超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

子供たちの笑顔に救われた! 「プリキュア感謝祭上映会Vol.5」で「プリキュア」を振り返る

2018/11/16


 「プリキュア」シリーズ15周年記念イベント「プリキュア感謝祭上映会Vol.5」が2018年11月3日(土)に新宿バルト9にて行われた。登壇者は『魔法つかいプリキュア!』より高橋李依(朝日奈みらい/キュアミラクル役)、三塚雅人監督、内藤圭祐プロデューサー、『キラキラ☆プリキュアアラモード』より美山加恋(宇佐美いちか/キュアホイップ役)、暮田公平監督、貝澤幸男監督、神木優プロデューサー、『HUGっと!プリキュア』より引坂理絵(野乃はな/キュアエール役)、座古明史監督の総勢9名。

プリキュア

 9人そろってのトークショーでは、まず、キャスト3名が15周年を迎えての想いについてコメント。高橋は自身が関わったのが13年目のときで自覚はなかったものの、小さいころに観ていた『ふたりはプリキュア』のキュアブラックとキュアホワイトが映画に登場したことで、15周年の積み重ねを感じたと振りかえる。続く美山も当時6歳で観ていたことを振り返りながら、「初代のお二人も15年続くとは思わなかったとおっしゃられていた。色々なプリキュアがバトンを繋げて頑張ってきて、こんなにひとが集まるくらい大きな存在になったんだと思った」と思いの丈を言葉にした。またTVアニメや映画で歴代のプリキュアと共演する機会が多かった『HUGっと!プリキュア』チームの引坂はそれぞれの世代ごとにカラーがあることを改めて痛感したと、シリーズ毎の良さがあることについて触れた。

 続く作品制作当時の思い出について、三塚監督は「魔法」というタイトルは鷲尾天氏からいただいたものだったというエピソードを披露。また、いざ始まったらとにかく生きてやり遂げるという気持ちでいたが、無事に終えられたのはスタッフさんやキャストさんが支えてくださったおかげだと感謝を言葉にした。暮田監督と貝澤監督は入社当時から一緒に仕事をしていた仲で、ふたりで一人という風にやってきたとそれぞれがコメント。さらに、15年の重みを感じつつもこれだけの人が集まるパワーも感じていると続けた。座古監督は演出デビューがプリキュアで大変だったことに触れつつも「おもちゃ売り場や映画館で子供たちの笑顔を見るとこの仕事やっていてよかったなと思う」と、やりがいについてコメントした。

 内藤プロデューサーも座古監督と同じく、「密度の濃い日々だった。社内からの重圧やしんどいときもあったが子供たちの笑顔に救われるときもあった。本当にいいものです」と子供たちの笑顔が救いになったことについて語る。対する神木プロデューサーは「絵作りを含めてきれいごとだけじゃない」と制作するうえでの厳しさについて言葉にしつつも「自分が担当した作品は家族でもある。自分自身に近いところに感じている」と、愛溢れる言葉を残した。

 15年のうちにさまざまな「プリキュア」たちの物語が紡がれてきたが、そのどれも「同じ」ではない。「プリキュア」たちにもスタッフにもキャストにも、そして観ている人たちにもそれぞれの想いと愛がある。「感謝祭」はそれを感じられるイベントであった。

〈『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』情報〉
10月27日(土)より公開中 

◆声の出演
引坂理絵 本泉莉奈 小倉 唯 田村奈央 田村ゆかり 多田このみ 野田順子 本名陽子 ゆかな
田中理恵 
樹元オリエ 榎本温子 
三瓶由布子 竹内順子 伊瀬茉莉也 永野 愛 前田 愛 仙台エリ 
沖 佳苗 喜多村英梨 中川亜紀子 小松由佳 
水樹奈々 水沢史絵 桑島法子 久川 綾 
小清水亜美 折笠富美子 豊口めぐみ 大久保瑠美 
福圓美里 田野アサミ 金元寿子 井上麻里奈 西村ちなみ
生天目仁美 寿 美菜子 渕上 舞 宮本佳那子 釘宮理恵
中島 愛 潘 めぐみ 北川里奈 戸松 遥
嶋村 侑 浅野真澄 山村 響 沢城みゆき
高橋李依 堀江由衣 早見沙織
美山加恋 福原 遥 村中 知 藤田 咲 森 なな子 水瀬いのり 
関 智一 矢島晶子

ゲスト声優 山本美月 宮野真守

『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』公式サイト
http://www.precure-movie.com/

「プリキュア感謝祭上映会Vol.5」レポート
『魔法つかいプリキュア!』トークで感極まった話 – 「みらいはこの時間が永遠じゃないって気づき始めている」
https://cho-animedia.jp/precure/66351/

©2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会



PAGETOP