の「レディー・アクション!」が好きです。私がみらいちゃんとして初めてレコーディングした曲という意味でも、思い入れがあるんです。

久保田 私は、えもの「スキスキセンサー」ですね。「こんな単語も歌詞に入れちゃう!?」というのが、いかにもえもらしくていいんですよね。

──そんな曲たちが収録されている『プリ☆チャン』の初めてのキャラソンCD『キラッとプリ☆チャン♪ソングコレクション~1stチャンネル~』が、8月29日に発売されます。

久保田 自分がレコーディングに参加した「レディー・アクション!」と「スキスキセンサー」はもちろんフルで聴いていますけど、みらいの「ワン・ツー・スウィーツ」やメルティックスターの「Play Sound☆」はテレビで流れているサイズしか聴いたことがないので、2番以降がどんな感じなのか実は知らないんです。なので、フルサイズが収録されているこのCDが発売されるというのは、いちファンとして楽しみなんですよね。

──このCDの一番の聴きどころは、やっぱり「スキスキセンサー」?

久保田 それはもちろん(笑)。そういえば、「スキスキセンサー」をレコーディングしたとき、コールのようなものを録ることになったんですけど、そこでスタッフさんから「えも以外の声もほしいです」「神アイドルを呼べませんかね~」と言われたんです。それで、「ひとりなら無料で呼べますよ」ということで、私が『プリパラ』で演じていた北条そふぃの声を入れました(笑)。CDだとじっくり聴けますので、ぜひそふぃの声を見つけてほしいです。

──林さんはこのCDの聴きどころはどこだと思います?

 この流れだと、やっぱりみらいちゃんの曲も宣伝したくなりますね(笑)。ということで、みらいちゃんの「ワン・ツー・スウィーツ」が聴きどころだと言わせてください。私がみらいちゃんとして歌うには、この曲はキーが高かったんですが、なんとか頑張って歌いました。あと、この曲は歌詞のなかにお菓子の用語がたくさん出てくるんですけど、そんなお菓子のワードにのせながら、みらいちゃんの成長も感じられるようになっているんです。歌詞とメロディーを併せて楽しんでいただければと思います。

──さらに、9月9日には大阪・なんばhatchで、9月29日には東京・中野サンプラザで、「プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた!」というライブが開催されます。これは『プリパラ』『アイドルタイムプリパラ』『キラッとプリ☆チャン』の合同ライブなんですよね。

 そうなんです。私は去年、『プリパラ』のライブを観に行かせていただいたんですけど、その舞台に私もみらいちゃんとして加われるのがすごくうれしいですね。みらいちゃんとして、来てくださる方々を幸せにできるように、頑張りたいと思います!

久保田 『プリ☆チャン』の大きいライブはこれが初めてなんですよね。『プリパラ』や『アイドルタイムプリパラ』は好きだけど、『プリ☆チャン』はまだ観たことがないという方もきっといらっしゃると思うので、そういう方々に『プリ☆チャン』の魅力をお伝えできるよう、頑張りたいですね。

──久保田さんは『プリパラ』のチームとしても『プリ☆チャン』のチームとしても参加するということですよね?

久保田 そうなりますよね。かなりバタバタとしそうですが……きっとえもいライブになると思うので、楽しみにしていてください!

──では最後に、読者の方々にメッセージを!

 『キラッとプリ☆チャン』は、観ている人たちに元気も勇気も夢も与えられるような作品だと思います。放送はまだ2クール目。まだ観たことがないという方も全然追いつけますので、毎週日曜日の朝は、『キラッとプリ☆チャン』にチャンネルを合わせてください!

久保田 キャラクターたちが悩みや葛藤を乗り越えていく姿は、誰もが応援したくなると思います。ぜひぜひ、みらいやえもやりんかメルティックスターの成長を見守ってください! よろしくお願いします!

(取材・文/石河新)
 
 トップイラストの完全版は、発売中の『アニメディア9月号』に掲載中。みらいの隣でジュースを飲んでいるのは、もちろん水着姿のえも。髪型もいつもとちょっぴり違って“えも~い”! 林さんと久保田さんの、本誌でしか読めない対談パートでは、「『プリ☆チャン』で一番のパリピは誰?」という話題も。是非チェックしてほしい。

◆プロフィール
林鼓子【はやし・ここ】5月15日生まれ。静岡県出身。81プロデュース、エイベックス・ピクチャーズ所属。
久保田未夢【くぼた・みゆ】1月31日生まれ。埼玉県出身。81プロデュース、エイベックス・ピクチャーズ所属。

 

〈TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』情報〉
テレビ東京6局ネットにて毎週(日)朝10時~放送
BSジャパンにて毎週(火)午後5時29分~放送

■スタッフ
原作:タカラトミーアーツ/シンソフィア
監督:博史池畠
助監督:川瀬まさお
チーフディレクター:Park Chi Man
シリーズ構成:兵頭一歩
キャラクター原案:梨本裕美・内藤晶子(シンソフィア)
キャラクターデザイン:満田一
CGディレクター:乙部善弘
音楽:加藤達也
音響監督:長崎行男
アニメ―ション共同制作:タツノコプロ DONGWOO A&E

■キャスト
桃山みらい:林 鼓子
萌黄えも:久保田未夢
青葉りんか:厚木那奈美
赤城あんな:芹澤 優
緑川さら:若井友希

TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/prichan/

© T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PCH製作委員会



PAGETOP